とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料1090-08:PTAまんが(08)

●ナミダがとまらなかった。――【28:ターニングポイント】
●朝日新聞 大阪本社版 2010年(平成22年)2月21日(日曜日)教育面(34)
                              ――【29:この記事が日本を変える(予定)】
●ともに悩んできたナカマたちも とても よろこんだ――【30:よろこび】         

※≪PTAまんが:あくまで個人の感想で個人差があります≫を読みながら、また、この連載エントリを打鍵しながら、私は『オイラいづみファンだよな』と思っていた。
ゆえに、このエントリのみ特別に、【30:よろこび】の第5コマ&第6コマを文字情報で追加する。
************************************************
(第5コマ)
----前に
   「小学校PTAでは あたしは なんもせん 逃げ切るしかないよ」
----と言っていた いづみちゃんが

(第6コマ)
   「任意なんじゃろ? ウチ 今年からは 自分の自由意思で」
   「『参加』じゃけぇ!!」
と、胸をはって言った。
************************************************

なお、<前に・・・と言っていた>というのは【5:いづみちゃん参上】の第6コマを指す。
んでもって、私は、心に「オイラいづみファンでニコラの大ファンじゃけんっ」と叫びながら以下、つまり【5:いづみちゃん参上】の第6コマの文字情報を打鍵する。
**********************************
信じられんくらい働き者で なんだかんだ責任感の強い あの女が
   「小学校では あたしは なんもせん あれは手に負えん 逃げ切るしかないよ」
----と言った。
私にはまだ、その意味が分からんかった。
**********************************

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する