FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTAと学校の関係

しばらくブログのトップに掲示することにした。
初リリースは2018年01月17日(Wed)
*********************************************************************
「PTAと学校とは別々の組織です」といった感じの言い回しが散見されるようになった。
しかし「別々」というのはにわかには信じがたい。
時間がたっても信じがたい。
両者は、つまり、PTAと学校とは「だらしない関係にあります」といった感じの言い回しのほうが信頼に値する。
「つかずはなれずのいかがわしい関係にあります」も信頼に値する。
だらしなさやいかがわしさを重んじる人たちがPTAにも学校にも多いからだ 。
きちんとすることをいさぎよしとしない人たちだ。
とはいえ、そういう人たちは「PTAのだらしなさいかがわしさ」と「学校のだらしなさいかがわしさ」を指摘して批難して「なんとかしなさい」「なんとかしましょう」と言う人たちの中にも少なくない。
・きちんとしたくない
・はっきりさせたくない
・うやむやのままでほったらかしにしておきたい
そのような「文化っぽい態度」と呼べるものが、PTAと学校のだらしなくいかがわしい関係にはあるし、だらしなくいかがわしい関係をよしとする側にもあるし、だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰り改めようとする側にもある。
そこがおもしろいのだ、私には。
ゆえにおもしろく観察している。
観察しながら「だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰りつづける人たち」を応援したく思う。
「だらしなくいかがわしい関係を改めようとする人たち」に対しては今のところ是々非々でいたい。
あ、是々非々というのも「文化っぽい態度」と呼べるものなのかもしれない。
「科学っぽい態度」と呼ぶほうがいいような気もするけれど。

私には「文句を言わないで代案を出しなさい」と言う人間をひとまず蔑む癖がある。
恋の道ではありえない言葉だから。
「アンタが嫌い!」と言われて「じゃあ誰が好きなの?」と言い返す人間は恋の道から外れている。
ゆえに代案主義者を蔑む、ひとまず。
異を唱え非を鳴らし詰る、それで必要十分だと思う。
文句を言うだけで必要十分だと思う。
cf.――↓
大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。
*********************************************************************

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

閃き検索(1297)

PageTop

閃き検索(1296)

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(58)

see☛YouTubeサイトのハフポスト日本版チャンネル↓
PTA、やめたらどうなる?(木村草太さん、加藤薫さん、大塚玲子さん)
cf.01――
cf.02――☆☆

PageTop

MAGA

Make America Great Again
cf.――

PageTop

人格攻撃?

事実と異なる言動を連発する人物に「うそつき」と言うことが人格攻撃になるのだろうか。
症状指摘に過ぎまい。
*************************************
昨年8月の地元・山口県の講演では「ある自衛官」、
13日の予算委では「防衛省」と変遷したが、
今はネット社会。
SNS上は「ネタ元特定」と話題だ。
*************************************
see⇒

PageTop

<武蔵野文学館紀要>第8号

see☛
信時潔の作曲した校歌を調べていて遭遇した紀要。

PageTop

『助けて』を読んだ

えらく面白かった。
cf.――初夏の色≫(2013,新潮社)

PageTop

閃き検索(1296)

PageTop

3-dog-nightの歌で始まる

PageTop

「水くさい」と言う人がいる。
「水に流そう」と言う人がいる。
たとえば、人物Aと人物Bがこんな会話をしたとしよう。
A「どうしてそれを今までアタシに言ってくれなかったんですか。水くさいじゃないですか」
B「ごめん、言いそびれていたんです」
A「そうですか、わかりました。わかりましたからそのことはもう水に流す、そうしましょう」
B「ありがとう」
この場合、「水くさい」の【水】と「水に流す」の【水】とは同じ水か違う水か。
今のところ『同じ水なのではないか?』という思いに基づいて考えようとしている、私は。

PageTop

閃き検索(1295)

