FC2ブログ

とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

中野浩義さんの答弁2つ

川越市の市立小学校の登校班/通学班について、今年の市議会で中野浩義さんが2つの答弁(3月&6月)をしている。

今年3月12日(火曜日)の川越市議会の文化教育常任委員会には市教委の事務局の学校教育部から下記の4名ほかが出席した(役職は当時のもの)。
部長:福島正美さん
副部長兼教育指導課長:中野浩義さん
参事兼学校管理課長:内野博紀さん
学校管理課副参事:池田靖さん

この委員会で、学校教育部副部長兼教育指導課長だった中野浩義さんが、こう答弁した。
*******************************
近隣の他市の状況を伺いましても、ほぼ川越市と同じような状況と伺っております。
育成会ですとか子供会が中心となり班を編成し、
学校と協議の上届け出をし、
それを学校から決裁を受けるというような届け出制となっていると伺っております。
********************************
cf.――閃き検索(1367)

今年6月14日(金曜日)の川越市議会の定例会では、学校教育部長となった中野浩義さんが、こう答弁した。
************************************
次に、通学班の編制についてでございます。
集団登校を行う際、一つの班の人数や集合場所などに配慮する必要があるため、
多くの学校では、地域の実情をよく知る育成会やPTAなどが中心となり協議していただき、
登校班の編制をしております。
************************************
cf.――川越市メモf

川越市の教育行政における【「通学班/登校班」の「編成/編制」】の方法は、
もしかしたら、
【育成会とか子供会とかPTAとかが中心となって班名簿の案を作って、
 その案を学校と協議して、
 最終的に学校に届け出て学校から決裁を受けるといった感じの「届出決裁」スタイル】
――ではないのかもしれない。

「近隣の他市の状況」が「ほぼ川越市と同じような状況」だとしても、
川越市の教育行政では「届出」も「決裁」も無い!
――のではないか?

9月議会で誰か中野浩義さんに質問してみてくれないかなぁ・・・と思う。
あと、川越市教委の事務局内で中野さんと馬場さんとか(参照)がどんな打合せをしたのか、その内輪話についても誰か質問してみてくれないかなぁ・・・と思う。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する