とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

橋本砲

以下、単行本p.83から。
******************************************************************
「初めに結論ありき」であることが当たり前になっていると、
「その〝結論〟ってなんだろう?」と推測して当てることが「考えること」になってしまう。
「誰かが結論を考えるんだから、自分は考えなくてもいいんだ」ということになって、
黙ったまま、「出てくる結論」を、出て来る前からプッシュする態勢を作るようなことになってしまう。
「初めに結論ありきなんだからなにを言ってもだめだ」ではありますが、言わないと
「初めに結論ありき主義者」はなにも反省しなくなる――ただでさえしないものだけれど。
******************************************************************
see⇒バカになったか、日本人≫(単行本2014,文庫本2017)

スポンサーサイト

PageTop

小池百合子とリベラル

see⇒
cf.01――リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください 井上達夫の法哲学入門≫(2015)

・・・コイケはアベより日本語も英語もデキる。その1点でコイケを買う。
アベが「云々」を「デンデン」と読んだのはポリティカルハラスメントだったし。
cf.02――総選挙 安倍レジームを一掃しろ!

cf.03――

PageTop

≪PTAを活性化するための調査報告書≫(2010)

つづきを表示

PageTop

チベットのことわざ

お腹のなかで火が燃えていても、口から煙を出してはならない

see⇒

・・・「口から出すときは炎にして出せ!」という意味かもしれない。

PageTop

增田熊六の翻訳

≪獨逸軍馬補充事務及軍馬育成法≫
<偕行社記事>#306(1903年01月)pp.29-46

cf.――http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3544398

PageTop

增田熊六の寄稿

≪伊太利の國民性及び軍隊≫
<欧州戦争実記>#30(1905,博文館)pp.65-71

cf.――http://www.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1557667

PageTop

增田熊六の住所

「東京府豐多磨郡澁谷町上澁谷四番地」と日本海事仲裁判決例≫(1925) のp.294に書かれている。
なお、增田熊六の氏名が官報. 1897年06月29日官報. 1891年03月24日に載っている。

つづきを表示

PageTop

好タイトル

PageTop

「コイツは猿か、バカなのか。」と問い…

…「オレも猿だ、バカなんだ。」と応える。
栗原の文章はポエティックでバスドラ(≒大太鼓)の響きが聞こえる。
実に好い。
メロディアスでないところも好い。
実に好い。
see⇒踊れ、あばれろ、汗ダラッダラ

・・・あたらしい無職≫(2017)が読みたくなっちまった。

PageTop

ぷ~たの常識

エントリ≪PTAの常識36の補遺。
「常識1」から「常識36」を以下に列挙する(誤打鍵の責任はFJNにある)。

つづきを表示

PageTop

PTAの常識36

ある日うっかりPTA≫(2017)を一読した。
好著。
「PTAの常識」と銘打たれて「その1」から「その36」までが載っている。
面白い。
とりわけp.155の、PTA関係者ならワープロソフトの機械的変換で頻繁に見るだろう「その34」が面白い。
************************************************
「周年行事」は「執念行事」である(PTAの常識 その34)。
************************************************

・・・私がPTA関係者の頃にワープロソフトの機械的変換でしょっちゅう重宝したのは「どうしましょう?」と入力したつもりの時だった。
必ず「同志魔性?」と変換された。
その都度ゾクゾクした。

PageTop

日本のPTA史の一級資料

PageTop

世界を変えるのは、

**************************************************
世界を変えるのは、女性と「女性のように考える」男性である
**************************************************
see⇒女神的リーダーシップ≫(2013)
cf.――

PageTop

それがPTAでなければならない理由はない

***********************************************
私はPTAを変える第一歩は,なりたくないものにはなりたくないと言う権利を行使することであり,あえて不在の役職を作ることにより組織に穴をあけてゆき,組織を維持するための組織を揺るがせることができるだろうと考えるようになった。
保護者の必要に応じた組織は,柔軟に作られていいが,それがPTAでなければならない理由はない。
また,したい活動があるなら奉仕ではなく,直接行うべきである。
************************************************

・・・論文≪国家の装置としてのPTA≫で読んだこの文章を再び近々PTAという国家装置≫(20170426)で読める予感がするのは今日の私の至福の1つだ。

cf.――ぷ~た資料134-01:This is Japanese PTA(1)

