とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

日本PTA事案(22)

英語版パンフレット(参照)に【School-level PTA】という英語がある。
日本語に訳すと何なんだろう?
あと・・・日本語版パンフレットって無いの?

スポンサーサイト

PageTop

日本PTA事案(21)

1967年の指摘。
************************************************
日本PTA全国協議会が眠れる豚ではなく、目覚めたる獅子としての奮起を望むものである。
************************************************
see⇒
・・・豚だろうが獅子だろうが「目覚めて奮起しろ」と叱咤激励している感じ。
あの組織はJC系執行部メンバーのIQやEQを巧くコントロールする事務局長がいないとつまらない。
昨今のMEXT枠の事務局長はPTA現場で培われる教養があまりにも不足していてツマラン感が否めない。
cf.――伝説のオツボネ様

PageTop

日本初

日本初の「日本初のPTAブロガーです」とかゆー輩☛

PageTop

羽村市のPTAは皆チキンなのか?

USA軍と防衛省と市役所に言葉の手榴弾を投げつけろよ!
民主化されたPTAならキチンとしろ!

cf.01――東京・羽村の中学校に米軍パラシュート=訓練中落下、けが人なし-防衛省

cf.02――↓ぷ~た資料956:PTA発足の一例
***************************************************************
産みの苦しみをとおして、
近寄りがたかった学校が、特に母親の手のとどく存在として実感されはじめました。
そして、在来の村の有力者が、次々とこの組織運営にたずさわることになって、
民主化はいっそう促進され、村民の精神的支柱もだんだんと確立されていきました。
***************************************************************

つづきを表示

PageTop

桃華と隣よ(118)

PageTop

閃き検索(1144)

PageTop

ヌスットとポリース(02)

cf.――ヌスットとポリース(01)

2017(平成29)年8月22日(火)に第1回安城市教育振興基本計画策定委員会が開かれた。
その議事録から抜粋する。
*****◆A◆********************************************************************
自由と権利が主張される一方で、責任と義務が非常にあいまいであると感じる。
それは学校に限らず、部活や社会・会社に至るまで同様で、最近それを痛烈に感じる。
義務教育であるのならば、義務を負う中で自由と権利を主張すれば良いと思うが、義務から逸脱して自由や権利を主張していることが気になる。
教育の中で義務というものを前提としていないと、協調性が育たない。
自由と権利が横行しているので、その現状をわかりやすく調べてほしい。
*************************************************************************
see⇒(PDFファイル)

この発言について、ヌスットかポリースか私には判らない。

ちなみに発言者の肩書は「安城市PTA連絡協議会代表」と議事録に明記されている。
その肩書を見終えた段階で私はサイト<安城市小中学校PTA連絡協議会>の【基本情報】を見た。
こうある。
*****◆B◆*****************************************
代表者
氏名―――――――市P連 会長
氏名 ふりがな――しぴーれん かいちょう
**********************************************
see⇒

氏が「市P連/しぴーれん」で名が「会長/かいちょう」と読解できる。

この氏名についても、ヌスットかポリースか私には判らない。

ただし、以上の2例すなわちAとBから判ることはある。
「自由・権利・責任・義務」の観点からして、
AがヌスットならばBはポリースであり、
AがポリースならばBはヌスットである。
このことだけは非常に痛烈に判る。
しかし全く気にならない。
なぜならば、和風PTA(=ぷ~た)の特色は、単体であれ連合体であれ、同じ一者にヌスット(悪いもの系/やな感じ系/誤解系)とポリース(善いもの系/いい感じ系/正解系)が共存することだからである。

なお、私は【安城市PTA連絡協議会】と【安城市小中学校PTA連絡協議会】とは『どーせおなじもんなんだろーなー』と思っている。
が、このことを安城市役所の担当者に確認したくはない。
確認した結果で『安城市役所もヌスットとポリースが共存しているのか?』と思うかもしれないと思うと話がヤヤコシクナルからである。

PageTop

ヌスットとポリース(01)

いみじくも≪ぷ~た川柳740:PTA夜ヌスットが昼ポリスが示唆したように和風PTA(=ぷ~た)は、単体であれ連合体であれ、同じ一者にヌスットとポリスが共存する。
ポリスを英語policeの発音に忠実にカタカナで書くとポリースである。
いちおう、
ヌスットは×(悪いもの系/やな感じ系/誤解系)
ポリースは(善いもの系/いい感じ系/正解系)
とする。

さて、読売新聞2017年6月1日(木)朝刊に日本PTA全国協議会専務理事の発言が載った。
************************************************
PTAは任意だ、入退会は自由だと言う前に社会の状況をよく見ていただきたい。
自由ですといったら、負担のないほうを人間は選んでしまう。
ひとり、ふたりは加入しないと言う人もおそらくいるでしょう。それを強制することはできない。その意味では任意です。
************************************************
see⇒

