とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料928:任意団体への任意参加

ブログ<リヴァイアさん、日々のわざ>の081206エントリ《「PTAは任意団体だから任意加入」というのは間違いではないけれど、ミスリーディングだということ》からコピペ。
********************************************
「PTAは任意団体だから任意加入」と言ってしまうと、
どこか
 「我々の社会では、何か特別な場合でもないかぎり、
  自分が所属する集団は自分の意志で決めてよい」
という大原則をスポイルしているような気がしてならないのだ。
********************************************

・・・「PTAは暴力的団体だから暴力的加入」と言い切ってしまうのはかまわない気がする、というか、問題点を正確に指弾しているような気がしてならない(笑)。
おそらく私は、
   【任意団体=任侠団体】と了解するメンバーが過多な団体
というふうにPTAを理解している。
そして、私のこの理解について『大誤解でも大曲解でもなく大正解である』と思い込んでいる(自嘲)。

なお数年前、以下のコメントを私は書いた。
**********************************************
刑事もののTVドラマで、こんなセリフの遣り取りを視聴しました。
  市民:「刑事さん、任意同行だから強制できないんですよね」
  刑事:「そのとおりだけれど、同行しないと面倒なことになるよ」
『なるほどな』と感心してから、じんわりゾォっと来ました(苦笑)。
**********************************************
see⇒ぷ~た資料31:民間の組織が熱心にかつ自発的にだます側に協力
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する