FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTAと学校の関係

しばらくブログのトップに掲示することにした。
初リリースは2018年01月17日(Wed)
*********************************************************************
「PTAと学校とは別々の組織です」といった感じの言い回しが散見されるようになった。
しかし「別々」というのはにわかには信じがたい。
時間がたっても信じがたい。
両者は、つまり、PTAと学校とは「だらしない関係にあります」といった感じの言い回しのほうが信頼に値する。
「つかずはなれずのいかがわしい関係にあります」も信頼に値する。
だらしなさやいかがわしさを重んじる人たちがPTAにも学校にも多いからだ 。
きちんとすることをいさぎよしとしない人たちだ。
とはいえ、そういう人たちは「PTAのだらしなさいかがわしさ」と「学校のだらしなさいかがわしさ」を指摘して批難して「なんとかしなさい」「なんとかしましょう」と言う人たちの中にも少なくない。
・きちんとしたくない
・はっきりさせたくない
・うやむやのままでほったらかしにしておきたい
そのような「文化っぽい態度」と呼べるものが、PTAと学校のだらしなくいかがわしい関係にはあるし、だらしなくいかがわしい関係をよしとする側にもあるし、だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰り改めようとする側にもある。
そこがおもしろいのだ、私には。
ゆえにおもしろく観察している。
観察しながら「だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰りつづける人たち」を応援したく思う。
「だらしなくいかがわしい関係を改めようとする人たち」に対しては今のところ是々非々でいたい。
あ、是々非々というのも「文化っぽい態度」と呼べるものなのかもしれない。
「科学っぽい態度」と呼ぶほうがいいような気もするけれど。

私には「文句を言わないで代案を出しなさい」と言う人間をひとまず蔑む癖がある。
恋の道ではありえない言葉だから。
「アンタが嫌い!」と言われて「じゃあ誰が好きなの?」と言い返す人間は恋の道から外れている。
ゆえに代案主義者を蔑む、ひとまず。
異を唱え非を鳴らし詰る、それで必要十分だと思う。
文句を言うだけで必要十分だと思う。
cf.――↓
大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。
*********************************************************************

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

大垣市教育委員会事務局≒冷涼真珠 ?!

cf.――冷涼真珠

誰から聞いたというのだろう?
大垣市教育委員会ってまじクールクールパールなんじゃないだろうか?
義務教育修了者が書いた文章ではない。
昔で言うなら「文盲」が書いた文章だ。
大垣市教育委員会って「青墓小学校」を「アホバカショーガッコー」と呼んでいるのではないか?
下記の着色太字部分は「虚偽疑惑ウルトラ濃厚!」と私が判断したゆえ着色し太字化した。
**********************************
メールでお問い合わせいただいた件について

■・・・■ 様

メールでお問い合わせいただいた件について、回答いたします。
青墓小学校の登校班については、町内毎のPTAや育成会が組織し、運営していると聞いています。
また、青墓小学校■■■■の集団登校班の運営については、これまでは育成会役員が中心となって登校班編制をしてきたが、今回、規約に従って登校班の運営について加筆・明文化し、規約に則って総会で承認されたと聞いています。
学校においては、集団での登校を強制しているものではありませんので、地域の育成会の方と十分に相談いただきますよう、お願いします。
登下校時の安全に関する指導については、学校でも十分行うよう、伝えてまいります。

大垣市教育委員会
**********************************
see⇒

つづきを表示

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(48)

完好リポート。
HighGoブログのエントリから。
*****************************************************
西濃教育事務所の教育支援課(地域連携)に電話して大垣市教育委員会学校教育課の実態を訴えた。
県教育委員会は大垣市教育委員会を指 導する立場にないから仕方がないが、聞いてもらうことにした。
その後、大垣市教育委員会庶務課に教育委員会会議録について問い合せをした。
教育委員会の会議では、公式には青墓小学校の問題を一度も話し合って いないことがわかったので、会議録の公開を求めることはやめることにした。
(委員の発言は、ホームページ に記載されていることがすべてということである。)
次に、学校教育課に抗議の電話を入れた。
「当事者さん」氏の問い合わせやメールに学校教育課が回答し ないこと、青墓小学校の問題についての責任について追求した。
小木曽指導主事が応対した。
メールに回答し ない理由は、
「既に2年前に本人(『当事者さん』氏)に回答しているから、青墓小学校の問題については回答しない ことに(課で)決めている。」
とのことであった。
私は何のことか意味かわからなかったので、回答しないのは不誠実である、回答できない理由を質問者にメール送信することが筋であるという主旨のことを言って追求した。
また学校教育課に対しては、
「文教協会の存在は大垣市の教育にマイナスである。」
とか言いたいことを言わせてもらった。
肝心の学校とPTAとの関係について、具体的なことはわからないが小木曽指導主事は、
「県教委と相談しながら対応している。」
とのことだった。
また、現実的な問題としてPTAが贈る卒業式の記念品と学校行事である卒業式について、 小木曽指導主事から
「青墓小学校の卒業式で、PTAの記念品を非会員に渡さないようなことは起こらない。」
との発言もあった。
何か対策を考えているのだろうか?
*****************************************************
see⇒

