とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

本当にごめんなさい。

**************************************
平成28年6月29日(水)
元PTA雇用職員による私費会計の着服について
6月28日(火)午前11時より、校長から全校生徒に次のような説明・謝罪を行いました。
**************************************
see⇒
cf.――緊急臨時保護者会の開催について(御案内)

↓校長からの「説明・謝罪」の全文↓

*****************************************************************
 今日はみなさんの貴重な時間をいただいて、お知らせとおわびとお願いをさせていただきたくて、このようにわざわざ集まっていただきました。
 本当にごめんなさい。
 お知らせというのは、本校で起こった事件についてです。実は、昨年まで本校のPTA事務職員として雇っていた女性の職員が、皆さんの保護者から納めていただいた部活動育成会費と給食費を不正に自分のものにしていることがはっきりとわかりました。 部活動育成会費は部活動などで皆さんが、どこかで練習試合をしたりする際に先生方に引率するための旅費として支払われるのに使われるものです。これは、平成21年度から27年度まで不正が行われていました。
 給食費の不正について直接関係があるのは、5年生と6年生で、すでに卒業した第5期生から第8期生までが被害者となっています。つまり、平成21年度から平成24年度までの4年間です。したがって、1年生から4年生は給食についての被害にはあっていません。
 どういうお金が不正にあったかというと、みなさんの保護者が納めた給食費と実際に給食にかかった費用との差額で、年度末に返金される給食費です。
 その金額は部活動育成会費と給食費の両方を合わせて、1000万円を超えることが判明しました。
 さらに、他の会計についても調査中ですので、確定的なことは言えません。不正を行った職員は今までに約980万円を返していて、全額をきちんと返すとの意思を示しています。
 せっかく一生懸命に学習や部活動などに励み、学校を愛し、盛り上げてくれている生徒の皆さんにとって大変がっかりするような出来事で、生徒のみなさんを大きく傷つけ、保護者の方々、同窓生、地域の方々、ひいては愛媛県民のみなさんにも多大なご迷惑をおかけしたことを、学校の責任者として、心からお詫び申し上げたいと思います。本当に本当にごめんなさい。すみませんでした。
 お願いです。今日の午後、この件について記者会見を行います。試験期間中でもあり、どうか自分から積極的にネットで騒ぐようなことなく、できるだけ平静な心を保っていただきたい。もしかしたら、テレビのニュースやネット、新聞での報道で、この事件を知った誰かから心ない言葉を聞くことがあるかもしれません。本当にごめんなさい。あなたたちはちっとも悪くないんです。毅然としていてください。
 また、新聞記者が登下校中にインタビューを申し込むかもしれません。いやな思いをすることもあるでしょう。答えたくないのなら、無理をして答える必要はありません。
 いろいろないやな思いを生徒のみなさんにさせたこと、そしてこれからもそのような場面に遭遇させてしまうことになったことをもう一度お詫びします。本当にごめんなさい。
*****************************************************************

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する