とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

閃き検索(1003)――心理学 PTA

cinii検索結果

cf.――↓
****************************************
PTAは、保護者と教職員が協力しながら、こどもの成長に貢献すべく活動を行っている。
そのよりよい在り方を模索し、実践することは、
こどものよりよい成長・生活の場を作っていくということに他ならない。
その意味で、PTA問題は、
教育心理学および発達心理学における重要な研究テーマでありながら、
今まで、十分な研究がなされているとはいいがたい。
PTAの現状については、最近、メディア等では扱われており、
そこでは、
自動入会の是非、
人権に配慮できていない役員・委員決め、
業務の過大な負担と改善の先送り、
保護者と教職員の関係性の問題
などが指摘されている。
メディアの言説に任せるのではなく、
PTA問題を学際的にとらえて問題を「可視化」する第一歩として、
本シンポジウムでは、
PTA言説を研究レベルに載せるための方法論や視点について、
多角的に話題提供いただく。
指定討論をうけ、PTA問題の心理学研究の糸口と展望を探りたい。
****************************************
see⇒

・・・ナラティヴ心理学者系は当然≪PTAまんが≫を読んでいるはず、と思う。
また≪国家の装置としてのPTA≫も当然(カワバタブログ参照)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する