FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTAと学校の関係

しばらくブログのトップに掲示することにした。
初リリースは2018年01月17日(Wed)
*********************************************************************
「PTAと学校とは別々の組織です」といった感じの言い回しが散見されるようになった。
しかし「別々」というのはにわかには信じがたい。
時間がたっても信じがたい。
両者は、つまり、PTAと学校とは「だらしない関係にあります」といった感じの言い回しのほうが信頼に値する。
「つかずはなれずのいかがわしい関係にあります」も信頼に値する。
だらしなさやいかがわしさを重んじる人たちがPTAにも学校にも多いからだ 。
きちんとすることをいさぎよしとしない人たちだ。
とはいえ、そういう人たちは「PTAのだらしなさいかがわしさ」と「学校のだらしなさいかがわしさ」を指摘して批難して「なんとかしなさい」「なんとかしましょう」と言う人たちの中にも少なくない。
・きちんとしたくない
・はっきりさせたくない
・うやむやのままでほったらかしにしておきたい
そのような「文化っぽい態度」と呼べるものが、PTAと学校のだらしなくいかがわしい関係にはあるし、だらしなくいかがわしい関係をよしとする側にもあるし、だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰り改めようとする側にもある。
そこがおもしろいのだ、私には。
ゆえにおもしろく観察している。
観察しながら「だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰りつづける人たち」を応援したく思う。
「だらしなくいかがわしい関係を改めようとする人たち」に対しては今のところ是々非々でいたい。
あ、是々非々というのも「文化っぽい態度」と呼べるものなのかもしれない。
「科学っぽい態度」と呼ぶほうがいいような気もするけれど。

私には「文句を言わないで代案を出しなさい」と言う人間をひとまず蔑む癖がある。
恋の道ではありえない言葉だから。
「アンタが嫌い!」と言われて「じゃあ誰が好きなの?」と言い返す人間は恋の道から外れている。
ゆえに代案主義者を蔑む、ひとまず。
異を唱え非を鳴らし詰る、それで必要十分だと思う。
文句を言うだけで必要十分だと思う。
cf.――↓
大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。
*********************************************************************

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

ぷ~た資料2018-029:母親役割の呪縛

<月刊社会教育>2018年6月号所収の論文、
≪家庭教育支援法案から改憲へ向かう論理≫(by平川景子)
――が好い。
以下、論文の目次。
*************************************************
一 家庭教育支援法案と家庭教育への批判の論点……p.18上段ーp.21下段
(1)家庭教育支援法案をめぐって(2016~17年)
                   …p.18上段-p.19下段
(2)教育基本法「改正」時(2000年代初頭)
                   …p.19下段-p.20上段
(3)文部省分課規定による「家庭教育」設置と施策の拡大(1961~2000年頃)
                   …p.20上段ー下段
(4)教育刷新委員会から教育基本法制定(1946~47年)
                   …p.20下段ーp.21下段
二 地域における母親役割の呪縛―家庭教育とPTA―……p.21下段ーp.23上段
註記……p.23下段
*************************************************

PageTop

えぇっ?! 人権文化あふれる学校だったの?!

2016(平成28)年3月23日発行<青小だより:3月春休み号>掲載「表彰状」の文字データ。
****************************************
表彰状

「ひびきあいの日」特別表彰
人権文化あふれる学校賞
 大垣市立青墓小学校

みなさんの学校は正しく行動する力を身に付け
自分の大切さとともに
他の人の大切さを認めることができる学校を築こうと努力してきました
これまで優れた取組を続けてきたことをたたえ人権文化あふれる学校賞をおくります

 平成二十八年二月三日
   岐阜県人権教育協議会
****************************************
see⇒PDFファイル「人権文化あふれる学校賞」受賞

この<青小だより>の発行責任者は当時の学校長つまり工藤仁士さんだろうね。
やるなぁ、工藤さん。
ちなみに工藤校長2年めの年度始めは、こんな感じ↓(着色太字化byFJN)。

