とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

文部科学省の天下りポスト

昨年の霜月に刊行されたLet's PTA研修「基本」マニュアル-できることを、できるところから-のp.131の【編集・著者の略歴】を見ると、公益社団法人日本PTA全国協議会(「日P」と自称している法人)の事務局長が文科省系天下りポストの1つであることは一目瞭然。
・・・このような内部告発ふう自爆テロっぽい文書を私は好むし重宝する。
昨今の文部科学省スキャンダルも、圧倒的能吏の1人である事務次官とその良心的配下が仕掛けた内部告発ふう自爆テロっぽい言動によるものなのだと思う(朗笑拍手)。

cf.―― 様々なタイプの少数者の尊厳が重んじられ、多様性が尊重される社会を目指してほしいと思います」と書かれた事務次官メール

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

PTAが嫌われる理由

運営が「お通し代のならわし」にのっとっているから。
see⇒(JPG資料)
cf.――プレジデント=オンライン記事↓
      居酒屋で「お通し代」の支払いを拒否できる法律トーク、教えます≫(2011.12.19号)

・・・いわゆる熊本PTA訴訟第1審「サイゼン判決」の「さておくとしてもレトリック」は【お通し代の考察】を放棄するレヴェルで用いられたものだと私は思う(笑)。

PageTop

危険なレシート

新聞の投書欄で≪担当者名のレシート印字は危険≫と題する投書を読んだ。
同意。
そういうレシートをレジで客に出す店は直ちに止めるべきだと思う。
2年前にも問題視されている。
see⇒

PageTop

大学の休学費が20万円?!

see⇒

・・・「つまんない講義してるんだから授業料を返してねっ」と言う学生がいる大学の1つ(苦笑)。

PageTop

PTAと学校長

1つ残らず凡ての公立学校の学校長は、毎年の入学式・卒業式で、挨拶がてら、以下を明言することが望ましい。
**********************************
PTAに入会するしないはオプションです。
入会有資格者と入会者の御一人御一人には入会しない自由と退会する自由があります。
いわずもがなですけれど、公教育の場である学校においては、児童生徒の学習機会が平等に提供されます。
ですから、
ある教員がPTA会員であるからといって、あるいはPTA会員でないからといって、その教員が担任するクラスの児童生徒が学校教育の場で特別な扱いを受けることはありません。
特別な扱いを受けた場合はすぐに通常かつ正当な扱いを受けるよう学校長が直します。
同じように、ある親御さんが、またはある保護者が、PTA会員であるからといって、あるいはないからといって、その親御さんの御子さんまたは保護者の御子さんが学校教育の場で特別な扱いを受けることはありません。
特別な扱いを受けた場合はすぐに通常かつ正当な扱いを受けるよう学校長が直します。
健全な学校を運営することこそが学校長の職務であります。
学校の電話やファクシミリをPTAの会長はじめ本部役員が時に使ってかまわないのは、学校という公共施設には、PTAという社会教育関係団体に便宜をはかる法令的な義務があるからです。
PTAが法令に違背する組織でない場合に限り、学校にはPTAに便宜をはかる義務があります。
PTAが法令に違背する組織である場合には、決して便宜をはかることなどありません。
便宜をはかれば犯罪的行為に荷担したことになるからです。
以上、老婆心ながら、日本の常識―すなわち民主主義系の法令整備国家の常識―を確認する発言をいたしました。
御清聴に感謝いたします。
**********************************

PageTop

PTA企画の選挙教育

PageTop

元旦散歩

30年来時々泊まる定宿の近くに警察署があり、そのそばにクロガネモチの樹々が植わっている。
青空に透かすと映える。
学名はイレクス=ロトゥンダ(Ilex rotunda)。
今朝の散歩で見た木に鳥が停まっていた。
人は歩き、鳥は飛び、木は揺らぐ。生命の三態。

see⇒

PageTop

2016年のこと

井上が説く「天皇制=民主的奴隷制」に呼応する帝スピーチを今年の8月に視聴した。
その年として今年は記憶される、私的恣意的に。
cf.――

PageTop

≪折れた矢≫を観た

26日に観た。
290円のDVDを買って観た。
なかなか好かった。
最初に見たのは1960年代の始めだったと思う。
おそらくUCLAのどこかで上映会があって見た。
昔見た映画を観るというのも好いものだ。

cf.――予告編サイト

PageTop

レイプなんだよ、PTA

≪Major Crimes≫#4の【The Jumping Off Point】を観た。
cf.01――http://www.imdb.com/title/tt4561974/
cf.02――http://tv.foxjapan.com/fox/program/episode/index/prgm_id/20511

