とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料1137:ジャズとPTA

西日本新聞150609Tu朝刊。
************************************
小学校のPTA役員を引き受けた
2015年06月09日 02時36分
小学校のPTA役員を引き受けた。
入学式後、体育館に集まった保護者に、執行部の人たちが「これが決まらないと帰れません」と告げたこともあり、館内はシーンと静まり返った。
たまらず渋々手を挙げた。
PTAは「活動が平日の昼間なので仕事で出られない」「無駄が多い」と何かと敬遠されがちだ。
前年度からの引き継ぎも曖昧で、システム化もされていない。
所属する委員会は7人だが、委員長を決めることができず、2回集まってようやく決まった。
だが、「無駄」とも思える2回の集まりのおかげで、他の保護者とじっくり話ができた。
仕事のように指揮命令系統がはっきりした上下関係ではなく、子育てという共通の目的を持った横の関係は居心地がいいことに気付いた。
多くの人が参加するため、PTA活動の合理化は必要だろうが、なくしてはいけない無駄もあるのかもしれないと思った。
(酒匂純子)=2015/06/09付 西日本新聞朝刊=
************************************
see⇒

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する