とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

beingとdoing

******************************************
ウィニコットは、〈あること〉(being)と〈すること〉(doing)の区別に基づいて、
前者を子どもと母親との原初的な同一化を可能にする「基盤(base)」と見なしている。
これは力動的で破壊的な〈すること〉という「男性的要素」と鋭く対立する。
******************************************
see⇒http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/blog/2010/07/post-373/

・・・赤ん坊と共にいることを喜び楽しむのがビーイング・マザーで、赤ん坊に何かをさせたがってあれこれ押しつけるのがドゥーイング・マザー、といったこともウィニコットはどこかに書いているらしい。
その書物を探して読む予定。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する