以下、英語の台詞の抜粋。
************************************
●:He raped you?
▼:Is that rape?
●:If sex is forced on you without your consent, yes, it’s rape.
▼:Wow・・・I didn’t even think I counted like that.
************************************
日本語にすると、こう↓。

つづきを表示

PageTop

職業論と開放論

署名記事《やはり孤独な皇太子》がリリースされたのは1959(昭和34)年のことだ。
   cf.――サイニィのサイト
私は未見だが、こう書かれているらしい。
******************************************************************
皇太子に近い、ある同級生が伝えてくれたところによると、皇太子は『天皇職業論』を唱えているそうである。簡単にいうと、二十四時間天皇でいるのはかなわないから、八時間勤務にして、残りの時間は人間として生活したい、そのためにはオフィスと私邸を分離することが望ましく、そうなると、現在のように大きな皇居は不必要になる、だから『皇居開放論』には賛成だ、というのだ。私が望みたいのは、皇太子が機会をとらえて記者会見などでこうした意見を開陳して欲しいということだ。
******************************************************************

PageTop

裁判とはそういうもの

私は小学生の時に宮澤賢治のポエム≪雨にも負けず≫を読んで『変な詩だな』と感じた。
特に「北に喧嘩や訴訟があればつまらないから止めろと言い」が腑に落ちなかった。
喧嘩も訴訟もつまらないものではないと思っていたからだ。
以来、宮澤賢治は嫌いとまでは言わないがさほど好きではない。
詩人として見れば宮澤は対句センスが拙い詩人だと思う。
唱題はしただろうがさほど法華経を読み込んだ法華経信者とも思えない。
ところで、1987(昭和62)年1月14日付<京都新聞>に森毅(当時は京都大学教授)の見解が載っているらしい。
こんな見解だ。
******************************************************************
世界中で行われていることではあるが、旗におじぎをしたり、気をつけをして歌を歌うのは、私は野蛮なことだと考えている。
好きな人やファンである人がやられるのは勝手だと、その点では私は寛容なので、まあしゃあないと思っている。
しかし、なんで学校の儀式で一斉に『君が代』を歌わなければならないのか。
大体、学校というところは、そういうことをやらしたがるが、私は一切、気に食わない。
第一、歌は趣味で歌うものだ。
『君が代』テープの配布は、学校をカラオケ化したいということで、“カラオケ方針”には歌いたい人が歌えばいいので、私は勧められても歌うつもりはない。
訴訟については、裁判の結果がどうなるかはともかく、提訴することによって考えられる人が出てくる効果があるのではないか。
黒か白か、結果はあまり問題でもない。
黒でもいいから、この際裁判をやっておこうという人たちがいてもいいのでは。
裁判とはそういうものだと思う。
******************************************************************
いわゆる【熊本PTA訴訟】には「PTAの野蛮さ」を指弾した側面がある。
その野蛮さについて熊本大学法学部の教授2人に考えさせる契機も提供した。
ほかにも考えさせられた「野蛮なPTA関係者」は多かろう。
『裁判とはそういうものだ』と私も思う。
なお、先に「載っているらしい」と記したのは京都新聞のその記事のオリジナル系紙面を私は未見ゆえ。

