FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTAと学校の関係

しばらくブログのトップから2番目に掲示することにします。
初リリースは2018年01月17日(Wed)
*********************************************************************
「PTAと学校とは別々の組織です」といった感じの言い回しが散見されるようになった。
しかし「別々」というのはにわかには信じがたい。
時間がたっても信じがたい。
両者は、つまり、PTAと学校とは「だらしない関係にあります」といった感じの言い回しのほうが信頼に値する。
「つかずはなれずのいかがわしい関係にあります」も信頼に値する。
だらしなさやいかがわしさを重んじる人たちがPTAにも学校にも多いからだ 。
きちんとすることをいさぎよしとしない人たちだ。
とはいえ、そういう人たちは「PTAのだらしなさいかがわしさ」と「学校のだらしなさいかがわしさ」を指摘して批難して「なんとかしなさい」「なんとかしましょう」と言う人たちの中にも少なくない。
・きちんとしたくない
・はっきりさせたくない
・うやむやのままでほったらかしにしておきたい
そのような「文化っぽい態度」と呼べるものが、PTAと学校のだらしなくいかがわしい関係にはあるし、だらしなくいかがわしい関係をよしとする側にもあるし、だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰り改めようとする側にもある。
そこがおもしろいのだ、私には。
ゆえにおもしろく観察している。
観察しながら「だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰りつづける人たち」を応援したく思う。
「だらしなくいかがわしい関係を改めようとする人たち」に対しては今のところ是々非々でいたい。
あ、是々非々というのも「文化っぽい態度」と呼べるものなのかもしれない。
「科学っぽい態度」と呼ぶほうがいいような気もするけれど。

私には「文句を言わないで代案を出しなさい」と言う人間をひとまず蔑む癖がある。
恋の道ではありえない言葉だから。
「アンタが嫌い!」と言われて「じゃあ誰が好きなの?」と言い返す人間は恋の道から外れている。
ゆえに代案主義者を蔑む、ひとまず。
異を唱え非を鳴らし詰る、それで必要十分だと思う。
文句を言うだけで必要十分だと思う。
cf.――↓
大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。
*********************************************************************

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop

閃き検索(1398)

つづきを表示

PageTop

閃き検索(1396)

PTA わーわー効果 lang:ja

自律分散協調現象。
ぷ~た会長経験者のうち実践重視の似非秀才系は毛嫌いしている模様。
天才系の自然現象だから好嫌など詮無かろう。

つづきを表示

PageTop

閃き検索(1393)

「PTAは【会員サービス】をする団体ではない」という主張を目にした。
『え?』と思った。
PTAは会員サービスをする団体だよ。
cf.――会員サービス from:rsider lang:ja

PageTop

閃き検索(1392)

PageTop

ぷ~たマリオネット

cf.――

cf.――

最大多数の最大不幸に気づいていないならオバカ丸出しだし気づいているならトンマ丸出しドアホウだし。

cf.――web検索with【猪名川町 pta

PageTop

閃き検索(1389)

PageTop

川越市AJストーリー(07)

PageTop

川越市AJストーリー(06)

ホラー? ミステリー?

川越市の人権教育担当セクションは教育委員会の事務局の教育総務部の地域教育支援課にある。
**********************************
地域教育支援課
人権教育担当
〒350-8601
川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-6086(直通)/電話:049-224-8811(内線2844)
FAX:049-226-4699
Mail:chiikikyoiku@city.kawagoe.saitama.jp
**********************************
see⇒川越市役所サイト

cf.――地域教育支援課 from:d8bav4 lang:ja

つづきを表示

PageTop

傘の話

つづきを表示

PageTop

PTA活動に関する質問があるとき

web検索with【運営委員会だより PTA活動に関する質問があるときは、下のような流れになります pdf

・・・まず教育委員会事務局に質問するほうが早いこともある、よね。

PageTop

校長発言「育成会非会員の子は差別されてもしかたない」

*************************************
当時の育成会会長から
「〇〇さんのことみんな嫌ってるから育成会から抜けて欲しい」
と言われた時、同席していた校長は無言。
その後、育成会会長の子分により、
「非会員なら登校班に入れない。
どうしても入りたければ、後ろから勝手についてこい。面倒はみない」
学校に抗議。
校長「育成会非会員の子は差別されてもしかたない」発言。
*************************************
see⇒

「○○さんには校長より直接、今までの心理的負担を負わせたことについて申し訳なかったと伝えました」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、だからなんだってんだ?!