PageTop

科学と科学を超えるもの

PageTop

左右どちらから読んでもフールプルーフ

*******************************************
利用者が操作や取り扱い方を誤っても危険が生じない、
あるいは、そもそも誤った操作や危険な使い方ができない
ような構造や仕掛けを設計段階で組み込むこと。
また、そのような仕組みや構造。
*******************************************
see⇒

・・・ぷ~た(和風PTA)は文部省(今の文部科学省)が設計段階でしくじったのではないか。

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェントbest4

本日のネット傾向。
(10)
(20)
(34)
(43)

PageTop

ぷ~た川柳ランダム選(03)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(007)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(006)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(005)

PageTop

十連休

PageTop

閃き検索(1289)

大垣市が 交付する補助金等からの暴力団排除に関する措置要綱

ならば大垣市ぷ~た連と大垣市子ども会育成会連絡協議会を排除しろよ。
その2つを補助金等交付団体から排除する措置を今すぐ取れよ。

PageTop

ぷ~た資料2018-043:補助金交付申請書記入例

PageTop

秩序と規範

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(47)

大垣市ぷ~た連の連絡先は大垣市教育委員会の事務局らしい。
市教委事務局の「社会教育スポーツ課内」らしい。
see⇒
今年の8月に閃き検索(1232)で示唆したが、私は、大垣市教委事務局の社会教育スポーツ課の中山参事に期待している。中山参事が、今一度、人権意識を掻き立ててくれることを期待している。
中山参事は、かつて青墓小学校の教務主任だった(参照)。
その後、谷汲小学校の教頭だった。
教頭時の彼の手紙が読める。
***********************************************
人権について、また深く、考えることができました。
特に女性をはじめ、私たちが気にとめないことに、まだまだ差別意識が存在することは大きな課題だと感じました。
また人権は、獲得されたもので、生まれながらに持っているものではないことも、印象に残りました。
***********************************************

中山参事は大垣市ぷ~た連に人権意識を獲得するチャンスを与えるべきだ。
人権意識を獲得していない大垣市ぷ~た連に補助金等を交付してはならない。
大垣市ぷ~た連の連絡先が市教委の「社会教育スポーツ課」であるだけでもゲスなのに、人権意識を獲得していない大垣市ぷ~た連に補助金等を交付するなどもってのほか、ゲスの極みだ。
また、中山参事は青墓小学校ぷ~たにも人権意識を獲得するチャンスを与えるべきだ。
それと、リンチ加害者である育成会とかにも人権意識を獲得するチャンスを与えるべきだ。

私は中山参事に期待している。
「中山参事、がんばれ。アンタならできる。アンタにしかできない」
そう激励したい。

cf.01――大垣市制百周年記念イヴェント(19)
cf.02――
cf.03――web検索with【大垣市補助金等交付規則

PageTop

musical prostitute

フレディの至言☛☛☛

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(004)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(003)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(002)

PageTop

植民地状態


cf.――

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(46)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(001)

PageTop

日本PTA事案(24)

用語「バッシング」問題☛☛☛

PageTop

均質性と排他性による支配

『深尾って実に面白い!』と思う。

*********************************************************
均質な空間では、「異なるもの」は敏感に排除される傾向がある。
話題に乗れなかったり関心がないことを示すと、たちまち空気が凍りつく。
タガメ女は夫や子供だけでなく、周囲にいる自分と同様の存在にもタガをはめ、その均質性と排他性で支配しようとする。
まさに「タガメの共食い」状態である。
*********************************************************
see⇒タガメの共食いが作り出す「ママ友社会の闇」

cf.――タガメとカエルの男女関係学

PageTop

PPR

ペーテル・パウル・ルーベンス。
上野かロンドンに行きたくなる。
上野☛☛☛☆">
ロンドン☛☛☛☆">

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェントbest4

本日のネット傾向。

(17)
(34)
(44)
(45)

