とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料1132:PTA会長が辞任した経緯

*******************************************
もう時効かな思うので、書いちゃうけれど、数年前にはPTA会長に推され、それも安請け合いした。
しかし、就任式でサインをした直後に、
  「ブログは閉じてくれ」
だとか
  「ツイッターでPTA関連のことは書くな」
とか
  「公教育批判のようなことは記事でも書かないようにしてくれ」
と言われたので、断った。
すでに就任式を終え、全校生徒に「新PTA会長」としてプリントまで配付されていたが、断固として「降りる」と伝えた。
「PTAの内部事情を面白おかしく書くような下世話なことをするつもりはないけれど、自分がPTA会長としての活動をしていることは、触れないわけにはいかないだろうし、第一、ブログもツイッターもフェイスブックも商売道具であり、それをやめることは自分の商店の看板を下げるようなこと。生活ができなくなります。そこまでしてPTA会長をやらせてもらいたいとは思いません」と、関係者に申し上げた。
そこまでよく話を聞かずに安請け合いした自分も悪かったのだけど、家族の生活を危機にさらしてまでボランティアをしようとは僕は思わない。
つまり僕は無責任だからこそ、いろんな地域活動にも図々しく顔を出せているということ。
地域活動を敬遠する人というのは、みんなまじめすぎるんだと思う。
いざとなったらためらいなくNOという力も、地域活動をするには必須の力なのだと思う。
*******************************************
see⇒yahoo検索with【「PTA会長」を断固として辞退

・・・全校生徒に「PTA会長が辞任した経緯」は配布されたのだろうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する