とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料925-02:<心のノート>とPTA(02)

****************************************************
 保護者を前にあいさつをする場面が多い学校長としては,この機会を有効に生かしたいものです。
 例えば,4月に行われるPTA総会では,心のノート(中学校)の「縛られたくないのは,みんな同じ」や「家族だからこそ」を引用しながら中学生の発達特性を確認し,指導に当たっての基本的な考え方や指導方針を説明したり,学校と家庭の連携を誓い合ったりすることができます。また,心の教育を重視する学校の姿勢を校長が示すことで,保護者の価値観や学校に対する信頼感に望ましい影響をもたらすことが期待されます。
****************************************************
see⇒サイト【山梨県総合教育センター】の《道徳教育指導資料 3資料編(6)心のノートの活用》
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する