とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

蕪村の晩年の一句

闇屋になりそこねた哲学者≫(2010)の「文庫版あとがき」に挙げられている。
************************************
蕪村の辞世のように、
  しら梅に明くる夜ばかりとなりにけり
と、少し呆けぎみに死ぬことができれば理想的だと思っています。
************************************

cf.01――
cf.02――木田元
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する