つづきを表示

PageTop

ぷ~た資料2018-028:同志社大学の太田肇研究室

PageTop

来賓席

知人に誘われて式典に参加した。
受付の前で知人と待ち合わせた。
来賓受付に案内された。
何と、知人は偉い人だったのだ。
だから、知人の知人である私も来賓席に座った。
知人は偉い、私は偉くない。
それなのに私まで関係者から丁重な扱いを受けた。
恐縮した。
『こういうのってもうこりごりだゼ』と思った。
とはいえ、ほぼ1年半ぶりに知人と歓談できて楽しかった。
あ、待てよ…
『偉い人と歓談しているからにはあの人も偉い人なんだろう』と関係者から思われたのかもしれない。

PageTop

「ちょっといい話」と人権啓発グッズ

大垣市の人権擁護推進室で「ちょっといい話」を募集している。
冊子「人権Letter」などで紹介するらしい。
おそらく投稿者の全員に「人権啓発グッズ」が人権擁護推進室から送られてくる。
cf.――

「ものすごくひどい話」を投稿するにはどうすればいいか。
「ちょっといい話」にアレンジすればいい。
たとえばこんなふうなアレンジから考えはじめる。
「ものすごくひどい人権侵害があり、その人権侵害は今も続いています。
それはこれこれこういう人権侵害なのです(と詳細に経緯を書く)。
この人権侵害が私の投稿によって解決されるなら
『ちょっといい話』になると思います。
解決したことが<人権Letter>などで紹介されたなら
『人権擁護室が普通に仕事しているみたいで普通にいい話』になると思います」

考えた結果投稿文が出来たら投稿して「人権啓発グッズ」を送ってもらおうっと。

PageTop

地名「青墓」考

PageTop

閃き検索(1219)

PageTop

閃き検索(1218)

PageTop

青墓小学校の教職員人事異動ストーリー(その1)

●2013(平成25)年度●

「平成25年4月15日」付で<青小だより>4月号(これをAとする)が発行された。
どの範囲に配布されたのか私は知らない。
私が知っているのは『Aを私は持っている』という事実だけだ。
この事実に基づいて私はAを見てみた。

【<転入職員> よろしくお願いいたします】という見出しで罫線囲みの記事がある。
冒頭2行にこう書かれている。
*****************************************
校 長  米山   正  大垣市立江東小学校より
教 頭  大橋 敬子  垂井町立北中学校より
*****************************************

【<退職・転出職員> ありがとうございました】という見出しで罫線囲みの記事もある。
冒頭2行はこうだ。
*************************
校 長  大野上喜雄  退職
教 頭  掛川眞理子  退職
*************************

「ぉおおっ」と私と一緒にAを見ていた中学生が叫んだ。
そして「校長先生も教頭先生も同時に交代したっちゅーことだよね」と言った。
私は「うむ、そうだ。公立小学校の管理職系教員のナンバー1とナンバー2が同時に交代したっちゅーことだ」と答えた。
中学生が「校長、教頭の次のナンバー3って誰なの?」と尋ねてきた。
「教務主任だよ」と私は教えてやり、2013(平成25)年度の教務主任と2012(平成24)年度の教務主任が同じ氏名「中山健一郎」であることを確認した。
どうやって確認したかというと「平成24年4月9日」付で発行された<青小だより>4月号に載っている≪24年度職員の紹介≫とAに載っている≪25年度職員の紹介≫を照合して確認した。

PageTop

青墓小学校の教職員人事異動ストーリー(その2)

●2015(平成27)年度●

「平成27年4月9日」付で発行された<青小だより>には「大垣市立青墓小学校 学校だより4月号」と副題らしきものがついている。この号をBとしよう。
どの範囲にBが配布されたのか私は知らない。
私が知っているのは『Bを私は持っている』という事実だけだ。
この事実に基づいて私はBを見てみた。

【≪27年度職員の紹介≫ 組織一枚岩で頑張ります。よろしくお願いします。】という見出しの一覧表の冒頭1行はこんな感じだ。
*****************************************************
校長:工藤 仁士  教頭:小竹 康一  教務主任:兒玉 寿子  
*****************************************************

