とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

ぷ~た資料2017-011:母親たちの多様性

*******************************************************
本稿の目的は、PTA活動に対する母親たちの態度の多様性を明らかにすることであり、そのために小学生の母親のうちPTA役員経験のある450名を対象にweb調査を行った。
PTA役員を引き受けた理由、PTAの退会意図、性役割観を用いてクラスタ分析を行ったところ、調査協力者は「子どものために活動する母親」「PTAに批判的な母親」「控えめな母親」「社会活動好きな母親」「合理的な母親」の5つのクラスタに分類された。
PTA活動に積極的な「社会活動好きな母親」は、学校との対等な関係を望みあらゆる活動に熱心に取り組むが、活動によって内的満足を得ることはできず、ストレスを感じるようになることが明らかにされた。
一方、「PTAに批判的な母親」や「合理的な母親」はPTA活動に熱心ではないが、活動を通して得るものが多く、内面的にも成長していることが明らかとなった。
PTA活動とは学校の下働きに徹するものであり消極的な態度で望むべきという規範が母親たちの間で広く共有されていることが示唆された。
*******************************************************
see⇒PTA 活動に対する母親たちの態度の多様性≫(20170315)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する