fc2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

善鸞スケッチ――004

《御絵伝勧説》(1880)の記述。
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/820610/32

PageTop

善鸞スケッチ――005

【004】でスケッチした書物の別ヴァージョン。
 《見真大師御絵伝勧説》(1886)
  http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/820494/32

PageTop

善鸞スケッチ――006

《親鸞教の本質》(1923)の記述。
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/969625/139

PageTop

善鸞スケッチ――009

《本願寺第三世覚如上人略伝》(1902)にある如信――善鸞の長男――関連の記述。
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/820197/43

PageTop

馨蘭士/Carus――(5)

プサンが<J.R.A.S. 1908.>のp.886脚註でケイラスに触れている。
**************************************************
Teitaro Suzuki, like his master in philosophy, Dr. Paul Carus, is very hard upon the "Christian critics" of Buddhism(p.18).
**************************************************
see⇒http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35974943.html

PageTop

《庭訓百首》(1909)

PageTop

モモタロウ三昧(05)

PageTop

《戊申詔書を中心としたる講堂訓話》(1909)

PageTop

《少年実業訓》(1911)

PageTop

《通俗講話 浮世の重荷》(1915)

PageTop

《一日一善》(1913)

PageTop

《絵の旅から》(1926)

PageTop

《戊申詔書衍義》(1908)

PageTop

《詔勅集》(1909)

PageTop

《蜘蛛の糸》と《THE SPIDER-WEB》――14

ポール・ケイラスは1906年に【Amitabha a story of Buddhist Theology】という本を出しているらしい。
これは『アミターバ―仏教神学の物語―』と訳せる。
サブタイトルが「仏教○○の物語」というシリーズは3つほど(三部作?)ある模様(微笑)。
cf.01――http://www.sacred-texts.com/bud/ami/index.htm
cf.02――《阿弥陀仏》(1906)

PageTop

<J.R.A.S.1908>――02

本blog過去記事【<J.R.A.S.1908>――01】の続き。
<THE JOURNAL OF THE ROYAL ASIATIC SOCIETY OF GREAT BRITAIN AND IRELAND FOR 1908>の表紙とpp.884‐895の複写をJPEG化した。
【表紙】―<J.R.A.S.1908>1/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35974919.html
【pp.884‐885】―<J.R.A.S.1908>2/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35974934.html
【pp.886‐887】―<J.R.A.S.1908>3/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35974943.html
【pp.888‐889】―<J.R.A.S.1908>4/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35975609.html
【pp.890‐891】―<J.R.A.S.1908>5/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35975623.html
【pp.892‐893】―<J.R.A.S.1908>6/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35975637.html
【pp.894‐895】―<J.R.A.S.1908>7/7―http://blogs.yahoo.co.jp/cgxyw127/35975649.html

PageTop

《天理教教育主義 第1輯》(1914)

PageTop

《ベースボール》(1907)

PageTop

《当世策士伝》(1914)

http://porta.ndl.go.jp/Result/R000000008/I000130343
怪僧/傑僧/豪僧と言われた物騒な仏僧系お坊さん北畠道龍の小伝は↓から。
                  http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933636/162

PageTop

<J.R.A.S.1908>――01

<J.R.A.S.1908>は<THE JOURNAL OF THE ROYAL ASIATIC SOCIETY OF GREAT BRITAIN AND IRELAND FOR 1908>の略称の1つ。私はこの年刊学術誌のp.884-p.895を複写で持っている。p.885-p.895掲載の【書評記事】が読みたかったからだ。
その記事のタイトルは↓(p.885)。
***********************************************
DAISETZ TEITARO SUZUKI. OUTLINES OF MAHAYANA
    BUDDHISM. pp.vii,420. London : Luzac,1907.
***********************************************
(註1――「MAHAYANA」の2番目3番目の「A」は上に長母音マーク「-」が付いている。したがって「マハーヤーナ」と読む)

見開きで見ると左頁(偶数頁)の最上部中央に、
   【NOTICES OF BOOKS.】
とあり、右頁(奇数頁)の最上部中央に、
   【OUTLINES OF MAHAYANA BUDDHISM.】
とある。
(註2――右頁最上部中央の「MAHAYANA」のどの「A」にも上に長母音マーク「-」が付いていない。しかし「マハーヤーナ」と読む)

この【書評記事】の筆者すなわち評者の名は↓(p.894)。
***************************
LOUIS DE LA VALLEE POUSSIN.
***************************
(註3――「VALLEE」の最初の「E」は上に強勢マークが付いている。したがって「ヴァレー」と読む)
cf.01――ウィキペディア【フランス語】
cf.02――ウィキペディア【イギリス語】
cf.03――本blog過去記事:【ド・ラ・ヴァレー=プサン】備忘録

つづきを表示

PageTop

《大乗仏説論批判》(1903)

PageTop

《日本仏家人名辞書》(1903)

PageTop

《出定笑語和解》(1894)

PageTop

《出定後語》(1902)

PageTop

《印度宗教実見記》(1915)

PageTop

《霊智学解説》(1910)

PageTop

《最新日本歴史》(1924)

PageTop

《子だから》(1905)

PageTop

《日本名画鑑》(1898-1900)

PageTop

歌川豊宣

つづきを表示

PageTop