PageTop

川越市AJストーリー(01)

*********************************
揉めた理由。
今まで2人だったのに、ボスママ会長が、”来年度から1人でやれ”と勝手に決めてきた。
”1人で大変な場合は今まで通り2人でもいいじゃないか”と意見したら育成会抜けろ”と言われた^_^

1人抜けさせるぐらいなら、やっぱり2人でもいいんじゃないかと思った。
結局、数の問題じゃないんでしょっ!
*********************************
see⇒

育成会の会長が会員を除名した?!

see⇒
see⇒・・

cf.01――
cf.02――☆☆

育成会の会則/規約に「入会条項」「退会条項」はあるのか? ないのか?
育成会の会則/規約に「会長は意見の異なる会員を除名できる」という条文があるのか?
cf.03――育成会の会則/規約の一部↓
      「育成会の会長はAJ小学校PTAの理事となる」と読める第7条

cf.04――川越市メモj

つづきを表示

PageTop

冷涼真珠ぷ~た例

全役員に対して年間活動3分の2以上は参加することを引き受ける条件とします
「その条件を私は満たしません。したがって引き受けるわけがありません」

母子手帳を免除面談の際にお持ち下さい
「やだっ!」


ぷ~た=和風PTA
冷涼真珠⇒参照

PageTop

加入促進・脱会防止

*************************************************
○活動の活性化を図るため、小学校、PTAとの連携強化
○小・中学校PTAとの連携を通して若い世代の参加を促進
*************************************************
see⇒PDFファイル≪自治会加入促進・脱会防止 活動事例集≫(平成30年3月,北九州市)

・・・この活動事例集を読むと、当然、【加入防止・脱会促進】のアイディアが浮かぶよね、きっとおそらくまちがいなく。

PageTop

閃き検索(1379)

PageTop

改めて各学校長に対し文書及び口頭で周知

***********************************************************
PTAなど任意団体に関する教職員への周知について回答いたします。
PTAなど任意団体への加入は強制されるものでないことは、
これまでも教職員に周知をしてきたところですが、
改めて各学校長に対し文書及び口頭で周知してまいります。
***********************************************************
see⇒JPGファイル:2018(平成30)年10月26日付の川越市長名の公印省略公文書

「PTAなど任意団体」という表現は難しい人には難しい。
難しい人にも難しくないような表現になるよう書き足してみる。

「暴力団やPTAや自治会や町内会や育成会や子供会や後援会や暴走族やマフィアなど任意団体」への加入は強制されるものでない。
cf.――JPGファイル:
cf.――ぷ~た像(13)

これでも「PTAなど任意団体」という表現は難しくてよくわからない――と言う教職員や学校長がいる可能性はある。
その可能性の全国平均をAパーセントとしよう。
川越市平均をBパーセントとしよう。
・・・B>Aかもしれない。

PageTop

転送?送信?

受信画像1/22/2をウェブで見た。
一部加工された画像だ。
加工箇所は複数かもしれない。
どこがどう加工されたかはオリジナル文書と対比すれば判明するだろう。
オリジナル文書が送信したマシーンに残っているかどうか。
それは川越市役所に公文書の情報公開請求をすればわかる。

しかし請求作業はメンドい。

取り急ぎ、受信画像【1/2と2/2】を系とか系とか川越市教育委員会(にメアドあり)とかに送信しようかな。
画像添付で送信してもいいし、URLを送信してもいいな。
これって転送かな? 送信かな?
ま、どっちでもいいや。
――と思った。

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(84)

High-Goブログが痛快で痛快で堪らないっ!
see⇒

しかしまあ、大垣市の教育行政はデンジャラスだよなぁ。

それにしてもデンジャラスさが浮き彫りになる縦割行政スィステムって便利だよね。

PageTop

 「充て職」と「育成会」

************************************************
充て職 (あてしょく)
あて職、充職とも表記する。
本来の意味は、特定の職にある者を別の特定の職に就かしめる(充てる)こと。
PTAにおいては、学校、地域、市などからの要請により、PTA会長に役職があてがわれることが多い。

育成会 (いくせいかい)
子ども会のための保護者の組織。
PTAとは別の団体ではあるが、協調、協力体制をとる。
************************************************
see⇒某サイト<PTA用語の基礎知識

PageTop

ぷ~た像(13)



cf.――

PageTop

川越市長と愛校会

***************************************************************
わたしたち第一小学校では、PTAにあたる組織を『愛校会』と呼んでいます。
この「愛校会」には地域の育成会も合流しており、
共同で子ども達のすこやかな成長を促す活動を行っています。
***************************************************************
see⇒

