とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

怪調な出だし

川端康成の≪片腕≫の2段落(4文)。
********************************************
「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と娘は言った。そして右腕を肩からはずすと、それを左手に持って私の膝(ひざ)においた。
「ありがとう。」と私は膝を見た。娘の右腕のあたたかさが膝に伝わった。
********************************************
see⇒or

・・・エンディングは粗末な気がする。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する