【<転出職員>】という見出しで罫線囲みの記事があり、冒頭2行にこう書かれている。
*****************
米山   正  退職
大橋 敬子  退職
*****************

「あれれれれっ?」と私と一緒にBを見ていた中学生が素っ頓狂な声を出した。
そして「この退職した2人って2013年度の4月に転入してきた校長先生と教頭先生だよね。これって、またもや校長先生と教頭先生が同時に交代したっちゅーことだよね」と言った。
私は「うむ、そうだ。またしても、公立小学校の管理職系教員のナンバー1とナンバー2が同時に交代したっちゅーことだ」と答えた。
中学生が「ナンバー3の教務主任は交代しないってのも前回と同じなの?」と尋ねてきた。
「たぶんね」と私はひとまず答え、2014(平成26)年度の教務主任の氏名が「兒玉寿子」であることを確認してから「うむ、やはり教務主任は交代していない」と教えてやった。
どうやって確認したかというと「平成26年4月14日」付で発行された<青小だより>4月号に載っている≪26年度職員の紹介≫を見て確認した。

ちなみにBの【<転入職員>】という見出しで罫線囲みの記事の冒頭2行はこうだ。
**************************************
工藤 仁士  瑞浪市教育委員会より
小竹 康一  恵那市立大井第二小学校より
**************************************

PageTop

青墓小学校の教職員人事異動ストーリー(その3)

●2017(平成29)年度●

「平成29年4月10日」付で発行された<青小だより>にも「大垣市立青墓小学校 学校だより4月号」と副題らしきものがついている。この号をCとしよう。
どの範囲にCが配布されたのか私は知らない。
私が知っているのは『Cを私は持っている』という事実だけだ。
この事実に基づいて私はCを見てみた。

≪29年度職員「チーム青墓」の紹介≫という見出しの一覧表の冒頭1行はこんな感じだ。
***************************************************
校長:桑原 浩美  教頭:橘 洋子  (記載ナシ):冨田 泰弘
***************************************************

【<転出職員>お世話になりました】という見出しで罫線囲みの記事を見つけた。
冒頭2行にこう書かれている。
********************************
工藤 仁士  瑞穂市教育委員会へ
小竹 康一  垂井町立合原小学校へ
********************************

「この転出した2人って2015年度の4月に転入してきた校長先生と教頭先生だよね。またまた、2年やった校長先生と2年やった教頭先生が、同時に交代したっちゅーわけだね」と、私と一緒にCを見ていた中学生が冷静な声で言い、「もう慣れちゃったよ、この2人そろって2年でサヨナラ作戦みたいなのって」とつぶやいた。
私は「うむ、そうだ。1年おきに3回連続で、公立小学校の管理職系教員のナンバー1とナンバー2が同時に交代したっちゅーことだ」と答えた。
中学生が「この年度、ナンバー3の教務主任は交代しないってのも前例と同じ?」と尋ねてきた。
「おなじかどうかわからない。そもそも教務主任の氏名がわからない」と私は答えた。そして「冨田泰弘という氏名は2016(平成28)年度の<転入職員>という記事に載っている。≪28年度職員の紹介≫という一覧表には兒玉寿子という氏名も載っている。ほら」と言って「平成28年4月8日」付で発行された<青小だより>(大垣市立青墓小学校学校だより4月号)を中学生に見せた。
「なぁるほど。2016年度の職員紹介には『校長』とか『教頭』とか『教務主任』とか書いていないんだね。氏名だけなんだね」
そう言った中学生に私は「そうなんだ」とうなずいた。

ちなみにCの【<転入職員>よろしくお願いします】という見出しで罫線囲みの記事の冒頭2行はこうだ。
**********************************
桑原 浩美  大垣市立中川小学校より
橘   洋子  神戸町立神戸小学校より
**********************************

PageTop

青墓小学校の教職員人事異動ストーリー(その4)

●2019(平成31)年度●

来年の話だ。
年度始めに校長と教頭が同時に交代するかもしれない。
交代すれば、少なくとも2013年度からの、
校長と教頭2人そろって2年でサヨナラ作戦
――が4回つづくことになる。

