とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

桃華と隣よ(62)

アッキー国会証人喚問への道のりモデル。
***********************************
天鈿女命(あめのうずめのみこと)様が招霊(おがたま)の木の枝を手に持ち舞をされ其の回りでほかの神々で騒ぎ立てます。
すると、天岩戸(あまのいわと)の中の天照大御神(あまてらすおおみかみ)様は「太陽の神である自分が隠れて居るから外は真っ暗で、みんな困って居るはずなのに、外ではみんな楽しそうに騒いでいる。これはどうした事か?」と不思議に思われて天岩戸(あまのいわと)の扉を少し開けて外を御覧になられます。
神々は、騒いでいる理由を伝えます。
「あなた様より美しく立派な神がおいでになりました。」「お連れ致します。」と言い鏡で天照大御神(あまてらすおおみかみ)様の顔を写しました。
自分の顔だと分からなかった天照大御神(あまてらすおおみかみ)様は、もう少しよく見てみようと扉を開いて体を乗り出しました。
その時、思兼神(おもいかねのかみ)様が天照大御神(あまてらすおおみかみ)様の手を引き、岩の扉を手力男命(たぢからをのみこと)様が開け放ちまして天照大御神(あまてらすおおみかみ)様に天岩戸(あまのいわと)から出て頂くことが出来ました。
**********************************************************
see⇒">

cf.――桃華と隣よ(61)

スポンサーサイト

PageTop

桃華と隣よ(51)

PageTop

桃華と隣よ(41)

瑞穂の國記念小學院 開校延期 神社は?】で検索

小學院HPにこう明記されている。
***********************************
小學院東正門横に學院内神社が鎮座され、
天照大御神様を中心として、
天神地祇八百万神(あまつかみくにつかみやおよろずのかみ)を
おまつりしています。
************************************

もう神社が出来ているのなら、資格と威力のある神職が正式の儀礼によって神社創建に関与したのだろう。
それを、国に、更地にして返納する場合にも、資格と権威のある神職が正式の儀礼によって神社廃毀に関与しなければならない。
国家神道の時代、日本は占領地に幾つもの神社を創建した。
それらの神社のほとんどは敗戦のドサクサに便乗する形で廃毀儀礼をサボった。
しかし、この小學院の神社は占領地に創建されたのではない。
何かのドサクサに便乗して廃毀儀礼をサボるわけにはいくまい。
然るべき儀礼で廃毀しなければ神罰が下る、と考えるのが随神道(かんながらのみち)の篤信者だろう。
国家神道といえども神道の伝統を無視できるはずがない。
小學院関係者が随神道の篤信者であることに期待したい。
返納される国サイド(財務省?)も、随神道の篤信者の信仰メカニズムを熟知した上で、祟りを恐れるに決まっている。

cf.――小學院サイト記事≪瑞穂神社について

see⇒桃華と隣よ(29)

PageTop

桃華と隣よ(29)

みずほジンジャの完成予想図を見た。
JPGファイル参照
「みずほ」は瑞穂のジャパニーズ系よみ(訓読)で「ジンジャ」は神社のチャイニーズ系よみ(音読)。
やすくにジンジャも同様。
国家神道フェチのナショナリストの課題は中国文化の呪縛から逃れる術を身に着けることかもしれない。

*******************************************
瑞穂の國記念小學院は大阪府豊中市の地に、
ご賛同を賜りました多くの皆様からのご協力ご協賛を頂き、
竣工の運びとなりました。
当學院精神の拠り所として、必然的なる學院神社造営でありましたが、
奇しくも伊勢の神宮と出雲大社とを結ぶ、その線上に在る当地へのご造営となりましたことは、
我が国の根本である「神ながらの道」と当學院との深い繋がりを感ぜざるを得ません。
去る1月17日(阪神大震災の日)私、自らが斎主をつとめ、
当地に於いて瑞穂神社造営清祓式の祭典を執り行い、
神々へ当學院建設のご報告を申し上げ、
我が国の弥栄と子供たちの安寧を祈願致しました。
********************************************
see⇒瑞穂神社について

つづきを表示

PageTop

天皇系とPTA(3)

ご臨席

cf.――

PageTop

天皇系とPTA(1)

PageTop

好ブログ

SG関連について創価教育学会の頃からの歴史を研究しているのだ、何となく、私は。
ゆえにはファンダメンタルで好いブログだと思う。
cf.――ぷ~た川柳185:PTAJCSGRIE

