とどくとおもう Ⅱ

Full of Junk and Nothing

桃華と隣よ(38)

つづきを表示

PageTop

桃華と隣よ(37)

中日新聞170310F朝刊豊田直也記者リポートから。
**********************************************
二歳児が通える「最年少クラス」や英語教育に引かれて入園させた四十代の母親は
「通園バスや給食などの条件を優先させて塚本幼稚園を選んだ」。
だが、次第に子どもが日の丸を見て
「幼稚園のマークだ」
と言ったり、母親の前で
「ちん思うに-」
と教育勅語を暗唱したりするようになった。
子どもの連絡帳に、領土問題や南京大虐殺、慰安婦問題に関する新聞記事が貼られたり、
当時のNHK会長の罷免を求める署名運動に抗議するはがきを配られたりして、
うんざりするようになったという。
 こうした教育方針について、前理事長時代にPTA役員を務めた女性は
「当時の塚本幼稚園は普通だったが、籠池氏が当時、園長だった別の幼稚園では、軍歌を歌わせるなどの兆候があった」。
この女性は、前理事長が一九九五年に亡くなる前に
「籠池に後継を任せるのが不安」
と話していたのを覚えているという。
**********************************************
see⇒

PageTop

閃き検索(1064)

PageTop

PTA任意加入パンデミック罹患例(02)

つづきを表示

PageTop

桃華と隣よ(32)

PageTop

桃華と隣よ(27)

PageTop

桃華と隣よ(26)

PageTop

閃き検索(1063)

PageTop

桃華と隣よ(23)

*********************************************
民進党の舟山議員が示した収支決算報告書について
安倍首相は、
「PTA側が作った資料だから私は全くわからない」
などと述べるにとどまった。
************************
see⇒日テレNEWS24≪森友学園問題 野党入手資料に昭恵夫人の名

【PTA側】の帳簿に金額の記録が残っているかもしれない。
講師謝礼の領収書が帳簿に貼られているかもしれない。
・・・帳簿も領収書も破棄されているかもしれない、【PTA側】のことだから。

PageTop

桃華と隣よ(21)

朝日新聞デジタルサイトから。
**********************************************
午前の衆院予算委は、全閣僚が出席しての締めくくり質疑。
民進党の福島伸享氏は、同学園が大阪市で運営する幼稚園の運動会で、園児に
「安倍(晋三)首相がんばれ。安保法制、国会通過よかったです」
と選手宣誓させていたと明かし、
教育基本法で
「特定の政党を支持し、またはこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない」
と禁じている政治的活動に当たると指摘した。 
これに対して首相は、
「(森友学園の)学校の考え方としていろいろ取り組んでいるものと思う。この学校の教育については、所管の大阪府が監督するもので、文部科学省が事実関係を確認している」
と述べた。
松野博一文部科学相は
「一義的には所轄庁である大阪府が判断し、適切に指導を行うものと考えている」
とした。
**********************************************
see⇒園児に「首相がんばれ」宣誓 森友学園運営の幼稚園で≫(坂本進,2017年2月27日13時08分)

PageTop

刈谷市校長会と不正経理

*********************************
県校長会は、力強さとともに「しなやかさ」をもって
愛知の教育をリードしていくことを目指します。
*********************************
see⇒愛知県小中学校校長会のHP

じゃあ今すぐに、
遅くともホワイトデイまでに、
刈谷市の不正経理の片棒を担がされている刈谷市校長会を助けてあげなさい!
力強く!!
しなやかに!!!

つづきを表示

PageTop

理想と現実

PageTop

桃華と隣よ(19)

ザ=ガーディアンが報じた。
************************************
Akie Abe’s links to kindergarten under intense scrutiny in Japan after reports it bought state land at a knockdown price
************************************
see⇒Shinzo Abe and wife under pressure over ties to ultra-nationalist school≫(Justin McCurry in Tokyo Friday 24 February 2017 08.01 GMT)

PageTop

桃華と隣よ(18)

PageTop

30kgダイエット

熊本PTA訴訟の経緯の第一報は今回も朝日新聞がリリースした。
see⇒「PTA、入退会は自由」 加入めぐる訴訟が和解
好記事。
熊本エリアのPTAにかかわる内容ゆえ、レベッカがタイムスリップしてきて読んだならスマイルしたことだろう(参照)。
記者は生姜ココアダイエットによる30kg減量サクセス体験者らしい。
cf.01――
cf.02――PTAピーポーのK傾向

PageTop

桃華と隣よ(14)

つづきを表示

PageTop

桃華と隣よ(13)

PageTop

桃華と隣よ(10)

PageTop

桃華と隣よ(09)

PageTop

桃華と隣よ(08)

今日の朝日新聞の社説≪豊中の小学校 不可解な点が多すぎるから抜粋。
****************************************
財務省近畿財務局が、大阪府豊中市の国有地(8770平方メートル)を学校法人「森友学園」(大阪市)に近隣国有地の約1割で売っていた。
****************************************

つづきを表示

PageTop

桃華と隣よ(07)

