とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

增田熊六騎兵少佐

***********************************************************
1905 年(明治38年)8 月21 日には
陸軍省は
ちょうど豪州馬買入の為オーストラリア滞在中の増田熊六騎兵少佐に対し、
食用去勢牛400 頭、種牛転用可能肉牛100 頭の買付を命令、
同年11 月19 日には牛、横浜港着、
農商務省は直ちに検査、種牛に適当な26 頭を引取り、
12 月までに43 頭を各道府県に配当している。
***********************************************************
see⇒肉食という近代 : 明治期日本における食肉軍事需要と肉食観の特徴≫(2002)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する