とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

傘をさしながら

正午過ぎからの宴会に1時ごろから参加した。
桜の木の下に8人。
途中で小雨が降りだした。
傘をさしながら呑み喰い宴会は続いた。
21時ごろ帰宅。
そのうち≪In the Early Morning Rain≫を合奏しよう、と友人と話したことを覚えている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する