FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

2011年の川越市教委事務局はマトモだった

**************************************************
学童保育の会への入会は義務なのかという御質疑でございますが、
学童保育の会は任意の団体でございますので、
保護者や指導員の自由な意思により入会しているものと考えてございます。
**************************************************
see⇒

cf.――

スポンサーサイト

PageTop

熊本市教職員、不祥事続発

熊本日日新聞20180926W記事。
*************************************
「初心思い出して」 不祥事続発、熊本市教職員へ研修会

写真:教職員不祥事の再発防止に向けた研修で、グループ別に意見交換する参加者=25日、熊本市北区

相次ぐ教職員不祥事を受け、熊本市教委は25日、再発防止に向けた研修を始めた。
市立小中学校などに勤務する全教職員約4400人を対象に、11月末まで順次実施する。
2018年度は、飲酒運転などで政令市移行後最多の5人を懲戒処分。
教職員によるわいせつ事案も相次いでおり、主要テーマを「わいせつ」とした。
初日は同市北区の鹿南中で開き、約100人が参加。
遠藤洋路教育長、県警少年課の辻直樹課長補佐、市教育委員で精神科医の泉薫子さんの3人がビデオでメッセージ。
遠藤教育長は「初心を思い出し、子どもの心を傷つけないで」と訓示。
自らの内面と向き合い、欲求をコントロールするよう促した。
辻課長補佐は、児童を対象とした県内の性犯罪の約7割がインターネットを介している現状を紹介。
泉さんは、性犯罪の一因としてストレスを挙げ、「職場の仲間の小さな変化にも気付いてほしい」と呼び掛けた。
菱形小の大群和明教諭(43)は
「(不祥事の続発は)同業者としてショックを受けている。
罪を犯したらどうなるのか、常に想像力を働かせたい」
と話した。
(臼杵大介)
*************************************
see⇒

PageTop

禁じられた恋

熊本市役所サイト記事から。
**************************************
地方公務員法
(信用失墜行為の禁止)
第33条
職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
***************************************
see⇒

PageTop

閃き検索(1258)

PageTop

OUS獣医学部系メモ(46)

****************************************
「事を前に進めるため勇み足で誤解を招くようなことを申し上げた」と、あくまで幹部の虚偽が招いた誤解とした。
その上で首相との面会について「記憶にないので会っていないと思う」と曖昧に否定した。
県文書にある学園との打ち合わせや柳瀬唯夫元首相秘書官との面会の記述は、首相と加計氏との面会が前提になっており、整合性がとれない。
だが、虚偽報告や職員と秘書官の面会の詳細について聞かれると「分からない」「知らない」を連発。
さらに県文書は「見ていない」。極めて不自然で納得できない。
*****************************************
see⇒社説:加計理事長会見 曖昧な説明では疑念が拭えない≫(2018年10月8日(月),愛媛新聞)

PageTop

OUS獣医学部系メモ(45)

****************************************
7日、ついにまた、#加計孝太郎の記者会見です。
****************************************
see⇒

PageTop

2018与野党激突型オキナワ選挙のリポート

PageTop

ぷ~た資料1059-37:tweetの花束(37)

*****************************
おめでとうございます。
トンデモ(EM菌、親学、等々)の教育現場からの排除、
教員の「働き方改革」推進、
いじめや体罰の撲滅、
PTA活動の適正化
など、ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。
*****************************
see⇒

PageTop

ぷ~た資料2018-034:さいたま市教育委員会事務局に寄せられるPTA関連の苦情

以下、政令市さいたま市の教育委員会の事務局の生涯学習部生涯学習振興課のほうから得られた情報。
***********************************************
01.活動内容についての説明が不十分であり、入会すべきかどうかの判断ができない。
02.PTAは任意団体であることの説明がなく、また、入会の意思も確認されないまま入会させられた。
03.退会したいが、どのように退会すればよいのか方法が分からない。
04.学校がPTAへ個人情報を提供することについて、同意していないにも関わらず、名簿に名前が載っていた。
 ※市教委が学校に確認したところ、適切に処理されていましたが、より一層保護者への周知を徹底する必要があります。
05.給食費とPTA会費が同時に引き落としされている。
06.入会の意思表示をしていないのに、PTA会費が引き落としされている。
07.PTAを退会したいが、子どもにどのような不利益があるのか。
08.PTA主催の催しに、非会員の子どもは参加できなくなるのか。
09.教員がPTAからの手紙などを配っているが、非会員の子供に配らないのは差別ではないか。
10.一人の子どもにつき、1回の役員を引き受けることなど、役員を強制するべきではない。
11.懇談会において、参加者全員に対し、役員を引き受けられない理由を話さなければならないことが苦痛である。
***********************************************
上掲情報の確認先⇒☟
さいたま市教育委員会事務局生涯学習部生涯学習振興課
PTA活動の円滑な実施に向けて担当セクション
でんわ:048-829-1703
FAX:048-829-1990
メール:shogai-gakushu-shinko@city.saitama.lg.jp

cf.――

PageTop

1983年ころのデニー


cf.――

PageTop

ぷ~た資料2018-033:「任意か強制かって、子どもまで言う」

****************************************
◆伊吹達郎 委員  今、PTAだって入らない方がいらっしゃいますしね。それで記念品を渡す、渡さん。PTA会費を払ってない人にも渡すんかという議論までされてますからね。でも、それはお子さんにとっての記念品ということで、全員で渡すべきものやというふうにされますけど、そういう意識は働きますよね。
◆木村辰已 委員  このごろ、そんなもの、任意か強制かって、子どもまで言うさかいによ、ほんまに。
****************************************
see⇒草津市議会20180426Th総務常任委員会の会議録