PageTop

よくわかった比喩

************************************************************
『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞を受賞したときには、橋本さんが選考委員を代表して、「授賞の理由」を語ってくれた。
20代からのあこがれの人が、僕の作品を解説してくれたのである。
謝辞のためにマイクの前に立ったときに
「いま、橋本治さんが、授賞の理由についてお話ししてくださいましたけれど、これはアマチュアバンドが自費出版で出したCDが音楽賞をもらったときにジョン・レノンがその曲のコード進行について解説してくれたようなものです」
というよくわからない比喩を使って感動を伝えたことがある。
************************************************************
see⇒追悼・橋本治2019-01-29 mardi

・・・私は内田の比喩がスゥッとよくわかった。

PageTop

根拠を問われてゆっくりと錯乱するPM

PageTop

閃き検索(1294)

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(57)

PageTop

感度良好

see産經新聞☛石破氏、首相の民主政権批判演説に不快感≫(2019.2.10 13:58)
・・・アベって超キショいし超キモいものなぁ。
なのに自民党系の連中って不感症状が凄いというか感度が劣悪すぎる。
その点、石破とか産經新聞とかって普通に感度良好なんだよね。

PageTop

山口百恵とデヴィッド・ボウイ

PageTop

閃き検索(1293)

PageTop

神社と実務

というタイトルの機関誌があると知った。
cf.――

PageTop

「僕たち」族の歌

see☛【憲法改正ソング】憲法よりも大事なもの/田村重信 with Friends
性差別意識に満ちた歌詞など公立学校の校歌からも無くなりつつある御時世なのだが。

PageTop

ムナサワギノコシツキノミコト

PageTop

≪ミッドナイトジャーナル≫

面白かった。
see☛

PageTop

関谷ひさしタッチの絵

を見てそう感じた。
cf.――【関谷ひさし】で画像サーチ
私は関谷の漫画が好きだ。
だからハリエンジュtweetに感謝する。

PageTop

新元号の予想

cf.――新元号予想キャンペーン

私は「々」の字を含む年号を熱望している。
平々
悠々
凡々
燦々
喧々
散々
諤々
轟々
等々
などなどだ。
中でも最も熱望しているのはこれ。
々々
「読めない!」と文句を言う輩がいるかもしれないが、読める。
「々」は「ノマ」と読む。
そういう読み方がある。
「々」は片仮名の「ノ」と「マ」を合成していると見えるからだ。
したがって「々々」はこう読む。
ノマノマ
私が最熱望する元号となれば今年は5月以後「々々元年」である。
のまのまがんねん。
全然わるくないよね。

PageTop

コンピュータ用語勉強中

PageTop

久しぶりに会った著者

「どの本でもいい。あげる」
そう言われて私はを所望して貰った。
月刊誌に連載されている頃から愛読していた記事をまとめたものだと知っていたから所望した。
もう30年ほど前のことだ。
この名著の著者と数年ぶりに会って呑み喰いした、昨夜。
とんでもなく愉快だった。

PageTop

漢字の「分」を「いた」と読むわけ

cf.01――
cf.02――☆☆
cf.03――☆☆☆

PageTop

参ったゼ

参ったゼあの橋本が行方不明

昨日行方不明となったらしい。
当分とことん悲しむしかない。
しかし参ったゼ、ったく。

cf.01――宗教団体とPTAは一緒!
cf.02――ジーさん化バーさん化するPTA

PageTop

なにがなにやら

昨日、電話した。
女声が出て「アナタはドナタ?」と尋ねてきた。
「私が名乗ってソチラも名乗るなら私は名乗るにやぶさかでない」と答えた。
その女声が「ちょっとお待ちください」と言って電話の相手が男声に代わった。
セキザキと名乗った男声に私も名乗り、用件を伝えた。
セキザキが「その件はクボが答えられるのですが今日は不在です。明日はいます」と言った。
私はクボが女性であると確認し、電話を終えた。
今日の昼飯時に女声のモリから電話が来た。
私の用件がセキザキから伝わっていないことがわかり、改めて伝えた。
「調べて後ほどお電話します」とモリが言った。
外出した。
留守中にワダと名乗る女声から電話があったことを録音で知った。
私はタライマワシにされているのかサルマワシをしているのかわからない。

PageTop