FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTAと学校の関係

しばらくブログのトップに掲示することにした。
初リリースは2018年01月17日(Wed)
*********************************************************************
「PTAと学校とは別々の組織です」といった感じの言い回しが散見されるようになった。
しかし「別々」というのはにわかには信じがたい。
時間がたっても信じがたい。
両者は、つまり、PTAと学校とは「だらしない関係にあります」といった感じの言い回しのほうが信頼に値する。
「つかずはなれずのいかがわしい関係にあります」も信頼に値する。
だらしなさやいかがわしさを重んじる人たちがPTAにも学校にも多いからだ 。
きちんとすることをいさぎよしとしない人たちだ。
とはいえ、そういう人たちは「PTAのだらしなさいかがわしさ」と「学校のだらしなさいかがわしさ」を指摘して批難して「なんとかしなさい」「なんとかしましょう」と言う人たちの中にも少なくない。
・きちんとしたくない
・はっきりさせたくない
・うやむやのままでほったらかしにしておきたい
そのような「文化っぽい態度」と呼べるものが、PTAと学校のだらしなくいかがわしい関係にはあるし、だらしなくいかがわしい関係をよしとする側にもあるし、だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰り改めようとする側にもある。
そこがおもしろいのだ、私には。
ゆえにおもしろく観察している。
観察しながら「だらしなくいかがわしい関係に異を唱え非を鳴らして詰りつづける人たち」を応援したく思う。
「だらしなくいかがわしい関係を改めようとする人たち」に対しては今のところ是々非々でいたい。
あ、是々非々というのも「文化っぽい態度」と呼べるものなのかもしれない。
「科学っぽい態度」と呼ぶほうがいいような気もするけれど。

私には「文句を言わないで代案を出しなさい」と言う人間をひとまず蔑む癖がある。
恋の道ではありえない言葉だから。
「アンタが嫌い!」と言われて「じゃあ誰が好きなの?」と言い返す人間は恋の道から外れている。
ゆえに代案主義者を蔑む、ひとまず。
異を唱え非を鳴らし詰る、それで必要十分だと思う。
文句を言うだけで必要十分だと思う。
cf.――↓
大人たちがみんな常に"モノ言える人 "でいないと、今の子供たちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。
*********************************************************************

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

左右どちらから読んでもフールプルーフ

*******************************************
利用者が操作や取り扱い方を誤っても危険が生じない、
あるいは、そもそも誤った操作や危険な使い方ができない
ような構造や仕掛けを設計段階で組み込むこと。
また、そのような仕組みや構造。
*******************************************
see⇒

・・・ぷ~た(和風PTA)は文部省(今の文部科学省)が設計段階でしくじったのではないか。

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(007)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(006)

PageTop

日本ぷ~た全協創立七十周年記念メモ(005)

PageTop

植民地状態


cf.――

PageTop

均質性と排他性による支配

『深尾って実に面白い!』と思う。

*********************************************************
均質な空間では、「異なるもの」は敏感に排除される傾向がある。
話題に乗れなかったり関心がないことを示すと、たちまち空気が凍りつく。
タガメ女は夫や子供だけでなく、周囲にいる自分と同様の存在にもタガをはめ、その均質性と排他性で支配しようとする。
まさに「タガメの共食い」状態である。
*********************************************************
see⇒タガメの共食いが作り出す「ママ友社会の闇」

cf.――タガメとカエルの男女関係学

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(44)

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェントbest3

(17)
(20)
(40)

・・・以上、本日のネットの傾向。

PageTop

PTAフェイクニュース(006):名称変更

**********************************************
日本全国のPTAとかでは、次から次へと名称を変更する動きが進んでいる。
変更理由は「PTA、という悪名高き名称だと、もうもたないから」というものが圧倒的に多い。

「形だけでも民主的に変更したい」と、ある公立小学校のPTAとかでは「どんな名称に変更すればいいと思いますか?」と問うアンケート調査を行った。
自由記述の回答で断トツ多かったのがPTSD
このPTAとかの広報委員会は急ぎ「アンケート調査結果速報」の原稿を作成して教頭に見せた。
教頭は「デリケートな速報なので校長の判断を仰ぎます」と言った。
数日後、教頭が広報委員会の委員長に「校長が急性緘黙症になったので、判断保留です。すみません。あしからず」とスマナイナオル口調で伝えた。