これは恐らくヌスット発言だ。

そして、エントリ日本PTA全国協議会が退会したでメモしたとおり、日本PTA全国協議会は社会教育団体振興協議会を退会している。
これは恐らくポリース行動だ。
将来また入会するかもしれない。
それも恐らくポリース行動だろう。

PageTop

ぷ~た像(04)

☆☆☆

0×100=0

PageTop

逃げるが勝ち

************************************************************
役員をやったことがない人に限って、役員から逃げ回っている印象です。
************************************************************
see⇒

・・・ぷ~た役員経験者って、よく、論理的なセリフを非論理的なコンテクストでおっしゃるんですよね。

PageTop

このPTAがコッピドい!(02)

******************************************************************
ある日偶然、事務スタッフが座る椅子の近くのごみ箱に、コピーに失敗した用紙が何枚か捨てられているのを目にした。
そこには、地元小学校のPTA関係の内容が記載されていた。
その学校のPTAと医院とは何ら関係がないが、事務職員のパートタイマーのB子がPTAの役員を務めていることを院長は知っていた。
そこで、B子が利用したのではないかと思っていたところ、案の定、昼の休憩時間中に、B子がコピー機で大量に無断印刷をしているのを見つけた。
B子は業務と関係がないPTA関係の資料を、会合のたびに大量印刷し、関係者に配布していたようである。
院長がB子を呼び出して注意をしたところ、B子は不服そうな表情で「私用のコピーはみんなやっているから、問題ないと思っていたんです」と反論してきた。
「そういう問題ではなく、今はあなたに注意をしている」と続けると「それなら私だけではなく、みんなにも注意をしてください。私だけ叱られるのは不公平です」と言われてしまった。
院長としては、今後気をつけてくれればよい、という考えで注意をしたのであるが、開き直られ、素直さが感じられない対応をされると、「こんな職員には辞めてもらった方がよいのではないか」と思ってしまった。
とはいえ、B子が戦力になっていることは間違いなく、辞められると業務全体が回らなくなる。
そもそも、この程度の問題で辞めさせるわけにもいかないだろう。
院長はどうしたらよいか思案に暮れている。
********************************************************************
see⇒web検索with【院内でPTA資料を大量印刷した職員の言い分

・・・アンポンタンがPTA役員になりたがるのか、はたまたPTA役員になるとアンポンタンになりがちなのか、といった問題ではない。
PTA役員には圧倒的にアンポンタンが少なくない、という命題である。

cf.01――閃き検索(1108)
cf.02――PTA本部役員・撫狸常子(ブタヌキツネコ)

PageTop

日本PTA事案(18)

PageTop

ぷ~た資料1059-28:tweetの花束(28)

************************************************
免許を持ってる前提なら道理が通るのと同じように、
PTAも入会届を出した上で会員となってるなら、
ごもっともな話。
でも、入会届も整備せず会員にさせた挙句、会費の自動徴収。
一般企業なら詐欺罪で訴えられるレベル。
例え話も良いけど、前提を考えて話さないと説得力はない。
*************************************************
see⇒

・・・うむうむ、ぷ~た礼賛連中に譬喩オンチは多い。
理性に視力も聴力も欠けている感じ。

PageTop

このPTAがコッピドい!(01)

大分県PTA連合会サイトで≪保護者心得六箇条≫ペイジを見た。
一読して即『コッピドい!』と思った。
***************************************************
三、権利ばかり主張せず、保護者としての義務を果たそう。
四、学校や先生の批判を、子どもの前ではしないようにしよう。
五、学校に対しての相談は、まず、担任の先生にしよう。
***************************************************
see⇒

保護者である前に人間だろうさ。
この3つの心得には人間らしさが皆無。
「保護者」とかって人間らしさを放棄しないとならねぇのかよ…アホか?
ぷ~たの愚鈍も極まった感じ。
ゆえに正す。

三、常に「権利を主張する義務」を果たそう。主権者意識を忘れても思い出すようにしよう。
四、学校や教員の批難は相手に応じてしよう。子どもの前で学校や教員を的確に批判して「批判」の手本を示そう。
五、学校についての相談は学校の責任者であるスクールマスター(学校長)に、まずしよう。事と次第によっては教育長や文科大臣に談判しよう。


cf.――このPTAがヒドい!