PageTop

≪ある日うっかりPTA≫

PageTop

脱出の自由

上下2巻の文庫本「萬世一系」の研究≫(2017)を読みはじめた。
面白い。
下巻の島薗の解説が好い。
(上巻の長谷川の解説は未読)。
上巻p.12の「脱出の自由」が出てくる段落を読んで私は爆笑した。
『そうか、権利に「じゆう/自由」とルビをふっていいし、自由に「けんり/権利」とルビをふっていいんだ。そりゃそうだよな』と納得した。
そのようなことはその段落に書かれていない。
が、おのずとそう納得できるように書かれている。
面白いことこのうえない。
奥平には達意の文筆力がある、と思う。

cf.――脱出の自由 right to exit】で検索

PageTop

閃き検索(1066)

PageTop

桃華と隣よ(31)

PTAの紹介で知り合った】で検索
・・・たしかに「PTA」には出会い系サイト機能や人材斡旋機能がある。

PageTop

この本は売れる

see⇒
・・・したがって古書店には買いたたかれそう。

cf.――

PageTop

天皇系とPTA(4)

1954(昭和29)年8月7日(土)、洞爺丸が津軽海峡をわたって夕方に函館港着、以後23日(月)まで天皇と皇后が北海道内を所々巡幸した。象徴天皇がやって来る≫(1988)p.89-p.91によると、北海道新聞が同年同月3日(火)付朝刊第8面に【国民と親しい接触を】と題する談話記事を載せた。談話者は札幌市小学校連合PTA副会長、42歳。
以下、同書p.90の2行目からp.91の3行目までに基づき、談話記事を再現する。

つづきを表示

PageTop

天皇系とPTA(2)

ぷ~た(和風PTA)が周年記念誌を改元時に発行する際の一文例。

新元号年に出版された記念誌≪きずな≫(19890325発行)総目次の冒頭4行を転記する。
**********************
○扉、さし絵、PTAの歌、グラビアにみる都中Pの歩み
○昭和天皇崩御を悼み「平成」の新年号に寄せて
○総目次
○"きずな"発刊に寄せて、「絆」その書名について
**********************
ちなみに≪きずな≫のサブタイトルは「東京都公立中学校PTA40年の歩み」である。
  see⇒国会図書館サイト≪きずな : 東京都公立中学校PTA40年の歩み≫(1989)
さて、以下が【昭和天皇崩御を悼み「平成」の新年号に寄せて】の本文全文。

つづきを表示

PageTop

ぷ~た(和風PTA)の強制力

いわゆる「日P」とかのサイト で【(27) 26年度-教育に関する保護者の意識調査】というのを見た。
p.1にこう書かれていた。
*****************************************
「教育に関する保護者の意識調査」結果の解説と感想
                      文教大学教授 松田素行
1 はじめに
(1)PTAという組織
 PTA(Parent-Teacher Association)とは、その名のとおりParent(親)とTeacher(教師)で構成されるAssociation(会)のことです。Associationは、つながる(associate)意味であり、一般に共通の目的で任意に組織された団体や会を表すことが多いことから、その活動に賛同する会員で構成されるのが原義に基づく姿であるといえます。全国の多くの小・中・高等学校で組織されているPTAにおいても、親・保護者と教師が協力して家庭、学校、社会における児童生徒の幸福な成長を図ることを目的として、それに賛同する多くのPとTによって活動が行われています。
 またPTAへの加入の任意性に対して、「父母と教師の会」と称してある程度の強制力を持たせたり、「○○会」などの呼称で逆に一層任意性を強めたりして、学校を核として子育てを推進しようとする各学校固有の組織もあります。さらに近年では、当該組織の社会教育的な意義を前面に出し、構成員を保護者と教師とだけに限らず学校職員(Staff)や地域社会(Community)に拡大し、一体となって学び合い、その成果を児童生徒に還元しようとする“PTSA”や“PTCA”と呼称する組織も現れています。とりわけ、学校支援や学び合いなどと、設置の目的をいっそう明確にして、目的に適った固有の取組を推進しようとするところが多くなってきているようです。
*****************************************
・・・『大学教授というのは凄い! ぷ~たの【違法性】【詐欺性】【欺瞞性】【不潔さ愛好性】を実に見事に表現している!! この凄くて見事な箇所を太く大文字にしなければ大学教授に申し訳ない!!!』と思った。
それで太く大文字にした。

