とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

カヴァー写真が面白い本

《かんちがい音楽評論[JAZZ編]》(2012,1)

カヴァー写真で原稿が読める。
本文p.141あたりに相当する原稿。
オレンジっぽいマーカーで文字列に傍点が打たれているように見える。
その文字列は↓(当該文字列の前後を細字にしたのはFJN)。
******************************************
ジャズの世界における「美人」は蔑称として使用されることが多い。
******************************************

本の内容は、事実部分が好い。
判断部分は少々甘い。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する