PageTop

never will forget you

アムラーの私はStMを聴きながら↓を読んだ。
***************************************************************
2018.08.09
お悔やみ申し上げます
翁長知事の突然の訃報に大変驚いております。
ご病気の事はニュースで拝見しており、 県民栄誉賞の授賞式でお会いした際には、お痩せになられた印象がありました。
今思えばあの時も、 体調が優れなかったにも関わらず、 私を気遣ってくださり、優しい言葉をかけてくださいました。
沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております。
心から、ご冥福をお祈り致します。
安室奈美恵
***************************************************************
see⇒

私は翁長の遺志を受け継ぐアムラーだ。

PageTop

青墓小学校の「分団会」

大垣市立青墓小学校サイトで2012(平成24)年3月の分団会の画像を見た。
板書文字は「第三回分団会」のように読める。
児童がいる。
大人もいる。
教室の光景らしい。

画像を説明する記事はこんな感じ↓だったと記憶する。
**************************************************
分団会(昼飯1区)
2012/3/5 15:03
今回の分団会には、地区の新旧の校外指導委員さんが参加してくださいました。
昼飯1区では、新しい班について、PTAの方々が熱心に指導をしてくださっていました。
**************************************************

・・・なぜだろう? ランチを喰いたくなっちまった。

PageTop

Sさん,Wさん,Yさん,Iさん

S、W、Y、Iの各さんは大垣市立青墓小学校のPTAのここ数年の会長だ。
私はIさんの写真を未見。
S、W、Yの各さんの写真は見た。
Sさんの:
Wさんの:
Yさんの:

なお、S、W、Y、Iの各さんの言動はで読んだ。

言動と写真がある以上≪青墓小のPTA会長さんカルタ≫が出来るからカルタ大会が開けそうだ。

「引っ越しを勧めた会長だれでしょう?」
という読み札がアナウンスされると、
「はいっ」
と朗らかな声が会場に響いてSさんの写真札がゲットされる
――といった感じだね。

このさい、写真が無くても取り札を作ってしまおうか。
そうすれば、
「いつも『上司と相談します』が決まり文句だけれど上司につながない教育公務員は?」
という読み札がアナウンスされた時は「はいっ」と朗らかに言って、
【教育委員会の事務局の職員の小木曽さん】と文字で書かれた取り札をゲットできる。

カルタ大会の名称は≪青墓小の陰湿なPTA事件を世界に知らせる絶賛カルタ大会≫あたりかな。

PageTop

ルソーの言葉、天風の言葉

***********************************************
好きな言葉

生きることは呼吸することではない。行動することだ。
ジャン=ジャック・ルソー

人間が人間として生きていくのに一番大切なのは頭の良し悪しではなく心の良し悪しだ。
中村天風
***********************************************
see⇒

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(14)

―大垣市立青墓小学校のPTAの会長さん紹介(04)―

2010(平成22)年度の会長さんを写真で見た。

2011(平成23)年3月の記事で「会長様」と紹介されている。
*************************************
3月23日(水)、朝活動の時間に全校児童が集まり、6ヵ年皆勤児童表彰式を行いました。
5名の児童がPTA会長様から表彰メダルをいただきました。
6年間休まず学校に通ったことはすばらしいことです。
なお、表彰式に先立ち、東日本大震災で亡くなられた方々への黙祷を行いました。
*************************************
see⇒

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(13)

―大垣市立青墓小学校のPTAの会長さん紹介(03)―

2017(平成29)年度の会長さんを写真で見た。

2018(平成30)年3月の記事↓に「会長様」と紹介されている会長さんだ。
*************************************
3月22日(木)
小学校6カ年間を一日も休まず登校できた6年生児童6人に、PTA会長様から、皆勤賞の表彰がありました。
本人の努力とご家庭の支えがあったからこそ、健康に気を付けて登校できたのだと思います。
よくがんばりましたね。おめでとう!
明日は、卒業式。
6年生から下級生に向けて、感謝の気持ちを込めて、心のこもった合唱が披露されました。
いよいよ、6年生85名が卒業します。
保護者の皆様、地域の皆様、ありがとうございました。
*************************************
see⇒

