とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

法とビートルズ

《法の姿を索めて:迷い続けた40年の雑記メモ》(2011)

*****◆目次◆**********************************
 1 司法試験合格の夜
 2 大学時代の法解釈学説への親和感、音楽との共通性
 3 70年安保時代の修習
 4 一大転機、ザ・ビートルズとの出会い
 5 起草者意思との訣別
 6 国民に唯一示した「成文」だけからの解釈
 7 成文法の文言解釈だけで足りるか
 8 法は人間社会の規範である
 9 人間一人ひとりの主体性の尊重
 10 まとめ
***********************************************
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する