とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTA役員の負担

EPO#1418の教育問題法律相談の記事にある質問と回答を読んだ。
まず、公立小学校の校長を自称する人物(氏名不詳)の質問を読んだ。
面白かった。
原文のデスマス調文体をナノヨネ調文体に変えて紹介する。
******************************************
ワタシって公立小学校の校長なの。
本校のPTAの会員がね、昨年度のね、決算報告書に計上されていた「修繕費」がね、
前年度より突出して高額よねって、その内訳の開示を要求しているのよ。
PTA会長はね、
やましいことはないって言ってるんだけどね、
役員が個別の会員の開示要求にいちいち対応するような前例を作りたくないって主張してね、
拒否しちゃってるわけなのよね。
法的には、どのように考えるべきなの?
******************************************

次に弁護士の回答を読んだ。判例に基づく内容だった。
やはり面白かった。
回答の中に「控訴審が、会員の会計帳簿の閲覧請求権を否定した主な理由は、以下の通りです。」とあって、4つの理由①②③④が挙げられていた。そのうちの③だけを紹介する。文体は原文どおり、つまり下掲はコピペ。
********************************
③PTA役員は全員無報酬で会計の専門家でもないから、
会員に会計帳簿の閲覧請求権を認めた場合には、
役員の負担が大きくなりすぎること。
********************************

cf.――EPO#1418(2017年01月23日号)掲載≪PTAの会計帳簿の閲覧請求権の存否

なお、回答者の弁護士は、この裁判の第1審(地裁)が「開示請求には正当な理由があるとして、現存する会計帳簿について閲覧請求を一部認容しました。」と当該記事に書いている。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する