FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

自己抑制力がとても弱い

**********************************************************************
【記者コラム:窓】2009ワイド窓
携帯所持規制条例 賛否両論の中 来月施行
                            2009年12月26日
〔写真説明――全国初の子どもの携帯電話所持規制条例を可決した県議会=6月29日、県議会で〕
 「子どもには携帯電話は不必要」「塾や部活動で帰宅が遅く心配なので必要」-。
保護者の意見が分かれる中、
小中学生に携帯電話を所持させないよう保護者に求める「いしかわ子ども総合条例」改正案が、
今年六月末に県議会の本会議で可決、成立した。 
 罰則がない努力規定だが、
学校への持ち込みだけでなく、所持の規制まで踏み込んだ全国初の条例となった。
条例改正は、議員提案による所持規制のほか、
県からも携帯電話のフィルタリング機能(有害サイトの閲覧規制)強化の改正案が出され、
こちらも可決。
 議員提案は十分な議論が尽くされたとは言えなかった。
賛成多数で可決した県議会は、県民から意見を聞くパブリックコメントをしなかった。
「日ごろから住民の声を聞いている」。これが提案した県議の説明だった。
 何か釈然とせず、記者コラムに
「本来は家庭で決めること。
 親は携帯を買い与えたら子どもに任せず、
 家庭ごとにルールを定めることだ」
と訴えた。
 すると読者からの手紙が届き
「いくつかの条件をクリアすればよい」との意見が寄せられた一方で
「子育て中の親の苦悩を分かってはいない。子どもは自己抑制力がとても弱い」
と厳しい指摘も受けた。
 賛否が分かれ、どちらが正しいか判断に迷う。
県PTA連合会役員は
「条例制定を機会に有害サイトの現状を理解してほしい。
 その上で家族で話し合って決めて」
としている。
多くの課題を残したまま「持たせない」条例は来年一月に施行される。
                           (山本義久)
Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.
**********************************************************************
see⇒http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/mado/CK2009122602000148.html

「自己抑制力がとても弱い」のは子供、ではないのではないか?
あるいは、
「自己抑制力がとても弱い」のは成人として大人気ない、なのではないか?

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する