・・・『ぉおっ、まともな社会になってきたじゃん!』と思う、私は。

PageTop

草津市立草津中学校系サプライズ(3)

草津中学校のPTAの2017年度の総会資料の1ペイジめからの文字データ。
***************************************
<構成>
本学PTAは、草津中学校生徒の保護者、並びに同校に勤務する教職員により構成されています。したがって、保護者の方々はこどもが本学に転・入学すると同時にPTAに入会していただき、転出・卒業と同時に退会となります。
<会費>
本学PTAでは、会員の皆様から月額200円(※年額2,000円)の会費を徴収し、以下に説明します様々なPTAの事業や活動のために使用します。
※ 月額200円×10ヶ月=2000円
<目的>
本学PTAは、保護者と先生が協力しあって「生徒の心身の健全な発育と福祉の向上」を図ることを目的として結成された社会教育関係団体です。その目的は、以下の通り会則に定められています。
1.会員相互の教養を高め、学校教育への理解に努める。
2.家庭と学校間で緊密な連携をとって生徒の指導に努める。
3.学習環境の整備と生徒の生活環境改善、及び福祉向上に努める。
4.その他教育上必要な活動を行う。
***************************************
【典拠不掲】

・・・「社会教育関係団体」を自称する一方で「したがって、保護者の方々はこどもが本学に転・入学すると同時にPTAに入会していただき、転出・卒業と同時に退会」と欺瞞する厚顔無恥な度胸に驚いちゃうよね、ふつう。

PageTop

≪地教行法≫第30条

*******************************************
(教育機関の設置)
第三十条 地方公共団体は、法律で定めるところにより、学校、図書館、博物館、公民館その他の教育機関を設置するほか、条例で、教育に関する専門的、技術的事項の研究又は教育関係職員の研修、保健若しくは福利厚生に関する施設その他の必要な教育機関を設置することができる。
*******************************************
see⇒

cf.01――草津市立教育研究所設置条例
cf.02――草津市立教育研究所規則
cf.03――草津市立教育研究所

PageTop

閃き検索(1251)

PageTop

学校における働き方改革の推進

滋賀県の草津市の場合。
*****************************************
草教委学発第452号
草教委ス発第677号
平成30年3月12日
草津市立小・中学校保護者の皆様
草津市教育委員会教育長 川那邊 正
学校における働き方改革の推進について(通知)
*****************************************
seePDFファイル⇒

PageTop

ぷ~た資料2018-032:単体も連合体も社会教育関係団体

PageTop

PMアベの日朝会談“やるやる詐欺“

***************************************************
Japanese Prime Minister Shinzo Abe has repeatedly expressed his determination
to meet Kim and “break the shell of mutual distrust.”
So far there is nothing on the horizon.
***************************************************
see⇒ワシントンポスト20180923Su

cf.――☟
米紙がチクリと指摘 安倍首相の日朝会談“やるやる詐欺“≫(日刊ゲンダイ20180926W)

PageTop

桃華と隣よ(148)

PageTop

岐阜県教委事務局崩壊進行中

PageTop

桃華と隣よ(147)

PageTop

ぷ~た資料2018-030:さいたま市とPTA制度

ぷ~た(和風PTA)を「学校と保護者が連携する任意団体」と定義している。
首都圏向け今朝のNHKニュース(太字化・パートカラー化etc.byFJN)。
******************************************************
さいたま市 PTAは任意徹底へ
09月22日 06時26分
保護者のPTA活動への加入をめぐるトラブルを防ごうと、さいたま市教委員会は加入は任意であることなどPTA制度についての保護者への説明を徹底するよう教職員に通知することにしています。
小中学校などのPTAは子どもの登下校の安全を守るなど学校と保護者が連携する任意団体で、本来、加入は自由ですが、説明がないまま強制的に役員に選任されたり退会を認めなかったりして自治体に相談や苦情が寄せられるケースが各地で起きているといいます。
さいたま市教育委員会は、こうしたトラブルを防ごうと教職員がPTAの仕組みを理解し保護者に説明するのに役立ててもらう独自のチェックリストを作成し今月下旬に市内すべての小中学校などに通知することになりました。
この中では、PTAへの入会は任意であること、加入していない家庭の子どもが不利益を受けないよう配慮することなどPTA制度について詳しく記されています。
さいたま市教育委員会の細田眞由美教育長は、
「十分な説明がないままPTAに加入してあとから負担に感じることは問題であり
活動の意義などを、丁寧に説明して理解を得たうえで参加を呼びかけたい」
と話しています。
******************************************************
see⇒

