とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTAと学校の関係

しばらくブログのトップに掲示することにした。
初リリースは2018年01月17日(Wed)
*********************************************************************
「PTAと学校とは別々の組織です」といった感じの言い回しが散見されるようになった。
しかし「別々」というのはにわかには信じがたい。
時間がたっても信じがたい。
両者は、つまり、PTAと学校とは「だらしない関係にあります」といった感じの言い回しのほうが信頼に値する。
「つかずはなれずのいかがわしい関係にあります」も信頼に値する。
だらしなさやいかがわしさを重んじる人たちがPTAにも学校にも多いからだ 。
きちんとすることをいさぎよしとしない人たちだ。
とはいえ、そういう人たちは「PTAのだらしなさいかがわしさ」と「学校のだらしなさいかがわしさ」を指摘して批難して「なんとかしなさい」「なんとかしましょう」と言う人たちの中にも少なくない。
・きちんとしたくない
・はっきりさせたくない
・うやむやのままでほったらかしにしておきたい
そのような「文化っぽい態度」と呼べるものが、PTAと学校のだらしなくいかがわしい関係にはあるし、だらしなくいかがわしい関係をよしとする側にもあるし、だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰り改めようとする側にもある。
そこがおもしろいのだ、私には。
ゆえにおもしろく観察している。
観察しながら「だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰りつづける人たち」を応援したく思う。
「だらしなくいかがわしい関係を改めようとする人たち」に対しては今のところ是々非々でいたい。
あ、是々非々というのも「文化っぽい態度」と呼べるものなのかもしれない。
「科学っぽい態度」と呼ぶほうがいいような気もするけれど。

私には「文句を言わないで代案を出しなさい」と言う人間をひとまず蔑む癖がある。
恋の道ではありえない言葉だから。
「アンタが嫌い!」と言われて「じゃあ誰が好きなの?」と言い返す人間は恋の道から外れている。
ゆえに代案主義者を蔑む、ひとまず。
異を唱え非を鳴らし詰る、それで必要十分だと思う。
文句を言うだけで必要十分だと思う。
cf.――↓
大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。
*********************************************************************

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

日本のPTAを定義すると

1.学校の一部
2.学校の恥部

学校長が「PTAあっての学校です」とか言うのは「一部であれ恥部であれ大切です」というのが含意。

PageTop

日本PTA事案(15)

****************************************************************
日本PTAは社会教育団体としては、日本で一番大きな団体です。
現在約840万の会員があり、これに保護者の数を入れますと約一千万人となります。
****************************************************************
see⇒機関紙<日本PTA#355(PDFファイル/に「2017.12.21 355号」とあって紙面に「12月22日」とある)

cf.――ぷ~た資料903:日本PTA全国協議会の会員数の数え方

つづきを表示

PageTop

日本PTA事案(14)

パンフレット≪はじめまして PTA≫(全8ペイジ)の第7ペイジの大見出しが「応援メッセージ」で、メッセージが3つ載っている。
3つめのメッセージは「つながりは喜び、そして宝物」。
メッセンジャーの肩書と氏名は「元日本人学校校校長 叶貞夫」。
ぷ~た(和風PTA)の特色の1つは隠蔽と捏造がいいかげんにブレンドしていること、というのをふっと思い出して、ついウェブを【pta 叶貞夫】で検索してみた。
その結果、『なぁんだ、この元校長のメッセンジャーってヴォウタリーなんだ』とわかった。
そして、『ならば、このメーッセージは日本語に訳すと御託宣だろうな』と考えた。
で、人によっては笑いながら怒るかもしれないと思った。

cf.01――はじめまして PTA
cf.02――メッセージ
cf.03――メッセンジャー
cf.04――ヴォウタリー
cf.05――YouTubeプログラム笑いながら怒る人

PageTop

日本PTA事案(13)

パンフレット≪はじめまして PTA≫(全8ペイジ)の第7ペイジの大見出しが「応援メッセージ」で、メッセージが3つ載っている。
2つめのメッセージは「PTA活動で知り合いの輪を広げましょう」。
メッセンジャーの肩書と氏名は「保護者 中村敏徳」。
ぷ~た(和風PTA)の特色の1つは隠蔽と捏造がいいかげんにブレンドしていること、というのをふっと思い出して、ついウェブを【pta 中村敏徳】で検索してみた。
その結果、『なぁんだ、この保護者のメッセンジャーってヴォウタリーなんだ』とわかった。
そして、『ならば、このメーッセージは日本語に訳すと御託宣だろうな』と考えた。
で、人によっては笑いながら怒るかもしれないと思った。

cf.01――はじめまして PTA
cf.02――メッセージ
cf.03――メッセンジャー
cf.04――ヴォウタリー
cf.05――YouTubeプログラム笑いながら怒る人

PageTop

日本PTA事案(12)