また数日後、このPTAとかの広報紙の最新号が配布された。
一面トップの記事の見出しは「子どもたちがこんなに喜んでいます」だった。
記事の最初の2文は以下。

・毎週おこなわれる朝礼から、恒例の『校長先生のおはなし』が無くなりました。
・教頭先生のおはなし、もありません。

なお、この号を含む今年度の広報紙全3号を添えて、この小学校のPTAとかは来年度の≪全国PTA広報紙コンクール≫とかにエントリーする予定だという。

続報や関連情報が入り次第お伝えしたい。
**********************************************

PageTop

閃き検索(1282)

有料PTA表彰

私は月々の会費をキャッシュで徴収する自称PTAは間違っていると思う。
会費は最多でも0円(つまり只)であってほしい。
「入会してくれたら月々1000円さしあげます」という自称PTAは間違っていない。
そういう自称PTAなら正しい。
私は正しい自称PTAの会員になりたい。
入会したい。
間違っているのには入会したくない。

PageTop

センシティブな内容が含まれている可能性

**********************************
入退室自由なので気楽にお越しください。
**********************************
see⇒

PageTop

超激震

PageTop

ぷ~た資料1059-43:tweetの花束(43)

危機一髪のタイミングで成された絶妙な文字起しbyアイユヅキ☞

PageTop

小学校の登校班名簿のこと

名簿完成の最終責任を学校長が持つことにする。
1)「子供会」とか(児童)と「子供会の育成会」とか(成人)とで1次案を作る
2)1次案を「PTA」とかの「地区担当者/校外指導委員」とかで検討して2次案を作る
3)安全教育担当とかの学校教員が2次案を厳密にチェックして最終案を作る
4)教頭と学校長が「最終案」と「全児童の名簿」とを突き合わせ、読み合わせして遺漏のない決定版を作る
5)学校長は「登校班名簿の決定版」の表紙の最終責任者欄を「完成年月日」「署名」「捺印」で埋めて完成物とする
6)「授業/学校行事」として実施する「交通安全指導」とかは必ず「登校班名簿の決定版の完成物」に基づく
7)児童の卒業・入学・転出入に伴う「登校班名簿の決定版の完成物」の速やかな変更も学校長がそのつど即効の最終責任を持つ

・・・てぇのが脳裏に浮かんだ。
だって学校長が「登校は登校班で!」と決めたんだから、学校長たるもの、テメエの○○はテメエで拭くのが筋ってもんだもん。
でしょ? ちがう? …ちがうかもしんないけど、以上。

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(37)

ジョニーをさがせ!☞☞☞みんなのコミペ西濃版plus@komipe18

つづきを表示

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(36)

リンチの始まり[3]

つづきを表示

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(35)

リンチの始まり[2]

つづきを表示

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(34)

リンチの始まり[1]

註:「T1」「T2」のアルファベ「T」は普通名詞「退会者(Taikaisha)」の「退(Tai)」のイニシャルで、その他のアルファベ「W」「K」等は苗字のイニシャルである。ただし「Q1」「Q2」の「Q」は英語の動詞「quake(クウェイク/ゆれる)」のイニシャル大文字化。

つづきを表示

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(33)

英語に翻訳して世界中にアピールするため【某重大リンチ事件】の経緯を整理することにした。
まず、英文に翻訳しやすい形に原資料の和文を和訳し、和文和訳は3つの章に分ける段取りが立った。
章タイトルはこの3つ。
【リンチの兆し】【リンチの始まり】【リンチの成りゆき】
リリースは【…始まり】→【…兆し】→【…成りゆき】の順番で行なう予定。

cf.――原資料

PageTop

閃き検索(1270)

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(29)

私は、この3年ほど続いている「青墓小学校の登校班の出来事」をリンチ事件だと見なす。
リンチの実行者はPTA系の私的組織関係者。
リンチの傍観者は公立小学校系の公的組織関係者。
私的組織関係者も公的組織関係者も極悪人だと思う。
***************************************
岐阜大学の教育学部の卒業生連中が学校長だったり教頭だったり指導主事だったり参事だったりするところに「差別傍観システムの根源」があると睨んでいます、私は。
***************************************
see⇒

