FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

大垣市制百周年記念イヴェント(24)

以下、いわゆる≪まるおリポートon20180919Wabout20180914F≫。
出典/コピペ元☛
************************************************************
2018年09月19日(水)

青墓小登校班追放問題、無事解決の方向に大きく舵が切られることにより、まずはほっとしております。
地域の方々を含む関係者の皆さんにも改めてお礼申し上げたいと思います。
14日の話し合いの後、すぐにうれしいご報告ができなかったのは、こちら側の疑心暗鬼もありました。が、それも昨日、一応解決
考えるさんの昨日のうれしいご報告になったのでした。
私も現地に出向き、各方面の方々のお話を伺うことができ、また意見交換をすることができ、大変貴重な体験ができました。
考えるさんにはその時初めてお目にかかったのですが、情報源の問題か、どこかにクレーマー的あるいはモンペ的な側面がある→
のではないかと、無意識的に身構えていたところもあったのですが(汗)、もう断言いたしますが、100%そんな要素は見当たりませんでした。
クレーマーのクの字、モンペのモの字も感じられなかった。
「言うべきことは普通に言う」という、いい意味で普通のやさしいお母さんでした。
そして、寡黙だけれどがっしりとしてとても穏やかなご主人と、お子さんにもお会いできたのですが、えっとびっくりするくらいまっすぐにやさしく育っておられるなと感じました(たまたま二男さんには会えませんでした)。
こんなご家族がこの3年余り遭ってきた理不尽に改めて思いを馳せると同時に、→
こんなご家族であればこそ、この3年間を乗り越えられたのだとも感じさせられました。
この青墓小登校班追放問題に関しては、すでに私の見解をツイートで縷々述べて参りました。8月末というか9月頭に確定的なことを述べられるのは9月下旬になると思うと言いながら、その後もずいぶん断定的な言い方を
してきました。これは、私なりにいろいろな方面から情報を集めた結果であったわけですが、今回、改めて現地に赴きいろいろな方々のお話を伺い、これまで述べてきたことをその骨子において何ら変更する必要がないと判断でき、ほっとしております。
もちろん、表現の不躾な部分は反省したく思います。
今後、把握できていなかった情報などが出現する可能性がまったくゼロとは言えないでしょう。そのような判断材料が出できたときはこれまでの見解を修正するかもしれませんが、今後変更する必要はないだろうと考えています。連続ツイートを当方の現時点の確定的な見解としてお読みいただければと思います
事態がなぜ好転したかとのお問い合わせがありました。
これに関して当日の話し合いの様子は伏せるように教委から話があったとのコメントが考えるさんからあったと思いますが、これは私から考えるさんへの伝え方が悪かったです。教委担当者はそのようなことは言っていません。そこはとてもフェアです。
なぜ好転したか。一言で言うのは難しいですが、思いつくままに並べますと、「大人の事情」(PTAや育成会活動についての考え方の違い)を子どもの世界に及ぼすのはよくないよ、という気持ちが出席者のほぼ全員から口々に出て、とても印象に残っています。この「良識」が目覚めたことが主因かなと。
話し合い当日は、一方で、PTA・育成会活動に戻るべきではプレッシャーも相当かかったと私は理解していますが、それに対しては、考えるさん側は決して妥協しなかった。一方、地域の方々はそれでもその「良識」を持ちづづけてくれた。
この「良識」の出現と言うか復活の流れに対して、私の動きが多少役に立ったのであればこんなうれしいことはありません。
そして、関係者と直にお話もさせていただいて感じたのは、SNSをはじめとする「世論」の力ですね。大塚さんのちょうど良いタイミングで出た記事も明らかに影響を与えていました
また、これまでこの問題を取り上げたことのないメディアの取材が入るかもという「情勢」になったことも、私の肌感覚としては関係したかもしれないなと思っています。
そのような諸々の流れの中で、子ども第一との「良識」をもって率直に話し合おうという流れが醸成されたということになるかと思います。
限られた時間とスケジュールの中、地域の方を含めた関係者の方々が、このような「方針」を持ってくださり、実際の調整を行っていただいたこと、ひたすら感謝です。
ということで、これまである意味、分断されてきた地域の子どもたちは、全員仲良く集団登下校ができるようになったと。
このせっかくできあがった形を、まさに大人の事情で再び壊すことは絶対あってはならないことと思っていますし、これは考えるさんを含む、全関係者の思いと言っていいと思います。
そのような立場に立つとき、「もう解決したのだからまた過去を掘り返して事を荒立てるのはよくない」との立場もありうると思います。
そこは私もよーく分かりつつ、でも、今回起こってしまったことには、「冷静な総括」が必要だと考えます。
今後、このような理不尽な悲劇を二度と起こさないためにも。
考えるさんには、今、本当にホッとされ関係者に感謝の気持ちで一杯になると同時に、これまでのあまりの理不尽について「どうしてこんなことになってしまったのですか?(怒)」と大声で叫びたいお気持ちがあると思います。
そこは、ぜひ冷静に整理できればと思いますし、そのお手伝いもしたく思います
今までもご尽力いただき、特にこの間は本当にお世話になった学校関係者の皆様にこのようなことを申し上げるのは大変心苦しいのですが、これまで縷々申し述べてきた学校・教委の責任は極めて重いと考えています。
その辺りについて、考えるさんと学校側双方が冷静に振り返ることができれば最高だなと。
昨日は考えるさんのうれしいご報告を読ませていただき、感動していました。同時に、考えるさんやその他の方から過分のお褒めの言葉をいただき大恐縮ですが、おめでたい日ですから素直に頂戴し、今後の目標にしたいと思います。
ありがとうございました。
先ほど「良識」と言ったのは「子を思う親の心」「子を思う親としての連帯意識」と言った方がいいかもしれません。確かに、あの場はある面シビアな場でもありましたが、そういう優しいなにかが場全体を覆っていてくれていたなあと。
そんな原点に立ち返る大切さを感じさせてくれた大垣行でありました。
「その場全体を覆ってくれている子どもを思う優しいなにか」と述べましたが、それには同席してくださっていた校長先生、教頭先生の存在もでかかったなと今思い至りました。
その面でも、両先生には改めて感謝申し上げたく存じます。
@Ye5k2PEVic7TaRK ま、ここは穏便にという気持ちもあるのですが・・、考えるさんのお怒りや悲しみもごもっともですね。
仮に考えるさんのような方を「モンペ」「クレーマー」と言うなら、学校やPTAに率直に物申す人や、PTAなどを辞める人入らない人は、みんな「モンペ」「クレーマー」になってしまいますね。
@Ye5k2PEVic7TaRK 念のために申し添えますと、関係者が考えるさんのことを「モンペ」とか「クレーマー」であると発言したことはありません。
@sevenorg PTA等が地域の中の実態としては完全な「互助会」になっており、退会をした考えるさんは「果たすべき義務を果たさぬ不届き者」との思いが地域を覆い、学校関係者もその動きを止めようとしたものの、どこか同調してしまっていたということではないかと考えます。
@sevenorg で、「良識」を復活させるため、私がとった(とることができた)のは、今のままでは学校の責任が社会的に追及されることになるのではないですかということを強調することでした。
もっといい持って行きかたはあったのかもしれませんが…。
@sevenorg ですか・・ 汗
@sevenorg それこそいろいろな方のご尽力により一回の話し合いで今回の結論が出たわけですが、実は一度の話し合いでは決着しないだろうなと覚悟していました。
ただ、とにもかくにも一度関係者が顔を合わせ話し合うことは必要と思いましたし、私も地域の方の声にも耳を傾けたかったというのがあります。
************************************************************
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