パンフレット≪はじめまして PTA≫(全8ペイジ)の第7ペイジの大見出しが「応援メッセージ」で、メッセージが3つ載っている。
1つめのメッセージは「出来ない理由を探さず、出来る工夫を」。
メッセンジャーの肩書と氏名は「保護者 西村澄子」。
ぷ~た(和風PTA)の特色の1つは隠蔽と捏造がいいかげんにブレンドしていること、というのをふっと思い出して、ついウェブを【pta 西村澄子】で検索してみた。
その結果、『なぁんだ、この保護者のメッセンジャーってヴォウタリーなんだ』とわかった。
そして、『ならば、このメーッセージは日本語に訳すと御託宣だろうな』と考えた。
で、人によっては笑いながら怒るかもしれないと思った。

cf.01――はじめまして PTA
cf.02――メッセージ
cf.03――メッセンジャー
cf.04――ヴォウタリー
cf.05――YouTubeプログラム笑いながら怒る人

PageTop

道徳は教科でない、シマウマは馬でない

watch&listen⇒前川レクチャー

PageTop

このPTAがヒドい!

となりのPTAの実践 このPTAがすごい!という本があるのを知った。
類似本のタイトルが脳裏をよぎった。
・・・≪となりのPTAの実態 このPTAがヒドい!

PageTop

スピリチュアル深化 安倍窮地

うん、あのカップルって長らくビギナー系スピリチュアル夫婦みたいなんだよね。
see⇒今日の日刊ゲンダイtweet

cf.――

PageTop

日本PTA事案(11)

を見ると【2016.09.16 351号】【2016.09.16 352号】とある。
つまり、同じ年月日付けで「351号」と「352号」が発行された、ということになっている。

cf.――エントリ≪日本PTA事案≫シリーズ1の目次

PageTop

閃き検索(1132)

つづきを表示

PageTop

糞尿に神の名前のある宗教

金子兜太追悼。

see⇒

PageTop

十九年ぶりに目覚めたような清々しい気持ちです。

西宮市長辞職引退の弁、のエンディング。
**************************************************************************
 私はこれで政治家ではなくなります。この長いメッセージは、市長として発しなければ意味のないものであり、また、明日には公人でなくなるという今日にしか発することができないものでもあります。blogの更新もこれが最後です。Facebookのアカウントもしばらくしたら閉じます。政治家としての名刺やチラシに記載してきたメールアドレスも閉じます。そしてすでに引っ越して違う場所に住んでいます。永遠に西宮ファンであり続けますが、二度と政治や選挙に関わることはありません。
 引退を決めたときから一年以上かけて、私があたらしい西宮にふさわしいと見込んだ人物を口説き続け、三顧の礼を以て彼に西宮市長選挙への立候補を決意してもらいました。彼が来るべき選挙に必ず勝利し、さらに美しい西宮を造ってくれると信じていますので、私の仕事は政治の世界にはもうありません。
 完全に私人ですので、マスコミからの接触もいっさいお断りします。報道機関による権利侵害はしばしばその対象が公人であることを以て正当化されがちですが、私人に対しては報道機関による一切の権利侵害を正当化する理由は裁判実務上も一切なくなります。よって私に接触しようと試みることはすなわち法律上問題のある行為です。晴れて、政治や新聞と永遠に関係のない人生を送ります。
 政治家今村岳司とお付き合いいただいたみなさま、さようなら。これまでほんとうにお世話になりました。

 そして、人間今村岳司とお付き合いいただいてきたみなさま、すでに心配のお声をたくさんいただいておりますが、十九年ぶりに目覚めたような清々しい気持ちです。
 ただいま帰ってまいりました。
**************************************************************************
see⇒

PageTop

ぷ~た資料1059-26:tweetの花束(26)

********************************************
↓埼玉県教育局にTel確認。

事務連絡の再発出、チェックリストの回収はしない。
指摘の学校については
市町村支援部家庭地域連携課が市町村教委を通じて、
校園に事務連絡が届いているか確認して対応する

と回答がありました。
事務連絡無視は家庭地域連携課に通報を!!
********************************************
see⇒

つづきを表示

PageTop

ちくちく言葉/ふわふわ言葉

「学校に子供を人質に取られている」と自虐系の親が言う。
ちくちく言葉で自分を刺している感じ。
人質として差し出している親、という自分を反省する発言かもしれない。

「学校に子供を武者修業に出している」と言えば少々ふわふわしません?