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(12)

―大垣市立青墓小学校のPTAの会長さん紹介(02)―

2015(平成27)年度の会長さんを写真で見た。

2016(平成28)年1月の記事↓では「会長さん」と紹介されていない。
*************************************
PTAの呼びかけで、児童の皆さんや地域の皆さんのアイデアを出し合って作成したカルタを使った「青墓ふるさとカルタ大会」を行いました。
地域の方々にも入っていただき、どの学級も大変盛り上がる大会となりました。
手は頭の上とか、2回読んでからとるとかいう約束を守りながら、カルタ取りができました。
誰が先にとったかわからないときには、じゃんけんをして勝者を決めるという姿も素晴らしかったです。
カルタは、地域の自治会館や地区センター、大垣市歴史民俗資料館へも贈呈されました。
これからも末永く使えるとよいと思います。
また、この様子は、大垣ケーブルテレビも取材に来ていました。
放送予定は、1月18日(月)18:00~ 12chにて。
※以降、1時間おきに23時まで放送されるそうです。
*************************************
see⇒

2016(平成28)年3月の記事↓では「会長さん」と紹介されている。
************************************************
6年間、一度も学校を休まず出席した3名に、PTA会長さんから皆勤賞をいただきました。
************************************************
see⇒

PageTop

小木曽史明さんの教育エッセイ

サイト<岐阜大学 教育学部・教育学研究科で読めるエッセイを紹介する。
この教育エッセイを書いて公表したのは小木曽史明さん。
タイトルは≪目の前の生徒と真摯に向き合う≫である。

私は一読した直後にサブタイトルとして、
「人は誰にでも,その人にしかない“Only One” のよさがある」
――が浮かんだ。

以下、適宜改行して、エッセイの全文を掲げる。
オリジナルはPDFファイルのp.14で読める。

つづきを表示

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(11)

―大垣市立青墓小学校のPTAの会長さん紹介(01)―

2016(平成28)年度の会長さんを写真で見た。

2017(平成29)年3月の記事にこうある。
*************************************
PTA会長さんから、6年間休まずに学校に登校を続けた2名の6年生が表彰されました。
会長さんのお話の中にもありましたが、6年間というと「6」という数字しかありません。
しかし、日数にすると「1200日」程度の日々を、続けて登校したことになります。
大変なことです。
欠席なく学校に登校できる素晴らしさを、みんなで認め合いました。
*************************************
see⇒

会長さんの姓名は漢字表記を平仮名にして万葉仮名で書き直すと和可也麻古宇自。
うぅむ、歴史ある文化都市とかいう大垣市っぽくなってきた。
とはいえ万葉の時代に今の大垣市エリアにどんな文化があったのかはわからない。
万葉の時代から人の尊厳を踏みにじり子どもを虐待して平然としている地域だったのかもしれない。
違うかもしれない。
ただ、今現在、大垣市は人の尊厳を踏みにじり子どもを虐待して平然としている地域の1つになっている。
それこそ「大変なことです」だゼ。

「欠席なく学校に登校できる素晴らしさ」という価値観はあってかまわない。
私は『そういう価値観は魯鈍の価値観!』と思うものの反吐は出ない。

しかし、青墓小学校では、数年来、学校長とPTA会長らがみずからすすんで人の尊厳を踏みにじり子どもを虐待して平然としている。
「みずからすすんで極悪非道の言動をしても平然としていられる素晴らしさ」という価値観だってあってかまわない。
が、私はそういう価値観に反吐が出る。人非人の価値観には反吐が出る。
んなもん、「素晴らしさ」ではない。
万葉時代っぽい言葉でいえば「禍々しさ」だ。
「すばらしさ」ではなく「まがまがしさ」。
ジャーナリストのはしくれ和可也麻古宇自が「禍々しさ」に気づかないはずがない。

cf.――試作 万葉仮名一覧

PageTop

ブログ<とどくとおもう Ⅱ>について

このブログ<とどくとおもう Ⅱ>について、以下、書きます。
1)ブログのエントリ/記事は、いつでも、どこにでも紹介・引用くださってかまいません。
2)紹介・引用くださったことの御連絡は不要です。
3)ブログに寄せられたコメントにFJN名義でレスすることもあればレスしないこともあります。