その後

ではどこから「モンペ」「クレーマー」が出てきたのか不思議ですね。
もしかしたら、別の言葉なのかもしれない。
というのも、PTA問題で違法性を追求する人を悪人に仕立てて解決したいような感覚があるやに思ったことがあるのです。
最近は少なくなったように感じますが、しかし、確実に残っている地域はあるのではないかと推察します。

この件にこだわるのは、登校班で通えるようになったことは、もちろん喜ばしく、お子さんのためにも当事者さんにもうれしいことなのですが、このご家族の名誉が回復されていないのが気になるからです。
登校班外しをした当事者、放置した学校や教委は当事者さんに謝罪されたのでしょうか。あるいは、再発防止のために、何かされたのでしょうか。
当事者さんは、おそらく自分のあとに続く人たちのことを考えに入れて発信されていたと思いますので。
大垣市の今後のためにも、ぜひ関係者の皆様はこのような差別が二度と起こらぬよう対策を行ってほしいです。

@mkleana | URL | 2018年09月25日(Tue)14:08 [EDIT]


Re: その後

レアーナさん、ども!

> 大垣市の今後のためにも、ぜひ関係者の皆様はこのような差別が二度と起こらぬよう対策を行ってほしいです。

岐阜大学の教育学部の卒業生連中が学校長だったり教頭だったり指導主事だったり参事だったりするところに「差別傍観システムの根源」があると睨んでいます、私は。

FJN | URL | 2018年09月25日(Tue)18:57 [EDIT]