PageTop

日本PTA事案(14)

パンフレット≪はじめまして PTA≫(全8ペイジ)の第7ペイジの大見出しが「応援メッセージ」で、メッセージが3つ載っている。
3つめのメッセージは「つながりは喜び、そして宝物」。
メッセンジャーの肩書と氏名は「元日本人学校校校長 叶貞夫」。
ぷ~た(和風PTA)の特色の1つは隠蔽と捏造がいいかげんにブレンドしていること、というのをふっと思い出して、ついウェブを【pta 叶貞夫】で検索してみた。
その結果、『なぁんだ、この元校長のメッセンジャーってヴォウタリーなんだ』とわかった。
そして、『ならば、このメーッセージは日本語に訳すと御託宣だろうな』と考えた。
で、人によっては笑いながら怒るかもしれないと思った。

cf.01――はじめまして PTA
cf.02――メッセージ
cf.03――メッセンジャー
cf.04――ヴォウタリー
cf.05――YouTubeプログラム笑いながら怒る人

PageTop

日本PTA事案(13)

パンフレット≪はじめまして PTA≫(全8ペイジ)の第7ペイジの大見出しが「応援メッセージ」で、メッセージが3つ載っている。
2つめのメッセージは「PTA活動で知り合いの輪を広げましょう」。
メッセンジャーの肩書と氏名は「保護者 中村敏徳」。
ぷ~た(和風PTA)の特色の1つは隠蔽と捏造がいいかげんにブレンドしていること、というのをふっと思い出して、ついウェブを【pta 中村敏徳】で検索してみた。
その結果、『なぁんだ、この保護者のメッセンジャーってヴォウタリーなんだ』とわかった。
そして、『ならば、このメーッセージは日本語に訳すと御託宣だろうな』と考えた。
で、人によっては笑いながら怒るかもしれないと思った。

cf.01――はじめまして PTA
cf.02――メッセージ
cf.03――メッセンジャー
cf.04――ヴォウタリー
cf.05――YouTubeプログラム笑いながら怒る人

PageTop

日本PTA事案(12)

パンフレット≪はじめまして PTA≫(全8ペイジ)の第7ペイジの大見出しが「応援メッセージ」で、メッセージが3つ載っている。
1つめのメッセージは「出来ない理由を探さず、出来る工夫を」。
メッセンジャーの肩書と氏名は「保護者 西村澄子」。
ぷ~た(和風PTA)の特色の1つは隠蔽と捏造がいいかげんにブレンドしていること、というのをふっと思い出して、ついウェブを【pta 西村澄子】で検索してみた。
その結果、『なぁんだ、この保護者のメッセンジャーってヴォウタリーなんだ』とわかった。
そして、『ならば、このメーッセージは日本語に訳すと御託宣だろうな』と考えた。
で、人によっては笑いながら怒るかもしれないと思った。

cf.01――はじめまして PTA
cf.02――メッセージ
cf.03――メッセンジャー
cf.04――ヴォウタリー
cf.05――YouTubeプログラム笑いながら怒る人

PageTop

日本PTA事案(11)

を見ると【2016.09.16 351号】【2016.09.16 352号】とある。
つまり、同じ年月日付けで「351号」と「352号」が発行された、ということになっている。

cf.――エントリ≪日本PTA事案≫シリーズ1の目次

PageTop

閃き検索(1128)

PageTop

泰明PTA歴代会長

2011-2016の3人ほどの氏名が読めて当時の電話番号もメアドも読める、そんななんとなくザ・銀座って感じのノリのサイトマップがウェブにある。
インタヴュープログラム約11分もウェブで聴ける。
うむ、なんとなくザ・銀座って感じ。

cf.――

・・・どの御仁がアルマーニ系かは不明。全員がそうでも全く不思議はない。

PageTop

PTA活動は年休扱い

「ある大手企業」を羨む人がいた。
*********************************************
PTA活動で困ることは、職場ではPTA活動は年休扱いなので、年休がほとんどなくなってしまうことです。
ある大手企業では、PTA活動にはボランティア休暇等が取得できると聞いたことがあり、とてもうらやましく思ってます。
*********************************************
see⇒

PageTop

閃き検索(1122)

PageTop

泰明小学校のPTA

***************************************************
「地元の商店街の方々にも課外活動などでお世話になる機会も多いのですが、
 学校側はそこにも気を遣いすぎているようでした。
 例えば春の新任の先生方との交歓会と新年の賀詞交歓会が開かれ、
 地域の商店街の方もお招きするのですが、
 PTAのクラス役員に選ばれた保護者は会費5,500円をその都度、強制徴収されています。
 その費用は主に会の食事代に使われますが、
 平日夕方から始まるため、多くのクラス役員は長居できる時間はなく、
 会食の頃には帰宅しなければなりませんので、
 安くはないお金を払いながら結局食事をする時間はありません。
 毎回食事が大量に余り、結局廃棄されています。
 『今回も沢山食事が余りましたね。
でもあれくらい頼まないと、お客様もいる手前、見栄え的に悪いですから』
 という役員もいます」
*********************************************************
see⇒

