FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

沖縄における葬儀の本土化・近代化

《沖縄における死の現在:火葬の普及・葬儀社の利用・僧侶への依頼》(2008)
*******◆抄 録◆****************************************************
本稿では、沖縄における死の変容を、
  火葬の普及、
  葬儀社の出現、
  葬儀時の僧侶への依頼
という3つのファクターから考察することを試みた。
その結果、沖縄では近代化が進むなか、特に1972年の本土復帰以降、
  火葬場が多数設置されて火葬が広まり、土葬や洗骨の風習が廃れていったこと、
および、
  今ではその多くが入棺が済むとすぐ火葬場へ行き、
  そこに隣接する葬祭場で告別式をおこなうという順番に変わったこと
を明らかにした。
また、
  葬儀社の出現が、葬儀の均一化・商品化、仏教との提携をもたらしたこと
を指摘した。
さらに、
  このような変化は、伝統的に死の世界を扱い、
  憑依などを通して人々に生々しい死を提示してきた民間巫者であるユタと、
  それらの慣習を否定し、
  新たに死の領域に介入し始めた僧侶との深刻なコンフリクトを生じさせていること
も示した。
沖縄におけるこのような葬儀の本土化・近代化は、すべて生者の側からの利便性・効率性の追求、換言すれば、死者や死の世界の軽視にほかならない。
そのため、沖縄でも、これまでみられた生者と死者の密接な関係が失われ、今後は日本本土と同様、死の隠蔽・拒否が強まるのではないかということを論じた。
*********************************************************************
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する