つづきを表示

PageTop

「絵に描いたような斡旋利得罪」を検察が不起訴にした

PageTop

善戦でないというのは党員の気持ちとずれている

産經新聞2018.9.21,20:01

・・・麻生って脳髄が冷涼真珠(cool cool pearl)だからなぁ。

PageTop

安倍氏の発言にはあきれた

*****************************************************
安倍氏は、自身の関与が取り沙汰された森友・加計問題について問題をすり替えたり、はぐらかしたりした。
特に民放テレビの報道番組での安倍氏の発言にはあきれた。
司会者が
「学生時代の友達でも金融庁幹部とメガバンクの頭取はゴルフをしてはいけない」
と指摘したことに対し、安倍氏は
「ゴルフに偏見を持っていると思う。
今、オリンピックの種目になっている。
ゴルフが駄目で、テニスはいいのか、将棋はいいのか」
などと反論した。
こんなすり替えで、国民は納得すると思っているのだろうか。
*****************************************************
see⇒琉球新報20180921F社説≪安倍自民総裁3選 口先でない丁寧、謙虚を

cf.――YouTubeプログラム≪2018年9月17日自民党総裁選TBS中継、安倍総理やらかす

・・・ぷ~たマニア(=和風PTA大好き連中)の言動に慣れている人々ならばいわゆる「安倍氏」の言動に呆れないし驚かない。『うむ、やっぱり安倍ってぷ~た脳なのね』と思う。と同時にぷ~た本部レヴェルの行政府であることにプチ慄然とする。

PageTop

閃き検索(1250)

PageTop

うそあべあそう

******************************************************************
自民党総裁選(20日投開票)に立候補した安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長は19日、
それぞれ街頭で「最後の訴え」を行った。
しかし、所属国会議員の圧倒的支持を固めた首相の優位は揺るがず、
選挙戦での政策論争は最後まで盛り上がらなかった。
それだけに、党員・党友票の投票率は伸び悩んでいる。(沢田大典)
「無駄な批判はしない。愚直に政策を作り、誠実に前に進めていく」
首相は19日夕、東京・JR秋葉原駅前でこう語り、
具体的な数値を交えながら景気回復や外交など政権の実績を訴えた。
秋葉原は、首相が総裁として自民党を大勝に導いた
過去3回の衆院選と2回の参院選でも最後の演説をした場所だ。
演説には、岸田派会長の岸田文雄政調会長ら首相を支持する党内5派の幹部が結集し、
支持の広がりをアピールした。
麻生派を率いる麻生太郎副総理兼財務相は
「冷や飯を食うぐらいの覚悟のない人に、日本のかじ取りを任せるわけにはいかない」
と石破氏を牽制した。
一方、石破氏は同日夜、東京・JR渋谷駅前でマイクを握った。
演説会には、谷垣グループの中谷元・元防衛相らも参加した。
石破氏は公約の柱とする地方創生や社会保障改革の重要性を訴えつつ
「圧力が加えられるような、自分のいうことは聞く人間しか使わないような首相官邸であってはならない」
とも述べた。
石破陣営は、首相への批判が党員票の上積みにつながっていると分析。
演説での発言は、森友・加計問題や、首相周辺から石破派の斎藤健農林水産相に「辞任圧力」がかかったとされる問題が念頭にあったとみられる。
演説に先立ち、首相と石破氏はそれぞれ衆参両院の議員会館の議員事務所を回り、
名刺を配って支持を呼びかけた。
首相はわざわざ直筆のメッセージを書き込む熱の入れようもみせた。
舌戦の激化とは裏腹に、
平成24年以来、6年ぶりに選挙戦となった総裁選としては投票率が低調だ。
都連幹部によると、18日現在で都内の党員票の投票率は55%。
東北では4割台に低迷している県もあるという。
24年は東京で64・5%、全国で62・5%だっただけに、関心の低さは否めない。
首相陣営には
「首相支持なのに首相の圧勝ムードが報じられているため投票に行っていない人が多いのではないか」
との危機感もある。
******************************************************************
see⇒自民党総裁選 伸び悩む党員投票の投票率 盛り上がらぬ政策論争が影響か…≫(産經2018.9.19)

PageTop

「全部嘘だろう」

********************************************
自民党総裁選(20日投開票)に立候補した安倍晋三首相(党総裁)が19日夕、
「最後の訴え」を行った東京・JR秋葉原駅前には、
学校法人「森友学園」の前理事長、
籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=も姿を見せた。
籠池氏は首相の演説について記者団に
「全部嘘だろう」
と述べ、
「残念だな。こういう人が日本の首相になるのか」とも語った。
********************************************
see⇒自民党総裁選 安倍晋三首相、最後の訴えの秋葉原に籠池氏の姿も≫(産經2018.9.20 00:13)

PageTop

秋葉原なう。

PageTop

閃き検索(1248)

PageTop

Robot学(04)

PageTop