PageTop

「でしょ? 違う? 違うかもしんないけど・・・」

喧嘩腰&及び腰&図々しさブレンド驀進話法。
ぷ~た資料920-02:Jのコメント(02)

PageTop

ぷ~た資料1059-41:tweetの花束(41)

***************************
会長の立候補がいない場合は?
と質問を受けましたが、
その場合は当然に空席です。
と回答。
***************************
see⇒

PageTop

門真5中メモ(03)

以下はの主要部分の文字データ。
ただし、文体はプチ変えた。なお〔 〕内は補記byFJN。

つづきを表示

PageTop

指さし確認

その1☞
その2☞
その3☞

PageTop

閃き検索(1259)

PageTop

閃き検索(1254)

PageTop

ぷ~た資料2018-031:PTA単体経験者

PageTop

大垣市制百周年記念イヴェント(24)

以下、いわゆる≪まるおリポートon20180919Wabout20180914F≫。
出典/コピペ元☛
************************************************************
2018年09月19日(水)

青墓小登校班追放問題、無事解決の方向に大きく舵が切られることにより、まずはほっとしております。
地域の方々を含む関係者の皆さんにも改めてお礼申し上げたいと思います。
14日の話し合いの後、すぐにうれしいご報告ができなかったのは、こちら側の疑心暗鬼もありました。が、それも昨日、一応解決
考えるさんの昨日のうれしいご報告になったのでした。
私も現地に出向き、各方面の方々のお話を伺うことができ、また意見交換をすることができ、大変貴重な体験ができました。
考えるさんにはその時初めてお目にかかったのですが、情報源の問題か、どこかにクレーマー的あるいはモンペ的な側面がある→
のではないかと、無意識的に身構えていたところもあったのですが(汗)、もう断言いたしますが、100%そんな要素は見当たりませんでした。
クレーマーのクの字、モンペのモの字も感じられなかった。
「言うべきことは普通に言う」という、いい意味で普通のやさしいお母さんでした。
そして、寡黙だけれどがっしりとしてとても穏やかなご主人と、お子さんにもお会いできたのですが、えっとびっくりするくらいまっすぐにやさしく育っておられるなと感じました(たまたま二男さんには会えませんでした)。
こんなご家族がこの3年余り遭ってきた理不尽に改めて思いを馳せると同時に、→
こんなご家族であればこそ、この3年間を乗り越えられたのだとも感じさせられました。
この青墓小登校班追放問題に関しては、すでに私の見解をツイートで縷々述べて参りました。8月末というか9月頭に確定的なことを述べられるのは9月下旬になると思うと言いながら、その後もずいぶん断定的な言い方を
してきました。これは、私なりにいろいろな方面から情報を集めた結果であったわけですが、今回、改めて現地に赴きいろいろな方々のお話を伺い、これまで述べてきたことをその骨子において何ら変更する必要がないと判断でき、ほっとしております。
もちろん、表現の不躾な部分は反省したく思います。
今後、把握できていなかった情報などが出現する可能性がまったくゼロとは言えないでしょう。そのような判断材料が出できたときはこれまでの見解を修正するかもしれませんが、今後変更する必要はないだろうと考えています。連続ツイートを当方の現時点の確定的な見解としてお読みいただければと思います
事態がなぜ好転したかとのお問い合わせがありました。
これに関して当日の話し合いの様子は伏せるように教委から話があったとのコメントが考えるさんからあったと思いますが、これは私から考えるさんへの伝え方が悪かったです。教委担当者はそのようなことは言っていません。そこはとてもフェアです。
なぜ好転したか。一言で言うのは難しいですが、思いつくままに並べますと、「大人の事情」(PTAや育成会活動についての考え方の違い)を子どもの世界に及ぼすのはよくないよ、という気持ちが出席者のほぼ全員から口々に出て、とても印象に残っています。この「良識」が目覚めたことが主因かなと。
話し合い当日は、一方で、PTA・育成会活動に戻るべきではプレッシャーも相当かかったと私は理解していますが、それに対しては、考えるさん側は決して妥協しなかった。一方、地域の方々はそれでもその「良識」を持ちづづけてくれた。
この「良識」の出現と言うか復活の流れに対して、私の動きが多少役に立ったのであればこんなうれしいことはありません。
