とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

脱出の自由

上下2巻の文庫本「萬世一系」の研究≫(2017)を読みはじめた。
面白い。
下巻の島薗の解説が好い。
(上巻の長谷川の解説は未読)。
上巻p.12の「脱出の自由」が出てくる段落を読んで私は爆笑した。
『そうか、権利に「じゆう/自由」とルビをふっていいし、自由に「けんり/権利」とルビをふっていいんだ。そりゃそうだよな』と納得した。
そのようなことはその段落に書かれていない。
が、おのずとそう納得できるように書かれている。
面白いことこのうえない。
奥平には達意の文筆力がある、と思う。

cf.――脱出の自由 right to exit】で検索
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する