とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料1012:PTA紛争

**************************************
PTA紛争の争点であるが、各所でその発生経緯などに相違はある。
しかし概ね、その学校後援会的な資金収集・流用のあり方と、それを可能にしている仕組みでもあるが、地域有力者による組織支配とに帰着していたといえる。
こうした争点は、60年代中期頃から広く認識されるようになった。
きっかけは、1963年に姫路市の小学校で開かれたPTA総会での一幕であるといわれる。
予算審議の際、学校経費負担問題をめぐって、一部の父母から質問が集中し、紛糾したのである。
彼らの主張は、本来であれば公費で負担されるべき学校経費を、PTA経費が相当に肩代わりしてきたが、本年度はそうした経費負担を一切やめるべきだというものであった。
学校側・PTA幹部の事態収集もうまくいかず、このPTAは一年間運営停止となった。
**************************************
see⇒≪文化変動の組織化(下):『ひと』運動の研究≫(2001)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する