そして、関係者と直にお話もさせていただいて感じたのは、SNSをはじめとする「世論」の力ですね。大塚さんのちょうど良いタイミングで出た記事も明らかに影響を与えていました
また、これまでこの問題を取り上げたことのないメディアの取材が入るかもという「情勢」になったことも、私の肌感覚としては関係したかもしれないなと思っています。
そのような諸々の流れの中で、子ども第一との「良識」をもって率直に話し合おうという流れが醸成されたということになるかと思います。
限られた時間とスケジュールの中、地域の方を含めた関係者の方々が、このような「方針」を持ってくださり、実際の調整を行っていただいたこと、ひたすら感謝です。
ということで、これまである意味、分断されてきた地域の子どもたちは、全員仲良く集団登下校ができるようになったと。
このせっかくできあがった形を、まさに大人の事情で再び壊すことは絶対あってはならないことと思っていますし、これは考えるさんを含む、全関係者の思いと言っていいと思います。
そのような立場に立つとき、「もう解決したのだからまた過去を掘り返して事を荒立てるのはよくない」との立場もありうると思います。
そこは私もよーく分かりつつ、でも、今回起こってしまったことには、「冷静な総括」が必要だと考えます。
今後、このような理不尽な悲劇を二度と起こさないためにも。
考えるさんには、今、本当にホッとされ関係者に感謝の気持ちで一杯になると同時に、これまでのあまりの理不尽について「どうしてこんなことになってしまったのですか?(怒)」と大声で叫びたいお気持ちがあると思います。
そこは、ぜひ冷静に整理できればと思いますし、そのお手伝いもしたく思います
今までもご尽力いただき、特にこの間は本当にお世話になった学校関係者の皆様にこのようなことを申し上げるのは大変心苦しいのですが、これまで縷々申し述べてきた学校・教委の責任は極めて重いと考えています。
その辺りについて、考えるさんと学校側双方が冷静に振り返ることができれば最高だなと。
昨日は考えるさんのうれしいご報告を読ませていただき、感動していました。同時に、考えるさんやその他の方から過分のお褒めの言葉をいただき大恐縮ですが、おめでたい日ですから素直に頂戴し、今後の目標にしたいと思います。
ありがとうございました。
先ほど「良識」と言ったのは「子を思う親の心」「子を思う親としての連帯意識」と言った方がいいかもしれません。確かに、あの場はある面シビアな場でもありましたが、そういう優しいなにかが場全体を覆っていてくれていたなあと。
そんな原点に立ち返る大切さを感じさせてくれた大垣行でありました。
「その場全体を覆ってくれている子どもを思う優しいなにか」と述べましたが、それには同席してくださっていた校長先生、教頭先生の存在もでかかったなと今思い至りました。
その面でも、両先生には改めて感謝申し上げたく存じます。
@Ye5k2PEVic7TaRK ま、ここは穏便にという気持ちもあるのですが・・、考えるさんのお怒りや悲しみもごもっともですね。
仮に考えるさんのような方を「モンペ」「クレーマー」と言うなら、学校やPTAに率直に物申す人や、PTAなどを辞める人入らない人は、みんな「モンペ」「クレーマー」になってしまいますね。
@Ye5k2PEVic7TaRK 念のために申し添えますと、関係者が考えるさんのことを「モンペ」とか「クレーマー」であると発言したことはありません。
@sevenorg PTA等が地域の中の実態としては完全な「互助会」になっており、退会をした考えるさんは「果たすべき義務を果たさぬ不届き者」との思いが地域を覆い、学校関係者もその動きを止めようとしたものの、どこか同調してしまっていたということではないかと考えます。
@sevenorg で、「良識」を復活させるため、私がとった(とることができた)のは、今のままでは学校の責任が社会的に追及されることになるのではないですかということを強調することでした。
もっといい持って行きかたはあったのかもしれませんが…。
@sevenorg ですか・・ 汗
@sevenorg それこそいろいろな方のご尽力により一回の話し合いで今回の結論が出たわけですが、実は一度の話し合いでは決着しないだろうなと覚悟していました。
ただ、とにもかくにも一度関係者が顔を合わせ話し合うことは必要と思いましたし、私も地域の方の声にも耳を傾けたかったというのがあります。
************************************************************

PageTop