とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

エライ人、オトナ、あやまりなさい

アンネと私の青春メモリー≫(1981p.158-p.160で当時小学4年女子の詩を落合恵子が紹介した。
**********************
エライ人、あやまりなさい。オトナ、あやまりなさい
エライ人、あやまりなさい
センソウをしたことを、あやまりなさい
オトナ、あやまりなさい
センソウにハンタイしなかったオトナ、あやまりなさい
あのセンソウで、子どもが、いっぱい、
いっぱい、死んでいったんだよ
日本でも外国でも、
いっぱい、いっぱい死んだんだよ
お父さんやお母さんや
オトウトやイモウトや
おじいちゃんやおばあちゃんや
アカちゃんや友だちや……。
みんな、みんな、死んでったんだよ
死にたい人なんて、いないのに
だから、エライ人、あやまりなさい
だから、オトナ、あやまりなさい
でも、オトナも、いっぱい死んだんだね
みんなで、ごめんなさい、しなくちゃいけないね
みんなで、ぜったい、センソウはしない
と、ヤクソクしようね
センソウなんて、いやだ、いやだ。
**********************

・・・作者は今46歳くらい(当時10歳くらい)の女性…いかなる御感慨あらん。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する