とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料1127-02:会長と校長(2)――札幌市

札幌のブログのコメント欄から。
「ご存知のとおり」という言葉が面白い。
***************************************
70. moepapa 2015年04月18日 07:24
札苗小保護者さん
退任し約束の期限が満了したので、お話します。
入会意思確認書は、ご存知のとおり「入会しません。」という形式で運用して来ました。
これは、当時の校長の強い要望があり、規約には「ただし、その目的や趣旨から全ての保護者と教師の入会が望ましい」という文言を加える事、保護者や教師への説明においてもその部分の規約の説明をする事、そして入会意思確認は「入会しません。」という形式にする事を、私の任期中は徹底して欲しいという事になりました。
当初は「入会申込書」にて運用予定でしたが、校長として教師たちの混乱をさけたいという思いから、このような結果となりました。
これは、どうやら市教委?校長会?から言われたようでした・・・私の任期が終わったので、次年度からは正式な「入会申込書」になります。
まぁ、何もかも初めての取り組みだった訳で、学校の責任者として不安があったのは確かで、その要望を受け入れました。
在校生保護者への意思確認は毎年を行いません。(おそらく今後も)
「手間だから、そのまま」というのも、本人の意思だと解釈しています。
***************************************
see⇒http://blog.livedoor.jp/moepapa516-pta/archives/54376786.html

会長が校長からあることを「任期中は徹底してほしい」とリクエストされたのならば、会長がそのリクエストにどう応えたかを含めて、会長と校長との遣り取りを、会長以外の役員や会員、校長以外の教職員も知っていたにちがいない。
「会長と校長との間に【密約】があるのではないか?」と、総会で誰かが追及したにちがいない。
・・・と思うが、事実は今のところ不明。
当時の会長、会員、校長、校長会、教職員、市教委、教頭その他にインタヴューすれば事実がわかるかもしれない。
ともあれ、現実の出来事というのは面白い。

かもしれないことを、もう1つ書く。
和風PTAの多くは【会員名簿】を作成したり管理したりしていないのかもしれない。

cf.――ぷ~た資料1127-01:会長と校長(1)――横浜市

なお、札幌のブログは名称が変わった。「PTA会長」の前に「元」が付いた。前会長とするよりも好い感じ。
会長を連続4年、というのはすごい。ブログの4年分のエントリも記録として価値がある。
実に大したものだ。

ちなみに2年前、2013年2月16日の朝日新聞は【11年10月 「入退会自由」の原則を会員に周知したいと、会長が当時の校長に相談、快諾を得る】と報じた。2011年10月の校長(参照)と2013年2月の校長(参照)が同じ人物ならば面白い・・・と思ったが、別人(参照)なのであった。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

う~ん

制空権だけならもはや勝負が決しそうな勢いの昨今ですが、制約のある中で陣取りをしていく歩兵って結構大変だろうな~って思ってたんですが・・・話題のその組織の本質って、他地域のよくある既存のものと・・・はたして何か違いがあったのですかね?そこまで思っちゃうと失礼なんでしょうか・・・

TT | URL | 2015年04月18日(Sat)20:09 [EDIT]


Re: う~ん

TTさん、ども!
「話題のその組織の本質」は全然わかりません。
ただ、http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-7066.htmlで書いたように、横浜の連合体が研修会で、こう解説しました。
****************************
会員の入会意志の確認方法は、加入の申込による方法や非加入の意志を申し出ていただく方法など、それぞれの単位PTAの実情にあわせて決定することができます。
※入会方法などが保護者に周知されていない場合は入会が無効とみなされる可能性があるので注意してください。
*****************************
で、私は今、どのような「入会方法」を周知したならば「入会意思の確認」が「非加入の意志を申し出る方法」によって実現するのだろうか――ということを考えています。
これが私の「う~ん」なのです(苦笑)。

FJN | URL | 2015年04月18日(Sat)21:23 [EDIT]