とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

何故そう名付けたのか

読んでみようと思って≪わたしはマララ≫(2013)を借りた。

*******************************************
私はパシュトゥン族の「ジャンヌ・ダルク」である、(伝説の人物の)「マイワンドのマラライ」にちなんで名付けられました。
「マララ」という言葉には、「悲しみに打ちひしがれた」「悲しい」という意味があります。
ですが、その名前に「幸せ」という意味を添えようと、私の祖父はいつも「マララ」と呼びます。
マララ、それは世界で一番幸せな少女のことであり、きょう、大切なことのためにともに闘っているのがとても幸せです。
*******************************************
see⇒http://www.asahi.com/articles/ASGDB01DFGD9UHBI02M.html

先人にあやかるにせよ、なぜ「悲しみに打ちひしがれた」という意味の言葉を命名者は選んだのだろう?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する