とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

わがランボーの私

*******************************
《私》ってのは他者なんです。
                  アルチュール・ランボー
私は自分のことを「私は」と語りだす。
が、「私」は私だけが使う語ではない。
だれもが自分のことを「私」と言う。
そのかぎりで「私」はもう私に固有のものではない
*******************************
see⇒

アイ・ラヴ・ランボー, イエス・アイ・ドゥー(微笑)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する