・・・(17)と(45)って微妙に重なるんだよね。
あそこの市教委の事務職員って別の民間組織の職員を兼ねているから。
cf.――大垣市文教協会七不思議―その5―

PageTop

朝長の墓

今月28日は金曜日。
******************************************************
原田市長の散歩道「源朝長のお墓」
三川地区・友永にある積雲院と岐阜県大垣市にある円興寺には、鎌倉幕府を開いた源頼朝の兄・源朝長のお墓があり、その縁で三川小学校と大垣市立青墓小学校の交流が平成5年から続いている。
昨年11月、かねてから見学したいと思っていた青墓小学校で開催された両校の交流会に、小川大垣市長ともども出席した。
青墓小の6年生が、同校の下級生や訪れた三川小の6年生と関係者を前に、音楽劇「朝長と青墓の夜」を披露してくれたが、親子の情とそれを囲む村人たちとの心遣いを実に見事に演じており、目が潤む思いで観賞した。
「平治の乱」で平清盛との戦いに敗れた朝長は、父・源義朝や一族郎党とともに雪の関ケ原を越えて青墓村へたどり着く。
しかし、途中で足に矢傷を負った朝長は、一族の足手まといになることを案じて、父に自害の介錯を頼む。
それを知った村人たちは、16歳という若さで命を絶とうとする朝長を哀れみ、かくまって生かそうとするが、義朝は我が子の生存が村に災いをもたらすことを心配し、村人が寝静まった夜中に朝長の自害の介錯をする。
その後、朝長の首と体は青墓に葬られたが、追手にあばかれて京都の四条河原にさらされてしまう。
これを知った朝長の守役・大谷忠太は朝長の首を奪い返すと、自分の生まれた三川の友永まで逃げ延びて、この地に葬ったとされている。
以来、積雲院と円興寺では、命日である12月28日に16の鐘がつかれている。
秋には三川小の児童が青墓小を、5月には青墓小の児童が三川小をそれぞれ訪問する交流が20年以上も続いていることは、学校関係者や地区連合会をはじめとする皆さんの地域の歴史を大切にする心あってのことと思う。
この4月から、すべての小・中学校で「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)」が導入される。
袋井市内の小・中学校にはそれぞれの歴史や伝統があり、それらは校訓・校歌・学校の目標などに表れることが多いが、今回の例のように行事として受け継がれていることもある。
各校によって地域の特性があるので、メンバー構成や活動内容が異なってくるものと思うが、是非、それぞれの歴史や風習をうまく生かしていただき、活発な活動に結びつけていただきたいと思う。
******************************************************
cf.――袋井市役所サイト

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(45)

市教委事務局担当部署諸姉諸兄ほか宛まるおメセジ8tweets on20181203Mo夕暮れ時。
*************************************************************
2018年12月03日(月)8 tweets
@XCTvf3BMtHyAC9R

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 育成会の暴走を「手続きに則ったもの」と認めてしまったO指導主事は担当外になってしまったのですか? 登校班の編成は育成会ではなくPTAの仕事なので、育成会が規約を変更して云々というのは全く筋違いと言う以外ないです。それに教委としてお墨付きを与えてしまった責任は大変に重いと思うのですが。
posted at 16:53:11

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 登校班から特定のお子さんを<育成会の規約により>排除するのは、当該小の登校班システムに照らしあり得ないことです。なぜならば、当該小において登校班を編成するのはPTAの仕事と書面の上でも明確に規定されているからです。だから、学校・教委は筋違いなことを行っている育成会を説得すべきです。
posted at 17:01:53

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 当該小のシステムとして筋違いであることをまずしっかりと理解してもらう。
さらには、集団登下校は学校が関わる施策として文科省により明確に位置づけられていることも理解してもらう。
その努力はしてきましたか? まずは、そこまでやりませんか? いや、そんなことはもうやっているのでしょうか?
posted at 17:09:49

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 「そこを何とかお願いしますよ…」という情に訴える「お願い」ではなく、筋を通してほしいです。
「これこれこういう筋道があるので、それに照らして学校・教委としては登校班からの特定の児童の児童の排除は認められない」と、立場を明らかにして下さい。すでになさっているかもしれませんが。
posted at 17:14:13

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 公教育を運営する学校・教委が、そういうような筋をきちんと通してくれないならば、保護者は安心して子どもを学校に通わせられなくなりますよ! 当該教委担当者は、解決さんは何度でも地域の人たちと話し合うべきだと言いましたが、何度でも話し合うべきは、学校・教委と地域の人たちではないですか?
posted at 17:17:43

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 当該小の校長先生は、これまで何度か(も)地域の人と話をされているようです。
しかし、残念ながら事態(名簿からの追放)は動いていません。
これまで、教委は表に出て動いていないようです。
そろそろ、校長先生に任せるだけではなく教委が前面に出る時期ではないのでしょうか。
posted at 17:22:40

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 口はばったい物言いをお許しいただきたいですが、青墓小登校班追放問題は、公教育が「通すべき筋を通して子どもを守れるか否か」が問われていると思うのです。
posted at 17:30:16

まるお(加藤薫)@XCTvf3BMtHyAC9R
@Ye5k2PEVic7TaRK 青墓小において班編制(のサポート)はPTAの仕事になっているので、PTAの会議での審議事項になるはずです。登校班編制は、PTAマターであり、学校マターです。他人事ではないですよ。
>PTA会長、校長
posted at 18:27:28
*************************************************************
see⇒

PageTop

sentimental jamboree

PageTop

どこでもとんでゆくよ

PageTop