PageTop

熊本PTA訴訟第2審:和解交渉情報

see⇒

PageTop

trump tyranny

ウェブ検索してみた。
see⇒

PageTop

トランプ当選推断者

see⇒

PageTop

ディランはディラン

ミシェル=デルペシュがWight is Wightで「Dylan is Dylan」と唄った。
see⇒歌詞と和訳
ミシェルはこの歌でも名高い。
cf.――

PageTop

迷惑をかけあうのが人間社会

今朝の<折々のことば>が丸々好い感じ。
全共闘世代団塊系哲学者のセンサーは快調だ。

【和】を乱してどこが悪い。
乱されたくらいで崩れるならば、んなもん、【和】ではない。
乱し乱されながら保ち保たれるバランスこそが【和】だよ。
「みだしなみをととのえる」を漢字混じりで書くと「乱し波を調える」だって正解だろう?
  cf.01――≪ひとりでもやる、ひとりでもやめる≫(2000)
  cf.02――ぷ~た川柳665:ひとりでもやれるひとりでもやめられる

とまれ今朝の<折々のことば>を転写する。

つづきを表示

PageTop

impolite&arrogant

ディラン評。
see⇒(ローリングストーン)

PageTop

B.ディラン関連論文一覧

和物のみ。
see⇒(サイニィ)

PageTop

ぷ~たスカタン

ぷ~た(和風PTA)の会長は議員でもできる。
議員はやりたがる。
会長はやりたい輩にやらせるに限る。
神輿は軽くてパーがいい。
ちなみに、議員であるなしに無関係で、ぷ~た会長のスカタン率は高い。
see⇒福井県議、PTA旅費を二重受け取り 政活費でも請求≫(朝日新聞161015Sa記事)
cf.――

PageTop

ディラン取扱注意


ディランは「私に優しくしなさい」と唄った人。
cf.01――Handle With Care
cf.02――Bob Dylan Wins Nobel Prize in Literature≫(WSJ:Updated Oct. 13, 2016 7:14 a.m. ET)
Here's to you, Nicola and Bartを唄ったジョーン=バエズのBFだった人。
唄い奏でる詩人。
cf.03――Blowing In The Wind
cf.04――The Times They Are A-Changin'
cf.05――When The Ship Comes In
cf.06――Don't Think Twice It's Alright
cf.07――≪Mr. Tambourine Man
cf.08――学生街の喫茶店

つづきを表示

PageTop

天皇系とPTA(4)

1954(昭和29)年8月7日(土)、洞爺丸が津軽海峡をわたって夕方に函館港着、以後23日(月)まで天皇と皇后が北海道内を所々巡幸した。象徴天皇がやって来る≫(1988)p.89-p.91によると、北海道新聞が同年同月3日(火)付朝刊第8面に【国民と親しい接触を】と題する談話記事を載せた。談話者は札幌市小学校連合PTA副会長、42歳。
以下、同書p.90の2行目からp.91の3行目までに基づき、談話記事を再現する。

つづきを表示

PageTop

天皇系とPTA(3)

ご臨席

cf.――

PageTop

天皇系とPTA(2)

ぷ~た(和風PTA)が周年記念誌を改元時に発行する際の一文例。

新元号年に出版された記念誌≪きずな≫(19890325発行)総目次の冒頭4行を転記する。
**********************
○扉、さし絵、PTAの歌、グラビアにみる都中Pの歩み
○昭和天皇崩御を悼み「平成」の新年号に寄せて
○総目次
○"きずな"発刊に寄せて、「絆」その書名について
**********************
ちなみに≪きずな≫のサブタイトルは「東京都公立中学校PTA40年の歩み」である。
  see⇒国会図書館サイト≪きずな : 東京都公立中学校PTA40年の歩み≫(1989)
さて、以下が【昭和天皇崩御を悼み「平成」の新年号に寄せて】の本文全文。

つづきを表示

PageTop

天皇系とPTA(1)

PageTop

不穏なNPO法人

       名にし負はば
         いざ言問はむ教育支援協会
           PTAを活性化するための調査報告書はありやなしやと

つづきを表示

PageTop

象徴とコートシップ

PageTop

くりとらディベイト#1

PageTop

須可捨焉乎

しづの女の句は好い。
漢文にルビを振るのも好い。
see⇒

PageTop

快傑オカモト

替歌。
もと歌は快傑ハリマオ≫。

つづきを表示

PageTop