PageTop

閃き検索(1039)――党には天罰を 党には仏罰を

PageTop

閃き検索(954)――gospel of judas

PageTop

特に深刻な問題

以下、日本カトリック司教団の戦後70年メッセージから抜粋(適宜改行byFJN)。
***************************************
   ・・・・・前 略・・・・・
日本の中でとくに深刻な問題は、
沖縄が今なお本土とは比較にならないほど多くの基地を押しつけられているばかりか、
そこに沖縄県民の民意をまったく無視して新基地建設が進められているということです。
ここに表れている軍備優先・人間無視の姿勢は平和を築こうとする努力とは決して相容れません。
   ・・・・・中 略・・・・・
わたしたちは「平和を実現する人は幸い」(マタイ5・9)というイエス・キリストのことばにも励まされます。
戦後70年、第二バチカン公会議閉幕50年にあたり、平和を求め、平和のために働く決意を新たにしましょう。
わたしたち日本のカトリック教会は小さな存在ですが、
諸教派のキリスト者とともに、
諸宗教の信仰者とともに、
さらに全世界の平和を願うすべての人とともに、
平和を実現するために働き続けることを改めて決意します。
   ・・・・・後 略・・・・・
***************************************
see⇒http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/cbcj/150225_wwii70yr.htm

・・・「カトリック/普遍」という言葉に由来するだろう基本的楽観性または控えめな傲慢さが好きなのだ、私は。
おそらく「諸宗教の信仰者」か「全世界の平和を願うすべての人」に私は含まれるのだろう。
それでかまわない、私は(微笑)。

PageTop

閃き検索(885)――中田考

PageTop

閃き検索(773)――霊動弁別

PageTop

宗務行政1世紀

PageTop

閃き検索(732)――予言者 先知

yahoo検索結果
・・・「予言と預言は違う」と言う人に会ったら「そう言う根拠は?」と尋ねてみたい。

PageTop

閃き検索(668)――長崎 生月島 キリシタン 西本

PageTop

閃き検索(646)――天理柔道 中山正善

PageTop

アリストテレスとジーザス

*****◆抜 粋◆******************************************
通常は宗教思想と見なされてはいないアリストテレス哲学における「エネルゲイア」としてのよき生のあり方と、福音書のイエスが語る、「思い煩い」から自由な生のあり方とが、同じ「知恵」を表現していないとは断言できないように、私には思われる。
*******************************************************
cf.――《<わたしの提言>大学生への宗教教育》(2007)

つづきを表示

PageTop

閃き検索(345)――大川 一線を越えた

つづきを表示

PageTop

閃き検索(297)――Xmas X'mas

PageTop

閃き検索(293)――アウグスティヌス 告白 あなた

PageTop

閃き検索(289)――大学 carp

つづきを表示

PageTop

閃き検索(281)――シャカ しょーこー

つづきを表示

PageTop

閃き検索(238)――エイプ フール 万愚節 イースター

つづきを表示

PageTop

神道とは

PageTop

閃き検索(185)――ブッダ 自由 薄情

PageTop

閃き検索(184)――キリスト 自由 含羞

PageTop

オウム真理教メモ(005)――辞典

PageTop

オウム真理教メモ(003)――Wikipedia

PageTop

オウム真理教メモ(001)――030124F世田谷区シンポ

******************************************************
オウム真理教問題シンポジウム報告書
    ~なぜ若者たちはオウムに走ったのか~

2003年(平成15年)1月24日
世田谷区

目    次
◇開催概要
◇講師プロフィール
◇基調講演
 テーマ「科学と教育の果たすべき役割」
  講 師/安斎育郎(立命館大学国際関係学部教授)
 ・基調講演
 ・基調講演レジュメ
◇パネルディスカッション
 テーマ「オウム真理教問題から私たちは何を学ぶのか」
  パネリスト/安斎育郎(立命館大学国際関係学部教授)
         渡辺 学(南山大学総合政策学部教授)
         櫻井義秀(北海道大学大学院文学研究科助教授)
         滝本太郎(弁護士)
  コーディネーター
        /江川紹子(ジャーナリスト)
 ・パネルディスカッション
 ・会場からの質問と回答
◇参加者アンケートの集計結果
******************************************************
see⇒《世田谷区:オウム真理教問題シンポジウム報告書》

PageTop

閃き検索(131)――創価学会 PTA

PageTop