とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

桃華と隣よ(37)

中日新聞170310F朝刊豊田直也記者リポートから。
**********************************************
二歳児が通える「最年少クラス」や英語教育に引かれて入園させた四十代の母親は
「通園バスや給食などの条件を優先させて塚本幼稚園を選んだ」。
だが、次第に子どもが日の丸を見て
「幼稚園のマークだ」
と言ったり、母親の前で
「ちん思うに-」
と教育勅語を暗唱したりするようになった。
子どもの連絡帳に、領土問題や南京大虐殺、慰安婦問題に関する新聞記事が貼られたり、
当時のNHK会長の罷免を求める署名運動に抗議するはがきを配られたりして、
うんざりするようになったという。
 こうした教育方針について、前理事長時代にPTA役員を務めた女性は
「当時の塚本幼稚園は普通だったが、籠池氏が当時、園長だった別の幼稚園では、軍歌を歌わせるなどの兆候があった」。
この女性は、前理事長が一九九五年に亡くなる前に
「籠池に後継を任せるのが不安」
と話していたのを覚えているという。
**********************************************
see⇒
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する