PageTop

兩親敎師會全國聯合會

上村哲也の論文高い識見と強い実行力を―PTA運動の本質と当面の目標≫(1958)を探し出してPDFファイルにしたい。あるいは持っている人物からファイルを入手したい。
上村は1938年よりも前からUSAの【兩親敎師會全國聯合會(両親教師会全国連合会=ナショナルPTA)】について研究している。
cf.01――両親再教育と子供研究≫(1938)
cf.02――上掲書収録の【兩親敎師會全國聯合會】記事
cf.03――USAのナショナルPTAサイト記事≪歴史

つづきを表示

PageTop

ぷ~た(=和風PTA)の淵源

cf.――サイニィ検索with【両親再教育】

古来、教育したがる御仁が多い。教育されたがる御仁も多い。学習したがる人々は少ない。学習されたがる人々も少ない。
かつて、教育されたがるふりして学習したがった親は多かったのか少なかったのか。
現在、教育されたがるふりして学習したがる親は多いのか少ないのか。

PageTop

教育と乖離した動員

動員される母親たち――戦時下における家庭教育振興政策≫(2014)の広宣パンフに掲載されている推薦文。
*********************************************************
子どもや教育の問題が騒ぎになると、従来からの学校・教師バッシングに加えて、近年は「家庭の教育力が低下している」といった家庭教育バッシングがやたら目立つ。
政策側も家庭教育に異常な関心を寄せ、社会教育法や教育基本法の改正において、家庭教育の「向上」や「重視」が盛り込まれるにいたっている。
もともと「私的」領域である家庭教育に、法的措置をとってまで国家が「支援」という名の介入をしたがるのは何故だろうか。
本書は、こうした家庭教育に対する国家の介入の歴史とその末路を、一九三〇~四五年の期間にわたって詳細に明らかにした。
アジア・太平洋戦争期と重なるこの時期ほど、国家が「家庭教育の振興」に力を注いだ時期はない。
国家総力戦のもと、国家は学校教育だけでなく社会教育、家庭教育を含めたすべての教育領域を「皇国民錬成」に貢献させるべく再編成した。
家庭教育とその担い手たる母親も対象であった。
各種の講座、学校における「母の会」、地域婦人団体の組織化や隣組・常会などの組織網の整備……。
だが、その帰結は何であったか。
およそ「教育」とはかけ離れた「動員」でしかなかった。
この歴史の教訓から、改めて私たちが学ぶものは大きい。
歴史研究の意味は、現在と未来の道しるべにほかならないからである。
*********************************************************
see⇒

PageTop

神様と主権者様

PageTop

閃き検索(1131)

PageTop

SNIとRKK

PageTop

疑問メモ

泰明小アルマーニ標準服の第1報は<ハフィントンポスト>20180208Th記事

2月7日(水)に中央区教育委員会が教育委員らの会議(定例会)を開催している。
次回の定例会開催予定は3月30日(金)。
cf.――開催予定一覧

疑問1:なぜ、遅くとも2月7日の朝までに報じなかったのだろう?
疑問2:次回の定例会より前に【泰明小アルマーニ標準服スキャンダル】をテーマに臨時会が開催されるだろうか?

PageTop

prize of 20 million yen

PageTop

ぷ~た資料1059-25:tweetの花束(25)

****************************************************************
PTA
私は教員でもあり保護者ですがPTA(保護者会)はなくてもよいと思っています。
実際に子どもの小学校の役員をやり、
生活や仕事を犠牲にしてまでやる価値はないと確信しました。
また、私の勤務校では小学校のような無理強いはないし
教員もPTA会議に参加し活動を縮小していっています。
22:18 - 2018年2月18日
****************************************************************
see⇒

cf.――

PageTop

タテマエがホンネに対する抑止力にならない?!

*********************************************************
あくまでも「標準服」であり「制服」ではない。
タテマエ上は、「買わない」「着せない」という選択肢が存在する。
「もし、娘の学区でそういう標準服が導入されたら、最低限のものだけを購入するかもしれません。
 娘が『それでもいい』と言うなら、購入せずに私服で通学ということになるかもしれません」(ミサトさん)
すると、イジメの可能性が発生する。
「標準服は強制ではない」というタテマエは、ホンネのイジメに対する抑止力にはならない。
*********************************************************
see⇒

昔からいるんですよ、
【「PTAは強制でありません」というタテマエは、ホンネのイジメに対する抑止力になりません!】
――と、さけびおらぶ方々が。
敗北を美学とするのはかまわないけれど個人的な敗北を自慢したり威張ったりするなよな・・・と我おもうゆえに我あり。

つづきを表示

PageTop

夢は・・・世界平和です

seeAYASE⇒

PageTop

閃き検索(1130)

PageTop

ぷ~た資料1059-24:tweetの花束(24)

*******************************************
息子の学校のPTA、旦那がやりますと立候補したら
「お父さんは駄目です。お母さんにして下さい」
と言われ三役会議にかけられかなり揉めました。
「前例がないから」と。
ふざけすぎ。
*******************************************
see⇒

PageTop

今回のケースは異例、異常

PageTop

ABvsAS

see⇒ロイター20180213Tu記事≪安倍首相、朝日新聞を激しく非難

インテリ嫌悪症系内閣。
愚尊賢卑デンデン内閣。

cf.――web検索with【安倍 でんでん

PageTop