PageTop

世界のどこにも類を見ない【日本のPTA】

国立国会図書館にPTA年鑑:総集版≫(1972,PTA年鑑編集委員会編,PTA新聞社≫がある。

以下、その冒頭の「刊行のことば」全文。
*******************************************
刊行のことば
 日本にPTAという言葉が入ってきたのは、昭和21年3月、アメリカ教育使節団が来日して、教育の民主化を勧告したときです。以来その言葉は日本語として着実に定着し、その団体は日本じゅう、どこの町や村にもあります。そして、子どものしあわせという純粋素朴なヒューマニズムの一点で結ばれ、活動をつづけてきましたがやがて単純素朴な「子どものしあわせのため」主義ばかりでなく、本当の子どものしあわせのためには、良い親、良い教師になることだと気づいて以来、そのための学習団体となって、PTAは日本の成人教育に大きな功績をしるしております。
 アメリカ教育使節団の勧告に端を発しながら、世界のどこにも類を見ない「親と教師の学習団体」という独自な歩みを開始した日本のPTAには、今日大きな課題が山積しています。子どもの幸福を広い視野で守り育てるために、親と教師が何をともに学び合うのか。
 家庭がその本来の教育機能を低下させ、社会の変化はとみに激しくなり、環境はいよいよ複雑になってきています。そうしたなかで、家庭はなにをなすべきか、学校はなにをなすべきか、家庭と学校はどこでどう手をつないで、その複雑怪奇な現代社会に立ち向っていくか。
 PTA新聞社はここに想いを至し、「PTA年鑑」刊行に踏みきることになりました。このささやかな事業がPTA活動の実際に資するとともに、その歴史を築き、日本の教育にいささかなりと寄与できればこれにまさる喜びはありません。
                        PTA新聞社
*******************************************

cf.――ぷ~た資料415-01:保護者とPTA会員の区別(1)

PageTop

くるくるまわる 重版出来 るわまるくるく

PageTop

!!!重版出来!!!

tweet記事からコピペ。
***********************************
川端裕人さんの、『PTA再活用論―悩ましき現実を超えて』が重版になりました!
今読んでも、大抵のPTA問題がこの一冊に網羅されていることに驚きます。
***********************************
see⇒☆☆☆☆☆

PageTop

最も純粋な人の言葉

1990年6月18日第1刷発行の岩波文庫エックハルト説教集笠原芳光参照)が同年7月18日付毎日新聞夕刊連載コラム<原点>に【自由な人間】と題する600字ほどの小文を書いて紹介した。
ひとりの娘と話したエックハルトの感想は「いままで出会った人のなかで最も純粋な人の言葉を聞いた思いがする」とコラムに書かれている。
文庫p.259-p.260の『マイスター・エックハルトと交わした、善き修道女の善き会話』にある感想だ。
ただし文庫からの正確な引用ではない。
p.260ラスト2行の印刷はこう。
*******************************************
「わたしは、これまでに出会うことのできた人のうちで最も純粋な人の言葉を聞いたような思いがする。」
*******************************************

PageTop

「PTA死ね!!!」の系譜――03

吉本隆明全集12[1971‐1974]p.431から。
****************************************
そんなこと、どうでもいいから、死ね。
この頓馬たちにいいたいのは、ほんとうをいえばそれだけだ。
いやそれも、ほんとうはいいたいわけではない。
わたしは、退路がなくなるように、かれらを追いつめるのは好きではない。
****************************************
初出は1973年6月1日<試行>第38号。

PageTop

「PTA死ね!!!」の系譜――02

吉本隆明全集12[1971‐1974]p.407から。
*********************************************
まだ居やがった。
死ね。
お前たちは、淀川長治以下なのだ。
淀川長治には、映画やテレビが好きで好きでたまらないものの良さがある。
お前たちには、映画やテレビが好きで好きでたまらないものの良さもなければ、〈革命〉者の厚みもない。
あるのは駄ぼらだけだ。
お前たちの駄ぼらの構造は単純だ。
主体性唯物論者が、じぶんの実感や現実体験を理論のなかに流入させるところから始めるのに、
おまえたちは、世界図式から始めて、差別、被差別、窮民、非窮民、帝国主義、植民地で世界図式を二色にわけているだけだ。
もちろん、お前たち自身は、はじめから〈亡霊〉だから、この図式のどこにも入らない。
つまり、デザイナー気取で製図板に向っているつもりになっている。
〈亡霊〉のくせに、飯を喰って、おまけに、やくざ映画など、抜目なく観てやがるのだ。
もう一度云う。
死ね。
*********************************************
初出は1972年11月5日<試行>第37号。

PageTop

「PTA死ね!!!」の系譜――01

1966年に筒井康隆が短篇≪くたばれPTA≫を発表。
cf.01――
cf.02――著者サイン入り文庫本フォトグラフ

PageTop

どう参加するか?!

児童心理2016年4月号臨時増刊に、
   PTAにどう参加するか――役員の引き受け方など/嶋田晶子
という記事がある。
私は未見。
・・・『どうして参加させたがるのか』と思う。

PageTop