PageTop

絶望は希望の起爆剤になるか

****************************************
絶望している。
「人権」という単純明快な原理がここまで理解されない、
この社会の姿に、恐れおののくしか、
今の私には、術がない。
****************************************
see⇒☟
杉田水脈議員発言の顛末に見る、この社会の本当に憂慮すべき事態≫(菅野完 2018.08.06)

PageTop

一切関知しておりません。

****************************************
現在放送中の漫画『この世界の片隅に』を原作とする実写ドラマに
「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」
と表記されておりますが、
当委員会は当該ドラマの内容・表現等につき、
映画に関する設定の提供を含め、
一切関知しておりません。
2018年7月24日「この世界の片隅に」製作委員会
20:01 - 2018年7月23日
****************************************
see⇒

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(10)

当事者のtwitterサイトが起動した。

PageTop

公立小学校教員の日本語作文力

以下、〔 〕内は私の補記。
**********************************************************
8月に入りましたが、晴天に恵まれ学校のプールには大勢の児童が泳ぎに来ています。
これも、暑い中、保護者の皆様が〔が→に?〕プール監視をしていただけるおかげです。
子どもたちは、泳力アップを目指して練習し、検定に臨んだり、思いきり水に潜って楽しんだりしています。
また、いつでも水分補給ができるように、プールサイドに水筒も置いて熱中症を〔を→の?〕予防にも気を付けています。
明日から、さらに気温の上昇が予想されていますので、熱中症の予防のため、暑さ指数を見てプール開放の有無〔有無→是非or適不適?〕を判断していきます。
ご理解・ご協力をお願いします。
**********************************************************
see⇒

・・・「理解・協力するにやぶさかではないけれど自分の書いた日本語の文章くらい推敲しやがれ!」と言いたい、私は。

PageTop

よく道を聞かれる

たいがい考え事をしながら歩いているせいか物知りに見えるのかもしれない、外出先の路上でよく道を聞かれる。
先日も聞かれた。
しかも、相手は私を追い越して5メートルほど行ってからくるりと引き返してきて私に尋ねた。
「この先に交番、ありますか?」
「ありますよ、百メートルほど先に」
知っていたので答えた。
礼を言われた。
ひかがみの下に粋なタトゥーを入れた、サングラス装着の女性だった。
彼女が百メートルも行かないうちに先方から男性警官がサイクリングでやって来た。
彼に話しかけ、彼女の問題は解決した様子だった。
めでたしめでたし。

よく道を聞かれて面喰らうのは初めての土地でも聞かれることだ。
しかも、歩いてきた途中の建物などについて聞かれるのでたまたま即答できる。
・・・即答できること含みで、よく道を聞かれるのは私の特技かもしれない。

PageTop

嘘である

小松左京マガジン第12巻(2003.10.28)の小松と佐野洋の対談から。
*********************************************
佐野 いまでも記憶に残ってるんですが、海軍経理学校の日本史授業の一番最初に、教官が「諸君は日本は二千六百年の歴史を持っていると教わった。これは嘘である」といったんです。そこから講義が始まったんですよ。
小松 へえー!
佐野 びっくりしちゃったね。
小松 それは戦争中ですよね?
佐野 ええ。で<部外秘>っていう教科書なんですよ。
*********************************************

cf.――終戦とともに廃止された「海軍経理学校」についての資料はありますか。

PageTop

アベって・・・

・・・とことんチキン野郎だなぁ。

cf.時事通信の配信記事☛自民総裁選、18歳も投票可能に=来月6日に選管初会合

・・・キチンとできないチキン野郎(憫笑)。

PageTop