PageTop

経済状況と不登校・児童虐待

web検索with【経済状況が厳しい家庭が相対的に増加し、不登校、児童虐待などその対応は今や学校だけでできるものではなくなってきています。

・・・因果関係があるように書かれていると読めてしまうところが超難点。

PageTop

日本PTA全国協議会が退会した

社会教育団体振興協議会を退会した。
2016年以前のことらしい。
社会教育団体振興協議会の人から電話で「老舗メンバーがいなくなりまして…」と聞いた。
ちなみに社会教育団体振興協議会の規約にこうある。
*********************************************************
第6条
本会に入会しようとする団体は所定の申込用紙を提出しなければならない。
本会は委員会の議決により加入を認めるものとする。
加盟団体は30日以前に予告して退会することができる。
*********************************************************
see⇒

入会は承認系で退会は追認系、といった感じ。
退会理由はワタクシ的に不明。
社会教育団体振興協議会の人も電話で「さあ…」と言った。
むろん不明でかまわない。
合意のもとに入会が成立し、一方的通告のもとに退会が成立する。
双方とも一方的に入会拒否できる。
そこがPTAと同じだが和風PTA(ぷ~た)と同じでない、といえよう。

なお、
社会教育団体振興協議会の略称は3文字置きの「社団協」だ、と聞いたことがある。
なおなお、
2015年に日本PTA全国協議会系の組織【広報に関する研究会】と【企画戦略会議】が出来た。
cf.――機関紙<日本PTA>#348(PDFファイル)

つづきを表示

PageTop

PTAは1つだけ?!

学校安心メールの【ご利用実績:▼学校・校区関係】

「人吉市立人吉西小学校PTA」だけ。
「熊本市立託麻西小学校」に【PTA】は付いていない。

cf.――「安心メール」と「テストメール」

PageTop

PTA解散論

自称「日P」のサイトで読める。
************************************************************************************
(3)PTA解散論
PTA廃止論の一つに兵庫県教組によるPTA解散・改組論がある。
昭和44年(1969)10月31日付けの機関誌日本PTAにそれが掲載されているが、これによると、
PTAの現状での問題点として、
・学級での父母と教師の話し合いが実質的になされていない、
・各段階での連合体が文部省・教育委員会と癒着し、教育行政機関化している、
・地域ボス役員がPTAの後援会的性格を温存させ、力を保っている、
・一部ボスや有力者が人事を含め学校の運営に口出し干渉するほか、進学中心の間違った教育要求をしている、
・地域社会の教育環境作りに立ち上がらない、
・父母の教育への願いを政治に反映させる事ができない、
とPTA六つの欠陥として批判し、新たな「父母と教師の会」の設立を訴えている。
また、昭和44年(1969)、鳥取市で開かれた日教組大会でも、PTAの後援会的性格を批判するとともに、PTAの体質改善に乗り出すことを方針として決定している。
************************************************************************************
see⇒http://nippon-pta.or.jp/jigyou/ayumi/rkra7f0000000ghu-att/3-1.pdf

cf.→ぷ~た資料358-03:1967年頃のPTA(3)――六つの欠陥?

PageTop

バイク三ない運動

*************************************************
当時は、
免許を取らない、バイクを買わない、バイクに乗らない、
に加えて、
乗せてもらわない(四ない運動とかいうらしいです。)、
さらには、
バイクのことを考えない、バイクを見ない、
とか、
もうむちゃくちゃなことを本気で言ってる人たちいましたからね。
見るなって言われてもさあ、どうせいっちゅうんだ。
目つぶって道歩くかね。
それは安全なこと、ってなもんでした。
*************************************************
see

つづきを表示

PageTop

ぷ~た資料2017-002:しがらみとからめて

人類一般が共通して普遍的に持つイカガワシサは日本において顕著であり、ぷ~た(和風PTA)において特に露見する。
twitterサイト検索with【PTA 日本会議

**************************************************************
読売新聞宮城県仙台圏版に掲載された意見広告には「自衛隊に感謝する宮城県民有志の会」の団体名が記され、
同会の代表者名と連絡先は、日本会議宮城県本部仙台支部の事務局と一致し、
日本会議の別働隊である「美しい日本の憲法をつくる宮城県民の会」とも重なっていた。
日本会議は安倍首相の改憲路線を後押しする右寄り団体として、近年存在感を増している。
**************************************************************
see⇒

↑の記事を読むと、心ある人は即座に【PTA会長 日本会議宮城県本部仙台支部】とかでウェブ検索するだろう。
私は心ない人ゆえそういうウェブ検索などしない。

PageTop

ぷ~た資料2017-001:お客様意識

******************************************************
マスコミやタレントなどが、
PTA活動は強制でもなく無理にやらなくてもいい。
と言っているところもあるが、
それではますます学校へ子どもを預けているお客様意識が増すのではないか?
また、PTA=保護者 ではなく、「先生と保護者の会」であることを再認識すべき。
そうでないなら、単に保護者会にしてしまうとか!
******************************************************
see⇒

PageTop