とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

PTA組織の加入率の現状

2014年9月9日現在、東京都の羽村市の場合(ただし、厳密な「加入率」は不明である)。
**************************************************************
◯教育長(角野征大) 2番 冨松崇議員のご質問にお答えします。
 ご質問の1項目め、「地域コミュニティの機能強化について」の2点目、「PTA組織について」のお尋ねのうち、まず「学校教育の充実を図る上でPTA組織はどのような役割を担っていると考えているか」についてですが、PTAは各学校において、保護者と教職員が自主的に組織する団体で、その会則等によりますと、「学校と家庭が一体となって児童・生徒の健全な成長と幸せのために活動するとともに、その目的のために会員相互の教養の向上と親睦を図ること」とされております。学校教育の充実という観点からは、市内の各校のPTAは、運動会や体育祭などの学校行事への協力や、登下校時の見守り活動、会員相互の親睦と学校の様子を伝える広報紙の発行、また、役員や会員の研修事業の実施など、学校の支援や子どもたちの育成につながる活動を行っており、学校を支える重要な存在として、また学校を外部から見守る視点としての役割を果たしていただいております。今後もその重要性は変わらないものと考えております。
 次に「PTA組織の加入率の現状は」についてですが、市内の全小・中学校にPTAが組織されており、その加入率について各校を通じてPTAに確認しましたところ、未加入世帯がある学校は4校で、各校ともに1、2世帯が未加入とのことであります。
 次に「未加入世帯への対応(PTA組織への協力)はどのように図っているか」についてですが、未加入世帯があるPTAでは、任意団体であるため入学時の参加意思の確認後は特別な対応はしていない団体と、PTA役員で加入をお願いしている団体があり、それぞれの団体の判断で取り組まれているとのことであります。教育委員会と各校PTAの関係は、PTAが保護者と教職員が自主的に組織する任意団体であり、社会教育関係団体であることから、あくまでも自主的、民主的に運営される団体であると認識しております。
 なお、市内の小・中学校PTAで組織する羽村市立小・中学校PTA連合会に対しては、PTA活動の振興発展と児童生徒の健全育成を図るため、社会教育関係団体補助金を交付し支援をしております。
 以上で答弁を終わります。
**************************************************************
see⇒
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは♪体調はよくなりましたか?今日も寒かったですね。。。
お疲れ様です。
PTA抜けるの、もっと簡単に出来ると思ってました。
先駆者の岡本さんのような方もいて、世の中ほとんどの保護者は負担に思い、・・・・・在住なのにまだ辞められてない(笑)あまくみてました…。すでにちょっと疲れてきました。

熊本違法PTA裁判原告 岡本 | URL | 2018年01月16日(Tue)03:33 [EDIT]