************************************
昭和22年7月8日:本校PTA(愛校会)設立
************************************
see⇒☆☆

***********************************
平成3年:川越市立第一小学校愛校会長
***********************************
see⇒☆☆☆

PageTop

川越市メモg

************************************
件名:通学班について
・・・〔中略〕・・・
①過去の経緯は問わないで入ってください。
②育成会に加入してください。
③SNSへの発信はしないでください。
・・・〔後略〕・・・
*************************************
see⇒JPGファイル

PageTop

吉本興業の問題とPTAの問題

*****************************************
意思確認について、
多くの保護者は「うやむやに入会するよりはよい」(50代女性)などと前向きに受け止めるが、
同志社大の太田肇教授(組織論)は「事前に十分な情報提供がないと効果を発揮しない」と指摘する。
太田教授は
「PTAの問題は役員業務が大変なこと。
 簡単な申し込みだけして、実際に入った後に仕事が多いと不満が募る。
 最初に仕事の内容を明確に伝えるべきだ」
と強調。その上で
「入会が減ればその規模に応じた組織に変えればよい。
 吉本興業の問題と同じで、契約に基づいた組織に変わっていくべきだ」
と提言した。
【京都新聞 2019年08月06日 10時30分 】
*****************************************
see⇒広がるPTA入会の意思確認、半強制は不適切 加入減る悩みも

PageTop

閃き検索(1367)

PageTop

PTAとか後援会とか子供会とか

どれもに入らなければならないのか?
どれにも入らなくてかまわないのか?
集金責任者は学校長なのか?

see⇒

PTAに入らない人には、
【PTA会費は集金しませんが
 「学校後援会費」は
 学校で子どもたちが使うものを購入しているため
 引き続きお支払いいただきます。】
と書かれた文書が配布されるらしい――と風の噂で聞いた。
この公立小学校の学校長とかって学校経営に無知なのかもしれない。
無知ならば学校事務職員から学べばいい。

*********************************
(割当的寄附金等の禁止)
第四条の五
 国(国の地方行政機関及び裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)第二条に規定する下級裁判所を含む。)は地方公共団体又はその住民に対し、地方公共団体は他の地方公共団体又は住民に対し、直接であると間接であるとを問わず、寄附金(これに相当する物品等を含む。)を割り当てて強制的に徴収(これに相当する行為を含む。)するようなことをしてはならない。
*********************************
see⇒地方財政法第4条の5

PageTop

閃き検索(1365)

宮崎 厚 入間地区小学校長会会長

cf.――PDFファイル

PageTop

こどもがかがやくかわごえし?!

「苦しさに耐えているときの姿」を【かがやき】と見ないでほしい、と思うよ私は。
cf.――

↑の文字データは↓

つづきを表示

PageTop

ぷ~た(和風PTA)が無くならない理由

ぷ~た役員とかと消防団員とかがカブっているからだろうね。

国会会議録で「若い消防団員の皆さんは、消防団員であり、PTAの会長であり、自治会の役員も務めていただいているという方が大変多い」という発言が読める。
********************************************
消防団員は、
国民の生命財産を守るという責務を果たすため、
一たび災害が発生すれば、先陣を切って災害現場に駆けつけ、
我が身の危険を顧みず命がけで消火や人命救助に当たっておられます。
国民は、
地域防災力の中核として献身的に活動する彼ら、彼女らに
大きな信頼と期待を寄せており、
私も敬意を表しているところでございます。
私の地元でも消防団員の皆さんは本当に頑張っておられますし、
非常に過疎化が進むところにおいては、
若い消防団員の皆さんは、消防団員であり、PTAの会長であり、
自治会の役員も務めていただいているという方が大変多いわけでございますが、
その中で、やはり地域を守りたいという強い熱意を感じているところでございます。
このような消防団員の活動環境を整備するため、
消防団員の処遇の改善を図ることが必要と考えております。
これまで、
平成二十五年に成立をした地域防災力充実強化法を受け、
政府としては、
地方公共団体の長に年額報酬等の引上げを要請するなどの取組を進めてきたところであります。
今後、年額報酬等が極めて低額な市町村に対し、
総務省から市町村長等に引上げを直接お願いするなど、工夫を講じて、
消防団員の処遇改善を図り、消防団の充実強化に努めてまいりたいと思います。
********************************************
see⇒「安倍内閣総理大臣」とかの発言@20190226Tu衆議院の総務委員会

つづきを表示

PageTop

閃き検索(1362)

PageTop