161208Th英文ロイター記事はChinami Kagoikeの紹介とコメントを書いた。
161215Th和文ロイター記事は書かなかった。

cf.――

PageTop

桃華と隣よ(06)

see⇒161208Thロイター配信記事
・・・FijiTimesは161210Saに掲載した。
     cf.――
日本語に訳されリリースされたのは161215Th。
とはいえ、この日本語訳は元の英文記事を所々スキップしている(微苦笑)。
東洋経済(参照)も記事本文はスキップ和訳を同日コピペしている(憫笑)。

PageTop

桃華と隣よ(05)

see⇒

PageTop

桃華と隣よ(04)

***********************************************
実質上、幼稚園側が担っているPTAの決算報告が明細もない杜撰なもので、
「お金の動きがよく分からない」ことに不信感を持ち、PTAへの入会を断わった。
すると、幼稚園側から「PTA入会しないのなら退園してもらうしかない」と告げられたという。
Aさんは大阪府の担当課などにも相談したのだが、その翌日、幼稚園側から
「いい加減にしろ!!」から始まるこんな手紙を渡された。
〈いい加減にしろ!! (中略)園長は本当に欲がなくすばらしい人である。社会貢献しているつもり すなおになれ!! 大阪府庁にTELしたらあかん。きりかえて!! がんばれ!〉
***********************************************
see⇒

つづきを表示

PageTop

桃華と隣よ(03)

see⇒

PageTop

桃華と隣よ(02)

see01⇒
see02⇒

PageTop

桃華と隣よ(01)

PageTop

議員会長/会長議員

ぷ~た(=和風PTA)関連情報。
see⇒議員番号#7(2人会派)

PageTop

学校で収集する生徒データ

PDFファイル()から。
**********************************************
学校で収集した生徒データ(氏名・住所・電話番号)を、職員及びその他(PTAなど)に配布してよろしいか。

【事例の分析と解説】
宮崎県個人情報保護条例(以下「条例」という。)第9条第1項では、「実施機関は、法令等の規定に基づく場合を除き、利用目的以外の目的のために、保有個人情報を当該実施機関の内部において利用し、又は当該実施機関以外のものに提供してはならない。」と定められている。
個人情報が適正に収集された場合でも、その利用及び提供の態様によっては個人の権益や利益を侵害するおそれがあるためであり、法令等の規定に基づく場合を除き利用目的以外のために保有個人情報を利用し、又は提供してはならないとされている。

【対応及び対策】
学校で生徒住所録を作成する場合、多くは年度初めに生徒より収集する生徒カードの情報をもとにして作成するのではないだろうか。
それを職員に配布し利用するということについては、本人および保護者より同意を得ていれば問題ないと考えられる。
同意を得ていない場合は、条例第9条第1項に違反することになるように思える。
しかし、条例第7条第3項において「実施機関は、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない」と定められていることから、生徒カードの収集の目的を検討し、利用目的の変更が社会通念に照らして客観的に合理的と認められる場合は、同意を得なくとも作成、配付できると考えられる。

<この事例集の例で考えてみる>
「生徒個人カード」では、『生徒カードの収集目的は「学校と生徒・保護者間の連絡、各種書類の発送」「校内資料の作成及び生徒の教育上必要な資料の作成」などとなっている。そこに例えば「生徒の怪我等の緊急事態に対して、全職員が対応できるようにするため」という利用目的を追加することは条例第7条第3項の範囲内であると考えられ、個人情報保護条例には抵触しないと判断できる。』
これは、当初は全職員に情報を提供することを明示せずに生徒カードを収集してるが、生徒の怪我等の緊急事態に対し全職員が対応できるようにするため、利用の範囲を広げ職員に収集した情報を提供する、という例である。
このように、利用目的の変更が社会通念上合理的であると認められる行為に対しては、新たに同意を得る必要がない場合もある。
一方、学校職員以外の第3者つまり、PTA等に配布することについては、条例第7条第3項に抵触する可能性があるので、生徒カードの収集の際に事前に同意を得ていなければ、配付することについては疑問である。
しかし、学校によってはPTAの地区活動等において生徒名簿等の提供を求められる場合も多々あることであり、またPTAから依頼された場合学校側としても個人情報保護条例に抵触するからといって無碍に断ることも難しい現状もある。
これに対する対応は学校側の判断によることになるのだが、情報を提供するとした場合には事前に本人の同意を得る必要がある。
年度途中で上記のような事例が出てきた場合には、利用目的変更という形で同意を得なければならず、手続きが面倒なので、生徒カードを収集する際にあらかじめ同意を得ておくという方法を薦める。
文書は事例集の中の「生徒カード」を参考にしていただきたい。
使用目的の欄に「・・・という目的でPTAへ情報を提供する」旨を明示し、文面を工夫すれば良いだろう。
提供する情報については、必要最低限なものに限ることも重要である。
**********************************************

・・・収集される側の生徒が「同意しない」と言うことも当然想定内であろう。

PageTop

入学説明会資料

see⇒PTAへの加入については任意です
・・・官(行政/公立学校)の公開情報が清潔になってきたのは、民(住民/保護者)が縁のある学校の和風PTA(ぷ~た)について、
     【在るか無いか】
     【潔いか不潔か】
     【要るか要らないか】
の眼差しで見つめはじめたからかもしれない。
【在不在】【潔不潔】【要不要】で判断する3次元の眼差し。
「PTAがある(けど)不潔だ(から)要らない」を含めて27ほどの場合がある。
それぞfれに【どっちでもない】を加味すると場合分けは増す。

PageTop